虫歯予防に役立つ!キシリトールの効果的な食べ方と選び方

予防と知識

予防歯科


00

キシリトールという名前はよく聞くけど、実際どうすれば虫歯予防に効果的なのか、数多くある商品からどれを選べばいいのわからない方も多いのではないでしょうか。

キシリトールはむし歯の原因にならないだけでなく、むし歯の発生や進行を防ぐ効果があります。キシリトール配合の商品はガムやタブレット、飴など多くの種類がありますが、適当にガム噛んでいるだけではあまり意味がありません。

そこで今回は、虫歯予防に効果的なキシリトールの取り方や商品の選び方などをお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.キシリトールとは

キシリトールとは糖アルコールの一種です。

全ての糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同じ程度の甘味があるがカロリーは砂糖の75%ほどと言われています。

キシリトールは白樺などを加工して作られる天然の甘味料として知られています。野菜や果物にも含まれ、例えばイチゴには100gあたり362mgも含まれています。

2.キシリトールの効果

2-1.砂糖と違い、虫歯の原因にならない

キシリトールは砂糖と違い、虫歯の原因となる酸を産生する事ができないので虫歯をつくるきっかけをつくりません。

虫歯の原因であるミュータンス菌は、ショ糖を分解して「酸」を作り出します。その「酸」が原因で虫歯をつくるきっかけになるのですが、ミュータンス菌はキシリトールを分解しても「酸」を作り出す事が出来ないのです。

※この効果は1回キシリトールを摂取すれば期待できるというものではなく、継続してキシリトールを摂取することで効果が期待できます。

2-2.虫歯菌の性質を変える

むし歯の原因菌であるミュータンス菌はキシリトールを代謝することができないので、酸やプラークの元(不溶性グルカン)を作ることができません。

しかし、ミュータンス菌はキシリトールを取り込んで代謝しようとし続けるので、エネルギーを得ることができず、ミュータンス菌自体が弱ってくると考えられています。

2-3.プラーク(歯垢)の性質を変える

ミュータンス菌の活動が弱まることでプラーク量が減少します。そしてプラーク自体がサラサラになって歯の表面から汚れが剥がれやすくなります。

プラークが剥がれやすくなることで歯磨きもラクになり、歯磨きの効率もあがり、お口の中が清潔に保ちやすくなることが期待されます。

2-4.プラーク(歯垢)の中のpHをさげない

通常私たちのお口のなかは中性の状態でpH7.0近辺に保たれていますが、食事や間食を摂取するとpH5.5以下となり酸性に傾いてしまいます。歯の表面のエナメル質はpH5.5以下となると徐々に成分が溶けだし脱灰を起こします。これが虫歯の始まりです。

しかしキシリトールの場合、摂取してもpH5.5まで下がらないことが知られています。

※pHとは・・・水素イオン濃度指数のことで、0から14まで の数値で表されます。 酸性度やアルカリ性度を計る尺度のことをいいます。

レモンはpH 2.5、ビールはpH4.5。お肌は、pH 4.5~6くらいの弱酸性といわれています。

2-5.唾液の分泌を促進する

キシリトールの甘味により味覚が刺激され、唾液の分泌を促進する効果があります。

またキシリトールをガムで摂取した場合は咀嚼により刺激され、唾液の分泌促進作用が増すと考えられます。

キシリトールが唾液の量を増やすことはありませんが、ガムを噛むことで唾液がでたり、唾液の量が増える事はあります。その結果、唾液の作用である自浄作用(洗い流す作用)が多く働き、虫歯を予防が期待できると考えられています。

3.キシリトール商品の選び方のポイント

3-1.キシリトール50%以上のものを選ぶ

キシリトールの含有量が多いほど虫歯予防の効果が高いため、含有量が記載されている場合は50%以上含んでいるものを購入しましょう。キシリトール100%の製品は歯科医院にて購入することができます。

キシリトールの歯科専売品について、詳しくは「歯科専用のキシリトールガムは効果大/市販品との違いは?」をご覧ください。

もしキシリトールの含有量が記載されていない場合は、成分表を確認し炭水化物(糖質)とキシリトールのグラム数が近いものを選ぶとよいです。

3-2.キシリトール以外の成分を確認する

虫歯の原因となるショ糖を含まないこと、エナメル質を溶かすクエン酸を含まないこと。

香料に柑橘類が含まれている場合はクエン酸と同じくエナメル質を溶かす可能性があります。

4.おすすめのキシリトール商品

4-1.ガム

キシリトール製品で多くあるものがガムです。ガムを噛むことにより唾液の分泌促進効果があるためオススメします。

歯科専売  キシリトールガム

xylitol3

xylitol_rami-01

販売:株式会社オーラルケア(ロッテ)
商品:キシリトールガム
配合成分:キシリトール100%
特徴:+2成分(フノラン・リン酸カルシウム)を市販品より多く配合。矯正装置や義歯につきにくいガムベースを使用。

4-2.タブレット

ガムを噛むことが習慣としてない方や治療の途中でガムを噛めない方にはタブレット状の製品もあります。

歯科専売  キシリトールタブレット

xyタブレット

販売元:株式会社オーラルケア(ロッテ)
商品:キシリトールタブレット
配合成分:キシリトール100%

5.効果的な食べ方

5-1. 5分以上は唾液を飲み込まない

キシリトール成分が溶けだした唾液を,お口の中にできるだけ5分以上は溜めておくと効果が期待できます。

できるだけ、唾液を飲み込まないほうがよいとよいとされていますが、おいしく食べることも大切です。

5-2. 1日の摂取量は5~10gを継続して摂取する

キシリトールガムの場合は1度に2粒噛みましょう。1日3回以上摂取を3か月以上の長期に渡って使用するとさらに効果が期待できると研究結果がでています。

ただし幼児の場合はお腹がゆるくなりやすいため3~5g程度大人の半分ほどに抑えましょう。

6.注意点

6-1.お腹がゆるくなることもある

1日10g以上摂取するとお腹がゆるくなることがありますが、それはキシリトールには、吸湿性があり、水分を多く取り込むことが知られています。

その水分が腸で分解されたとき、普段より多く水分があるため、おなかがゆるくなると言われています。おなかがゆるくなる事は便秘の人は有効かもしれませんね。特に心配な方は、必要以上に摂取することを避けましょう。

6-2.過信しすぎない

キシリトールを摂取しつづける事により虫歯予防効果は期待できますが過信しすぎないようにしましょう。

毎日のセルフケアが最も虫歯予防になる事を忘れずにしっかりとしたケアを行い、また定期的に歯科を受診し検診を受けましょう。

歯磨きの方法について詳しくは、「歯科衛生士が教える歯磨き方法!時間/回数/タイミング」をご覧ください。

6-3.カロリーが高い

砂糖に比べカロリーは低いですが、砂糖の75%程度のカロリーがあり摂取しすぎには注意しましょう。

7.フッ素とキシリトールの違い

フッ素の効果は歯のエナメル質強化、再石灰化の促進、細菌(虫歯菌)の活動の抑制などです。

フッ素もキシリトールもどちらも虫歯予防効果が期待できます。一緒に使用しても問題はありません。

注意点としてはどちらも過信しないこと、フッ素もキシリトールも使用しているからと言って虫歯にならないとは限りません。しっかりとしたセルフケア、定期的な歯科検診も大切です。

8.糖尿病との関係

キシリトールは体内に吸収される際にインシュリンを必要としません。消化器官からの吸収率が高いため血糖値の上昇が緩やかなのも特徴です。

砂糖を摂取した場合に比べ半分ほどの上昇率です。ただし半分程度とはいえ血糖値を上昇させる作用はありますのでご注意ください。

9.妊娠中の摂取について

妊娠中にキシリトールガムを食べることは特に問題はありません。

出産直後の赤ちゃんの口腔内には虫歯菌はいません。出産後何らかの原因(母子感染など)で虫歯菌が感染します。

出産前からキシリトールを摂取しご家族の口腔内の虫歯菌を減らし赤ちゃんへの虫歯菌の感染リスクを下げることをオススメします。

※まずは、お母さんのお口の中に虫歯菌が多くいるのかを検査することをおすすめします。その結果をみて、歯科医院で相談をしましょう。

妊娠中の歯科検診については、「妊婦になったら歯科検診に行くべき!その理由と治療について」をご覧ください。

まとめ

虫歯は、虫歯菌の数が多い少ないにかかわらず、食生活が大きく関与しています。

キシリトールは虫歯の予防に期待はできますが、まずは、食生活の見直しや正しい歯磨き習慣を身につけることが大切です。

まずは、定期的に歯科を受診し歯科検診を受ける事をオススメします。

鎌田 瑞乃
Author: 鎌田 瑞乃(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!