歯科専用のキシリトールガムは効果大/市販品との違いは?

予防と知識

予防歯科


00

歯科専用のキシリトールガムとは市販の物となにがちがうの?と思う方も多いのではないでしょうか。

製品名やボトルの形も市販の物とほぼ同じものもありますが、実は成分や特徴などに違いがあります。

また、キシリトールが配合されていれば、どんな製品でもむし歯予防に効果があるわけではありません。

今回は市販されているキシリトールガムと歯科医院で販売されているキシリトールガムの違いについて解説しますので、商品を選ぶ際の参考にしてみてください。

1.キシリトールガムやタブレットの市販品と歯科医院専売品違い

市販品と歯科医院専売品の違いは、甘味料にキシリトール以外の糖質が使用されているかどうかです。

歯科専売品では甘味料にキシリトールを100%使用していますので、キシリトールの効果が十分に期待できます。

市販品ではキシリトールは配合されていますが、それ以外にも糖質が入っているため、キシリトールの効果を十分に期待することができないのです。

これが市販品と歯科専売品の大きな違いです。

2.歯科専用キシリトールガム

甘味料としてキシリトールを100%使用。(90粒入り)
マスカット・アップルミント・クリアミントの3味

キシリトールガム

販売:株式会社オーラルケア
商品:歯科専用キシリトールガム
価格:1381円(税込)

Amazon.co.jpでチェック

3.歯科専用キシリトールガムの特徴

3-1.甘味料としてキシリトール100%配合

キシリトール以外の甘味料は配合されていません。

3-2.歯の主成分を配合

歯の主成分であるリン酸カルシウムが配合されており、再石灰化を助けます。

3-3.歯にくっつきにくいガムベース

歯にくっつきにくいガムベースが使用されているので、矯正装置や仮歯、義歯の方にもんでいただけます。

3-4.噛む力を鍛えることができる

市販のものよりもガムベースが少し硬いので、噛む力を鍛えることができます。

4.むし歯予防に効果的なキシリトールガムの選び方

むし歯予防を得るためにはどんな製品が良いのか、購入する前にパッケージの成分表示の項目を確認しましょう。

4-1.キシリトールが製品に含まれている甘味料の50%以上を占めていること

糖質(炭水化物)中におけるキシリトールの割合が50%を超えていることを確認し、できるだけ高配合のものを選びましょう。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!