歯科医院で行う歯のホワイトニングの効果/方法/注意点

歯の治療

ホワイトニング


00

ホワイトニングをしたいけど、どんな方法でどれくらい白くなるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

歯科医院で行うホワイトニングは短期間で白くすることが出来ます。

アメリカで実用化されたホワイトニングの技術は約20年の歴史があり、日本でも様々な方法で利用されるようになりました。ホワイトニングの薬剤は輸入したものがほとんどですが、きれいな歯への関心度が高まった日本も需要が高まり、最近では日本製の薬剤や機械も開発されて利用されるようになってきました。

今回は歯科医院で行うホワイトニングについて解説します。ぜひ参考にしてください。

1.歯科医院で行うホワイトニングとは

歯科医院から提供できるホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と呼ばれる歯科医院内で行うもの、「ホームホワイトニング」と呼ばれる自宅で行う方法の2つがあります。

併用することをデュアルホワイトニングといい、最も歯を白くするのにおすすめといわれています。

濃度は違いますが、どちらも直接お口の中に薬剤を使いますので、歯科医院で専門家により適切な方法、効果、安全性などの説明を受けてから行う必要があります。

また、ホワイトニングは健康保険対象外の治療になりますので、費用・回数・期間などについても医院に確認をしたほうが良いでしょう。

1-1.オフィスホワイトニング

歯科医院で行う治療方法です。

濃度の高い薬剤を使います。個人差はありますが、1回の処置で効果が出やすい方法のため、時間のない方にお勧めです。

whitening14

1-2.ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングです。

オフィスホワイトニングより濃度の低い薬剤を使います。

歯科医院で作った専用のマウスピースの中に薬剤を入れて2時間〜4時間くらい使用します。

2週間くらい続けます。時間に余裕があり、歯科医院に通わずに自分のペースで歯を白くしたいという方にお勧めできます。

whitening06

ホームホワイトニングについて詳しくは「自宅で歯を白くする!ホームホワイトニングの始め方」をご覧ください。

2.歯科医院で行うホワイトニングの種類

2-1.オフィスホワイトニング

歯の表面にホワイトニング薬剤を塗り、各種光で熱を加えて反応させるものや時間をおいて化学反応を待ち歯を白くする方法です。

日本で扱われるホワイトニング薬剤は、現在数種あり、各種薬剤濃度や光の種類が違い、歯の状態により効果には差があります。

また、歯科医院により施術時間や費用にも差がありますので確認をしてください。

ハイライト

薬剤濃度 35%
光の種類 ハロゲンライト、LED
時間 1回20~30分
回数 数回行う方が効果あり(目安3〜5回)
注意点 高濃度の薬剤のためホワイトニングの前に粘膜をほを保護する処置時間が必要
料金 1歯に付き数千円〜
目安の効果 カラーガイド1〜2段階
備考 世界で最初のオフィスホワイトニング

1

レーザーホワイトニング

薬剤濃度 35%
光の種類 ダイオードレーザー
時間 1回1〜1時間30分
回数 数回行う方が効果あり
注意点 高濃度の薬剤のためホワイトニングの前に粘膜をほを保護する処置時間が必要
料金 1歯に付き1万円〜
目安の効果 カラーガイド3〜5段階
備考 過去に使われていたアルゴンレーザーは製造中止になりました

2

ブライトスマイル

薬剤濃度 15%、25%
光の種類 ガスプラズマライト
時間 1回1〜1時間30分
回数 数回行う方が効果あり
注意点 高濃度の薬剤のためホワイトニングの前に粘膜をほを保護する処置時間が必要
料金 1回(20歯前後)6万円〜
目安の効果 カラーガイド8〜段階
備考 NASAの科学者が開発

3

ズーム

薬剤濃度 25%
光の種類 LED
時間 1回1〜1時間30分
回数 数回行う方が効果あり
注意点 高濃度の薬剤のためホワイトニングの前に粘膜をほを保護する処置時間が必要
料金 1回(12歯前後)3万円〜
目安の効果 カラーガイド2〜3段階
備考 米国で開発

ビヨンド

薬剤濃度 35%
光の種類 ハロゲン
時間 1回30分〜
回数 数回行う方が効果あり
注意点 高濃度の薬剤のためホワイトニングの前に粘膜をほを保護する処置時間が必要
料金 1回(12歯前後)1万円〜3万円
目安の効果 カラーガイド2〜3段階
備考 中国で開発

5

ティオン・オフィス

薬剤濃度 20%
光の種類 コスモブルー(LED)
時間 1回50分〜
回数 数回行う方が効果あり
注意点 高濃度の薬剤のためホワイトニングの前に粘膜をほを保護する処置時間が必要
料金 1回(12歯前後)3万円〜5万円
目安の効果 カラーガイド3〜6段階
備考 日本企業が開発

ルクマール

薬剤濃度 35%
光の種類 青色LED
時間 1回1時間〜
回数 数回行う方が効果あり
注意点 高濃度の薬剤のためホワイトニングの前に粘膜をほを保護する処置時間が必要
料金 1回(12歯前後)3万円〜5万円
目安の効果 カラーガイド3〜6段階
備考 光の発熱が少ない

FAPホワイトニング

薬剤濃度 35%
光の種類 使用しない
時間 1回30分〜
回数 数回行う方が効果あり(目安5〜10回)
注意点 クリーニングと同日に行うと効果的。知覚過敏は起きにくく、飲食物の制限はない
料金 1歯1万円〜
目安の効果 カラーガイド1〜2段階
備考 日本の歯科医が開発。術後の飲食物の制限はない

 ポリリン酸ホワイトニング

薬剤濃度 分割ポリリン酸
光の種類 LED
時間 1回30分〜
回数 数回行う方が効果あり(目安3〜5回)
注意点 クリーニングと同日に行うと効果的知覚過敏は出ない
料金 1歯500円〜
目安の効果 カラーガイド1〜2段階
備考 術後の飲食物の制限はない

po

1-2.ウォーキングブリーチ

神経がなく天然の歯の面が残っている場合に行います。

神経の穴にホワイトニング剤を注入して蓋をし、そのまま過ごしてもらい、薬を取り換えながら歯の内側から色を変化させていく方法です。

以前はよく行われた処置ですが、現在はあまり行われていません。

3.ホワイトニングの施術の流れ

step1.歯の清掃:薬剤をつける歯の表面を専用機械で洗います

step2.処置中に薬剤や光が唇や舌を刺激しないように、専用の装置をお口につけて歯を乾燥させます。また、薬剤によっては歯茎に強い刺激があるため、専用の材料で歯茎を保護をします。

step3.メーカーの手順により歯の面を処理しながらホワイトニング薬剤をつけます。

step4.薬剤を作用させるための各種光源を当てたり、時間を置きます。

step5.薬剤を除去し、歯の表面を保護するクリームで磨きます。

4.自宅でのホワイトニングとの違いについて

オフィスで行うホワイトニングの利点は、濃度の高い薬剤を効果的に反応させることができるので、手間と時間を省けることです。

自宅で約2時間、2週間行う効果を1〜2回で済ませることができます。

5.ホワイトニングの効果を持続させる方法

5-1.デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングと併用することをデュアルホワイトニングといい、最も歯を白くするのにおすすめといわれています。

また、効果もそれだけ持続します。

5-2.歯を清潔に保つ

歯を清潔に保つことは大切です。

歯垢は黄色味が出ますし、光の反射を屈折させて綺麗な印象を損ないます。

5-3.色素の多い食べ物は避ける

色素の多い食べ物は控えた方がよいでしょう。(コーヒー、紅茶、赤ワイン、オレンジジュース、カレーなど)

特に、ホワイトニングを行った直後は色素もつきやすいので注意が必要です。

6.ホワイトニングの注意点

・虫歯がある場合には行いません。治療が先になります。

・痛みが出た場合には、すぐに中止し薬剤を洗浄除去します。痛みの理由が歯か歯茎かにより対応は違いますが、中断すれば時間とともに痛みは落ち着きます。

・抗生物質による歯の変色:グレー色が強い場合は薄くはなりますが、完全に白くすることは難しく、後戻りもしやすい傾向があります。

・無カタラーゼ症の方は使用できない場合があります。薬剤の多くには過酸化水素が使われていますので処置前に医院には必ず相談してください。

・歯が割れていたりヒビが入っている場合、歯の質が薄い方:知覚過敏が出やすいこと、効果が出にくいことがあります。

・天然の歯に行うものなので、治療した詰め物や冠の色を変えることはできません。

まとめ

綺麗な口元を好む方が増えて、現在はいろいろな方法がとられています。

ホワイトニング効果や治療後の反応は個人差もかなりあります。費用や時間も医院により異なりますので、事前によく説明を受けてから、安心安全に処置を受けてください。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!