白い歯になるための具体的な方法と気をつけるポイント

歯の治療

ホワイトニング


photo007

黄ばんでしまった歯を、本来の白い歯にしたいと思う方は多いのではないでしょうか。

歯の白さは人の印象を決める大きなポイントにもなりますし、毎日のセルフケアもしっかり行えば、お口の健康にもつながります。

そこで今回は、白い歯を手に入れるための方法と着色の原因を知って白さを保つ方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1. 自宅で歯を白くする方法

1-1. ホワイトニング歯磨き粉を使用する

市販されているホワイトニング歯磨き粉には、一般的に色素を分解する成分と歯の表面に付着したステインやタバコのヤニを磨いて落とす研磨剤の成分が配合されています。

ドラックストアで販売されいるものと、歯科医院で販売されているものがありますのが、医薬部外品に分類されるものは基本成分と薬用成分が含まれています。

悩んでいる方は、かかりつけの歯科医師に相談することをお勧めします。

1-1-1. 市販品

photo007_01
商品名:クリアクリーンホワイトニング アップルカモミール (薬用ハミガキ)
販売:花王
価格:365円

1-1-2. 歯科医院専売品

photo007_02
商品:スーパースマイル
価格:3024円
販売:米国Supersmile社

アメリカの審美学会の会長で歯科医が作ったホワイトニング専用の歯磨き粉【スーパースマイル】がオススメです。

ホワイトニング歯磨き粉について詳しくは「ホワイトニング歯磨き粉おすすめ4選と効果的な使い方をご覧ください。

1-2. 重曹を活用する

重曹でタバコのヤニや着色を落とし、黄ばんだ歯を白くすることが出来ます。

重曹は炭酸水素ナトリウムで食用のベーキングパウダーや炭酸水に含まれる成分です。

そのほか、石鹸やクレンザーとしても使用されていて、漂白効果があると言われています。※食用の商品をお選びください。

2. 歯科医院で行う方法

2-1. ホワイトニング

2-1-1.オフィスホワイトニング

1回の処置で効果が実感できるので、すぐに白くしたい方におすすめ。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!