痛みが続く場合は要注意!神経を抜いた歯が痛い原因と対処法

予防と知識

痛み


スコープ等で入り口を見つけることができても奥歯などではアプローチするのが難しく機械的に隅まできれいにすることは不可能です。

そのため、網目状に細い神経の断面に炎症が残り、治療消炎するまで痛みを感じます。

【対処法】

一般的には消炎、鎮静の薬品を使用し、神経感覚を弱らせて自然に痛みがなくなるのを待ちます。

3-2.歯の根の周りに起こる一時的な炎症

歯の中だけに神経があるわけではなく、根の周りには歯根膜や骨などがあります。

治療前に症状がなくても、神経を取ることで根の周りの組織に治療刺激による一時的な炎症が起こることにより、痛みを感じることがあります。

【対処法】

何度か根管治療を繰り返し行うことで消炎でき改善していきます。

3-3.細菌や神経が残っている

根管の形には個人差もあり、網目状、枝状に細かく分かれて湾曲した形などもあり、器具、薬品を使ってもすべての神経を取り除き、隅まできれいにすることは構造上、不可能です。

残っている神経、血管、細菌が自己免疫機能と戦い炎症が起こるため痛みを感じます。

【対処法】

何度か根管治療を繰り返し行うことで、消炎でき改善していきます。

3-4.咬み合わせ

神経を取ったばかりの歯は治療過程で炎症が起こるため、安静にすべきですが、歯は食事のたびに接触刺激があります。

そのため、咬み合わせが強いままになっていると、咬むたびに刺激が加わり、なかなか痛みがとれないことがあります。

【対処法】

過度に咬み合わせが強くならないように咬み合わせの調整をすることで徐々に痛みは改善します。

3-5.他の部位の不具合

神経を取った歯の周囲の炎症、隣りの歯咬み合う相手の対合歯などに虫歯などあった時には処置前に症状がなくても、神経を取った歯の炎症の波及により痛むことがあります。

【対処法】

他の部位の不都合による痛みの場合にはそちらも処置をしてもらうと良いでしょう。

4.治療が終わり何年も経って痛くなる原因と対処法(治療法)

神経の治療を終えた歯が、数ヶ月、数年も経ってから痛むことがあります。

4-1.感染が起きている

以前、神経を取った後の根管に神経の取り残しがあったり、薬の詰め方が不充分であったりすると、内部で少しずつ細菌が繁殖して膿をもった空洞ができます。

何年もかけ、症状もなく慢性的に痛みが出たときには膿が大きくなっていることが多いです。

【対処法】

この場合は再度根管治療をするか、膿が大きく嚢胞化している場合には抜歯をしないとならない事もあります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!