知っておくべき!歯の詰め物(インレー)の種類や特徴

予防と知識

虫歯


shutterstock_259755968_720
小さな虫歯を削った後の詰め物(インレー)の素材をどれにすればいいか迷う方も多いのではないでしょうか。

歯の詰め物の素材には金属で作られたものや、レジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、見た目以外にも強度や歯の寿命への影響などにも差があります。
また、費用も保険診療と自由診療になるもので異なります。

今回は、歯の詰め物(インレー)の種類とその特徴について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

1.歯の詰め物(インレー)とは

虫歯治療で行う詰め物のこと。

虫歯を含む歯を適した形に削り型取りをし、それに適合する形態の修復物を作製して、それをセメントで固着するもの。

基本的には小臼歯~大臼歯と呼ばれる咬合面を含むもので、前歯などではダイレクトボンディング(奥歯の臼歯と呼ばれる歯には咬む力が強くかかるため)が行われます。

一般的には強度のある金属が使われるが、セラミックセメントの材質向上により白いものでもできるようになりました。

ダイレクトボンディングについて詳しくは、「1日で前歯のすきっ歯や虫歯を治す!ダイレクトボンディング」をご覧ください。

2.歯の詰め物(インレー)の種類

詰め物の材質はさまざまな種類があり、保険診療、自費診療によって異なります。

2-1.保険の詰め物

2-1-1.銀の詰め物(メタルインレー)

保険診療による詰め物の大部分を占めているもので、12%の金含有の金銀パラジウム合金を使用したもの(銀50%以上含有、他パラジウム、亜鉛、銅などの合金)。

費用は公的保険適応3割負担で約1500円~3000円ぐらいです。

虫歯を含む歯を削り、形成、型取りをして、その後修復物をセメントで固着するため2回かかります。

費用は安価ですむ半面、口を開けた時に銀歯が見えてしまうなど審美的な問題、歯との硬さの違いにより、歯との間に隙間が生じ、2次カリエス(治療後の虫歯)の危険性、長期的にさびて金属イオンが溶出し金属アレルギーなどの原因になることがあります。

2-1-2.レジンインレー

合成樹脂の一種で白い詰め物。

磨り減りやすく、割れやすいため、近年では型取りをして修復物を固着するという間接的治療は行わず、適応に応じてダイレクトボンディング法で一回で修復することがあります。

費用は公的保険適応3割負担で1000~1500円で安価ですみますが、吸収性もあり、変色、劣化しやすい材質です。

2-1-3.アマルガム充填

水銀を50%含んだ銀色の詰め物で加工が容易で丈夫なため20世紀を中心に盛んに行われていた。

水銀の害が知られ、安全性のため2016年4月より公的保険治療から外れました。

2-2.自由診療の詰め物

2-2-1.金の詰め物(メタルインレー)

75%~84%金含有の金合金を使用したもの(銀、パラジウム、亜鉛、銅などの合金)

銀の詰め物と同様、虫歯を含む歯を削り、形成、型取りをして、その後修復物をセメントで固着するために2回かかります。

費用は約30000円~70000円ぐらいと高価ですが、銀の詰め物に比べ、歯の硬さに近く、歯との間に隙間が生じて2次カリエス(治療後の虫歯)になる危険性が少なく、長期的にさびて金属イオンが溶出する可能性が少なくすみます。

近年は金の高騰、セラミックの進歩、また口を開けた時に金歯がキラリと見えてしまうなど審美的な問題もあり、減少しつつあります。

2-2-2.セラミックインレー

金属を使わない均一のセラミックの詰め物。

メタルインレー同様、虫歯を含む歯を削り、形成、型取りをしてその後修復物をセメントで固着するため2回かかります。

費用は約40000~70000円ぐらいと高価ですが、白く透明感があり、審美的に磨り減りにくく変色しにくいですが、時により、割れやすいことがあります。

2-2-3.ハイブリッドセラミックインレー

金属を使わないセラミックとプラスチックの混合物の詰め物、咬む力などの応力が強くかからない小さな虫歯にはダイレクトボンディングといって一回で修復可能ですが、強度面から基本的にはメタルインレー同様、虫歯を含む歯を削り、形成、型取りをして、その後修復物をセメントで固着するため、2回かかります。

費用は約30000円~60000円ぐらいです。

セラミックインレーに比べるとやや安価ですが、セラミックに比べ、割れにくいですが、透明感が少なく、長期的にわずかに変色し、磨り減りやすいです。

3.歯の詰め物がとれたらなるべく早く歯科医院へ

冷たい物がしみる、咬むと痛むなどの症状がある場合はもちろん特に症状がない場合でも早めに歯科医院を訪れ、少なくとも仮の歯の詰め物をしてもらうなどの応急処置をしてもらって下さい。

放置したままにしておくと短・長期的に以下のリスクがありますので、なるべく早く歯科医院で診てもらって下さい。

歯の詰め物が取れた時の対処法については、「歯の詰め物が取れたらまずやる事と絶対にやってはいけない事」をご覧ください。

4.歯の詰め物がとれて放置すると・・・

・取れたことにより虫歯が進行し、痛みが増したり、痛みがない場合でも痛みが発現したりして、いずれ神経を取らないといけなくなってしまうリスクがあります。

・さらに放置すると痛みも感じなくなり、神経が壊死、感染してしまい、虫歯もさらに歯根へと進行し、抜歯のリスクがでてきます。

・歯と歯の接触(コンタクト)が失われることにより、食べ物がつまりやすくなり、歯肉炎を起こすことになります。それにより、出血しやすくなったり、口臭の原因になったり、歯ぐきがやせてしまうリスクが高くなります。

・歯と歯の接触(コンタクト)が失われることにより、歯と歯の間のすきまができるため、長期的に見ると歯並びが悪くなりリスクが高くなります。

・つめ物がとれてしまったことにより、残っている歯の尖った部分で舌、頬の粘膜などに傷が出来たり、口内炎が出来たり、長期的に見ると慢性潰瘍となり、最悪癌化することもあります。

5.歯の詰め物を長持ちさせるために

せっかく入れた詰め物をなるべく長く維持するためには以下のことを心がけるとよいでしょう。

5-1.定期的なメンテナンスを行い、清潔に保つ

詰め物と歯との境は2次カリエスになるリスクがありますので、日頃から歯ブラシ、フロスなどをしっかりとし、定期的にメンテナンスに歯科医院に訪れて下さい。

規則的な生活をし、ストレスをためないことも2次カリエス(治療後の虫歯)の予防になるといわれています。

5-2.歯ぎしり、くいしばりがある方はマウスピースを使用する

詰め物との境の歯質、セラミック、ハイブリッドインレーなどは強い力がかかると欠けたり、割れたりする可能性があります。

普段から歯ぎしり、くいしばりがある方は欠けたり割れたりするリスクを軽減するためにマウスピースを使用すると良いでしょう。

6.その他注意点

6-1.金属アレルギーの可能性

金属の詰め物の場合、金100%の純金の素材で出来た詰め物はありません。

金の含有量は違うにせよ、数種の金属の合金を使用するため、長期的には金属の有害ミネラルが溶出し金属アレルギーの可能性がでてきます。

アトピー、疲労感、うつ症状など心配な方は金属を使用しないセラミック、ハイブリッドインレーをおすすめします。

6-2.熱伝導性と一時的に過敏になる可能性

詰め物は形成された歯が過敏になっていることから、セット後一時的に冷たい物、熱い物がしみることがあります。

特に金属インレーは熱伝導性が良く、セットした後、冷たい物、熱い物に感じやすくなる可能性が高いです。通常であれば1週間ぐらいでもとに戻りますが、それ以上痛みが続く場合は神経がダメージを受けている可能性がありますので、歯科医院に相談してみて下さい。

6-3.歯科医、技工士の技術力の差がでる

虫歯を含む歯を削る際の形成、設計と作製する技工士の精密性、接着の精密性もインレーの寿命を左右します。

かかりつけの歯科医院を選択するのはとても難しいと思いますが、歯科医院、技工所の口コミ、評判などを参考にすると良いかもしれません。

まとめ

歯の詰め物にはさまざまは種類がありますので、歯科医と相談して、御自身に合った、個々の歯にあった詰め物を選び、長持ちさせることを心がけましょう。

Author: 小野澤 彰(歯科医師/歯科オノザワ院長)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!