歯が抜けた時にまずやるべき4つの対応と歯医者での治療

予防と知識

お口の治療


photo006

歯が抜けたらどうしたら良いのか、とても不安になると思います。
もちろん、歯医者さんでちゃんと治療をしていただくのが一番です。しかし、前歯など目立つところでは早く治療しないと生活に支障を来たしますが、奥歯など見えないところだと、しばらくそのままに放置してしまうことがあるかもしれません。歯が抜けたときの処置の仕方、並びにその治療方法などについてお伝えしますので、参考にしてください。

1. 歯が抜けた時、まず自分でやれる4つのこと

1-1. 止血する

自宅で歯が抜けた場合、出血していたらまずは止血です。ティッシュやガーゼを丸めて、抜けた箇所を圧迫して止血してください。

1-2. 清潔に保つ

軽くうがいをして、清潔な状態を保ちましょう。強くうがいをすると血がとまらなくなるため、軽いうがいにしてください。
また、抜けた箇所を歯ブラシや爪楊枝などで触らないでください。ばい菌が入り込むと炎症の原因になります。

1-3. 歯を保存する

抜けた歯が綺麗な形の状態であれば、保存しておきましょう。歯科医院に持参すると、抜けた原因がわかることもあります。また、大きな病気に関連していないかもチェックできることもありますので、できるだけ、抜けた歯は残しておきましょう
また、抜けた歯を乾燥させないようにしてください。生理食塩水か牛乳に浸すか、液体に濡れたガーゼで包んで保存してください。
外傷で抜けた歯は元に戻る可能性があります。歯周病で抜けた歯は元に戻りませんが、応急処置で使うこともあります。

1-4. 抜けた側での食事は避ける

歯が抜けたばかりの状態で、食事をすると、食べカスが穴の中に入り、炎症する場合があります。食事の際は、抜けた歯の反対側で食事をするようにしてください。

2. すぐに歯科医院に行きましょう

抜けたら、すぐに歯医者へ行きましょう。そのまま放置していると、他の歯にまで悪影響を及ぼすこともありますので、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。1本の歯から、肩こりや腰痛、顎痛に繋がることもあります。
そのとき、どういう状態で歯が抜けたのかお伝えください。事故などの外傷で抜けてしまったのか、以前からグラグラしていたのかお伝えください。
外傷の場合には、事故から30分が大事になります。早急な処置が明暗を分けます。まだグラグラした状態ならば、その歯を抜かずにそのままにして歯医者さんに行きましょう。出血している場合には、ガーゼなどを軽く噛んで止血に努めてください。かかりつけの歯医者さんならば、あなたのレントゲンや資料が揃っています。まずはすぐに連絡してください。

3. 歯科医院での応急処置

3-1. 縫合する

まずは、抜けた場所が炎症を起こしたり、感染していないか確認をし、消毒を行います。大きな穴が開いている場合は、麻酔をして穴を塞ぐために縫い合わせることもあります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!