これって病気?歯茎が白い場合に考えられる原因と対処法

予防と知識

その他


00

歯茎が全体的に白く腫れている、または白いできものが出来ているなどの症状が出て不安に思う方も多いのではないでしょうか。

痛みがある場合とない場合、部分的なのか、広範囲に広がっているのかなどで症状も原因も違います。
そのままにしておくと口臭の原因になったり、強い痛みが出ることもありますので、それぞれ原因に応じた対処が必要です。

今回は、歯茎が白くなる原因と対処法を症状ごとにまとめますので、せひ参考にしてください。

1.歯茎に白いできものが出来た場合考えられる原因

1-1.根の先に膿が溜まっているフィステル

・歯の根のあたりに白いできものができている
・何度かできてはなくなる症状を繰り返している
・できもの周りを押してみると、膿のような液体がでてくる
・押すと歯の周りが痛い

こんな症状の方は、歯の根の治療後に根の周りに細菌が繁殖して、膿の袋を作っているケースが考えられます。

膿の袋は出る場所がなく、歯茎に穴をあけて膿を出すので白いできもののような穴が空いています。これをフィステルといいます。
膿が出切ったら穴はふさがり、また膿がたまるとできものができる。
これを繰り返していると歯を残すことが難しくなってきます。

1-1.

【対処法】

投薬

膿の袋が小さい場合には、抗菌剤や抗生剤を服用することで治ることもあります。

まずは、歯科医院でレントゲンを撮影してもらい、根の周りの感染状態を確認してもらいます。
状態に応じて、薬の処方がされます。

フィステルについて、詳しくは「放置しても治らない!歯茎のできもの、フィステルの治療法」をご覧ください。

感染根管処置(根管治療)

歯の神経を取る処置をしている歯であれば、感染している歯の根の部分をもう一度消毒し直す治療を行います。
これを感染根管処置といいます。

消毒し直し、細菌を殺菌することができれば、白いできものもなくなり、歯を残すことが可能です。

歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)

細菌感染が広がり歯にも悪影響が及んできている場合は、膿の周りの歯の根の部分を切除します。

消毒するだけでなく、感染してしまっている歯の根の端を切除して、歯を保存する方法です。

1-2.口内炎

歯ブラシを強く当ててしまったり、硬い食べ物を食べて歯茎を傷付けた時にでる症状です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!