歯のセラミックの料金を解説!素材や治療範囲で異なる相場

歯の治療

セラミック


00

詰め物や被せ物でセラミックにしたらいくらかかるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。セラミック治療にはいくつかの種類があり、治療する範囲や保険適応となるか自費(保険が適応しないもの)によっても相場には開きがあります。また、自費治療となると料金は歯科医院によって異なりますが、ここでは治療範囲別に各種セラミックの相場を紹介しますので参考にしてみてください。

1. かぶせ物や差し歯(クラウン)の場合

虫歯の大きさによって詰めるものも変わってきます。大きな虫歯になると、人口の歯を被せるクラウンというものを入れます。また、歯の根っこに差し込むようにして人工の歯を入れる治療法、いわゆる差し歯と言われるものもあります。差し歯は、歯の軸となるものと人口の歯が一体となったもので、取れてしまう事が多かったり、歯に対する負担も大きく根っこが割れてしまったりする事があるので、最近はあまり主流ではありません。

クラウンの種類

メタル ハイブリット メタルボンド オールセラミック ジルコニア
保険適応 ○(小臼歯のみ適応)
その他/☓
審美性
耐久性
金属アレルギー
料金 3000〜5000円
(3割負担)
保険適応9000円(3割負担)
保険外4万〜12万
約8〜15万円 約8〜15万円 約10〜20万円

※金属アレルギーには個人差があります。

1-1. ハイブリッド CAD/CAM冠 | 料金:約9000円 (3割負担の場合)

ハイブリッドCAD/CAM冠とは、従来のハイブリットセラミックレジンに比べ、高度に重合されたハイブリットセラミックレジン(プラスチック)のブロックをCAD/CAMというコンピューター制御により歯の修復物を設計・製作するシステムで削り出して作るクラウンです。2014年4月より、第1小臼歯(前から4番目の歯)、第2小臼歯(前から5番目の歯)のみ保険適用となりました。
ただし、CAD/CAMNの機械を置いている歯科医院でないとできません。そして高額な為、置いている歯科医院はあまり多くはありません。気になる場合は直接歯科医院に問い合わせてみましょう。

ハイブリッド CAD/CAM冠のメリット

  • 金属を使用しないので、金属アレルギーや、歯茎の黒ずみの心配がない
  • 硬すぎないので、かみ合う歯を傷めにくい
  • 安価で白い材料が入れられる

ハイブリッド CAD/CAM冠のデメリット

  • 取り扱っている歯科医院が少ない
  • 取り扱いに慣れていない医院が多い
  • 単色のみなので、色調はあまり良くない
  • オールセラミック(陶器)ではく、レジン(プラスチック)なので、長期間の使用で徐々に変色や黒ずみを起こす
  • すり減りやすく割れやすいので、かみ合わせによっては使えない
  • 認可を受けた特定の材料しか使えない

1-2. ハイブリッド セラミッククラウン | 料金:4~12万円

ハイブリッドセラミックとは、レジン(プラスチック)にセラミックを混ぜ合わせた材料です。セラミックを含んでいるので保険適応のレジンよりも変色しにくく、耐久性も高くなっています。ハイブリッドセラミッククラウンは金属を使うタイプのものと、金属を使用しないタイプの2種類があります。
強度はオールセラミックよりはやや劣りますが、内面に金属フレームを使用することで、強度を増しクラウンやブリッジにも用いることが出来ます。ただし、内面に金属を使用すると金属アレルギーや、歯の根元に金属が透けて、歯肉が黒くなる事があります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!