歯のステイン(着色汚れ)を効果的に除去する方法と予防法

予防と知識

予防歯科


歯が黄ばんでしまう原因となる着色汚れ(ステイン)を、手軽にキレイにしたいという方も多いのではないでしょうか。

しっかり歯みがきをしていても、ステインは日々の飲食でどうしても少しずつ歯に付着して、黄ばんだりくすんだりしていきます。

ステインを除去する方法はいくつかありますが、効果的に除去する1番の方法は歯科医院でクリーニングをしてもらうことです。また毎日のケアで予防することも必要です。
そこで今回は、ステインを除去する方法と予防法について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

1.ステインとは

歯の着色汚れ(ステイン)とは、毎日歯磨きをしていても着いてしまう歯のくすみや黄ばみのことで、コーヒー、茶、赤ワインなどに含まれる色素やタバコのヤニなどが歯の表面についたものです。

これらの汚れは日々のお手入れであるホームケアで、ある程度の除去ができますが、しっかり除去するためには歯科医院でのクリーニングが必要です。

また、歯科医院では、汚れの除去だけではなく歯自体の色を白くするホワイトニングもできます。ホワイトニングは歯科医院で行うだけでなく、専用のマウスピースを用いて自宅でできるタイプのものもあります。

1-1.ステインが作られるメカニズム

歯の表面には唾液が作り出す「ペリクル」という薄い膜があります。

このペリクルに着色成分が付着することでステインになります。

この膜は虫歯菌の出す酸から歯を守る働きをしており、歯磨きをすると一時的には歯から剥がされますが数分後には形成されるものです。

しかし歯磨きをサボったり、繰り返し沈着しやすい食べ物を摂ると歯磨きでは取り除くことが出来なくなってしいます。

1-2.ステインの原因となるもの

・コーヒー、紅茶、緑茶、ワインや柿などに含まれる「タンニン」
・ぶどうやブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」
・タバコに含まれる「タール(ヤニ)」

他にも「ビタミンB群」や大豆に多く含まれる「イソフラボン」、玉ねぎ・ニンニクなどに含まれる「イオウ成分」、チョコレートなどにも含まれる「ポリフェノール」も原因になりやすい物質なので注意が必要です。

以下に一例をあげますが、日々食事で摂取しているものが殆どです。

【ステインが付着しやすい食べ物】

フルーツ(いちご バナナ ブルーベリー ぶどう プルーン かき など)
緑黄色野菜
ねぎ
大豆類
チョコレート

など

【ステインが付着しやすい飲み物】

コーヒー
紅茶
緑茶
ウーロン茶
コーラ
ココア
ワイン

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!