歯のステイン(着色汚れ)を効果的に除去する方法と予防法

予防と知識

予防歯科


歯が黄ばんでしまう原因となる着色汚れ(ステイン)を、手軽にキレイにしたいという方も多いのではないでしょうか。

しっかり歯みがきをしていても、ステインは日々の飲食でどうしても少しずつ歯に付着して、黄ばんだりくすんだりしていきます。

ステインを除去する方法はいくつかありますが、効果的に除去する1番の方法は歯科医院でクリーニングをしてもらうことです。また毎日のケアで予防することも必要です。
そこで今回は、ステインを除去する方法と予防法について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

1.ステインとは

歯の着色汚れ(ステイン)とは、毎日歯磨きをしていても着いてしまう歯のくすみや黄ばみのことで、コーヒー、茶、赤ワインなどに含まれる色素やタバコのヤニなどが歯の表面についたものです。

これらの汚れは日々のお手入れであるホームケアで、ある程度の除去ができますが、しっかり除去するためには歯科医院でのクリーニングが必要です。

また、歯科医院では、汚れの除去だけではなく歯自体の色を白くするホワイトニングもできます。ホワイトニングは歯科医院で行うだけでなく、専用のマウスピースを用いて自宅でできるタイプのものもあります。

1-1.ステインが作られるメカニズム

歯の表面には唾液が作り出す「ペリクル」という薄い膜があります。

このペリクルに着色成分が付着することでステインになります。

この膜は虫歯菌の出す酸から歯を守る働きをしており、歯磨きをすると一時的には歯から剥がされますが数分後には形成されるものです。

しかし歯磨きをサボったり、繰り返し沈着しやすい食べ物を摂ると歯磨きでは取り除くことが出来なくなってしいます。

1-2.ステインの原因となるもの

・コーヒー、紅茶、緑茶、ワインや柿などに含まれる「タンニン」
・ぶどうやブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」
・タバコに含まれる「タール(ヤニ)」

他にも「ビタミンB群」や大豆に多く含まれる「イソフラボン」、玉ねぎ・ニンニクなどに含まれる「イオウ成分」、チョコレートなどにも含まれる「ポリフェノール」も原因になりやすい物質なので注意が必要です。

以下に一例をあげますが、日々食事で摂取しているものが殆どです。

【ステインが付着しやすい食べ物】

フルーツ(いちご バナナ ブルーベリー ぶどう プルーン かき など)
緑黄色野菜
ねぎ
大豆類
チョコレート

など

【ステインが付着しやすい飲み物】

コーヒー
紅茶
緑茶
ウーロン茶
コーラ
ココア
ワイン

など

【タバコ】

タバコに含まれる「タール(ヤニ)」がステインの原因になります。

ザラザラとしているため、一度付着すると、ステインがつきやすくなることもあります。タバコによるステインは除去にも時間がかかってしまうほど強固に付着します。

2.歯科医院でステインを除去する方法

歯科医院では、歯の表面についたステインを歯科医師・歯科衛生士が専用の機械を使って着色を取り除く「クリーニング(PMTC)」、薬剤を使って歯自体を白くする「ホワイトニング」、歯に希望の色を塗布して歯を白くする「歯のマニキュア」があります。(全ての医院で実施しているわけではありません)

2-1.クリーニング(PMTC)

クリーニング(PMTC)は器械を用いた清掃です。

これには、健康保険が適応されるものと、されないもの(自由診療)があります。

2-1-1.保険適応

歯周病治療を目的とするクリーニング(PMTC)では、「歯周病」という病気を「治す」という目的から保険診療が適応されます。

クリーニング(PMTC)の前に歯周組織の検査、歯石除去、歯磨き指導なども一緒に行いますので、お口の状態に合わせて、数回にわけて行うことが多いです。

2、3回の通院(1回30分から1時間の予約時間)で、費用は、毎回2,500円から3,000円程度(3割負担の方で)になります。

2-1-2.自由診療

「着色除去」を目的としたクリーニング(PMTC)は原則的には病気ではないので自由診療(保険適応外)になります。

歯周組織の検査、歯石除去、歯磨き指導に加え、予防プラグラムの立案、予防プランの提案などを行い、個人の虫歯のリスクや歯周病のリスクに合わせた、器械や器材を用い、適正な薬用成分が配合されたクリーニングペーストを使用しクリーニング(PMTC)を行います。

1回の時間は60分から90分としっかり時間をとり、1回で終えることができます。
費用は、10,000円から20,000円と医院によっても、異なります。

PMTCについて、詳しくは「歯の専門家が行うクリーニング!PMTCの5つのメリット」をご覧ください。

2-2.確実に白くしたい方はホワイトニング

ホワイトニングは専用の薬剤を使い歯を漂白することです。

ホワイニングには歯科医院行う「オフィスホワイトニング」、歯科医院で専用のマウスピースを作り自宅で行う「ホームホワイトニング」、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングと組み合わせた「デュアルホワイトニング(コンビホワイトニング)」があります。

現在の保険制度ではホワイトニングは審美目的のため保険は適用されず、自由診療となります。

料金はそれぞれの歯科医院が独自決定しているため同じシステムでも異なった料金になることがあります。

2-2-1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院において歯科医師もしくは歯科衛生士が行うホワイトニングのことです。

一般的に3.5~35%の過酸化水素水を主成分とする薬剤を使用し、光照射を併用して短時間でホワイトニング効果が得られる方法です。

1回の時間は30分から60分です。1回の施術でも効果は期待できますが2~3回行うことで白さを実感できます。
費用は、5,000円から50,000円くらいと医院によっても、異なります。

オフィスホワイトニングについて、詳しくは「歯を白くするなら短期間でできるオフィスホワイトニング」をご覧ください。

2-2-2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは歯科医院で型取りをしてもらい、そこから作成した専用のマウスピースを用いて自宅で1日2時間を2週間、患者自身がホワイトニング剤をマウスピースに入れ歯に装着し歯を白くする方法です。

オフィスホワイトニングと比較して過酸化水素の濃度が低いため(10%過酸化尿素)、安定した漂白効果と自然感のある白さを得ることができます。

費用は、使用薬剤の本数にもよりますが、10,000円から50,000円くらいと医院によっても、異なります。

ホームホワイトニングについて、詳しくは「自宅で歯を白くする!ホームホワイトニングの始め方」をご覧ください。

2-2-3.デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせてホワイトニングする方法です。

ホワイトニング効果は高く、白さを得られますが、2つのホワイトニングを行うので費用は最も高くなります。

ホワイトニングは1度行うだけでも白さを実感できます。しかしながら、効果は永遠に続くものではありません。ステインの再付着による後戻りによりが起こりますので最適なタイミングで行うことで、常に真っ白な歯をキープできます。

デュアルホワイトニングについて、詳しくは「短期間で白く!長持ちするデュアルホワイトニングのまとめ」をご覧ください。

2-3.歯のマニキュア

歯の表面に希望の色のマニキュアを塗ることで、歯を削らずに短時間で確実に色を改善できる方法です。
結婚式や面接など一時的に歯を白くしたいときに有効な方法です。

費用は、1本あたり2000円から3000円が相場です。

3.自宅で除去する方法

歯科医院でのクリーニング(PMTC)に勝るものはありませんが、自宅で行う毎日の歯磨きでもある程度のステインの除去や予防は可能です。

3-1.市販のステインクリーナー

ステインクリーナーの使い方はタイプによって変わりますが、やりすぎは歯を傷つけてしまい返って着色の原因になる可能性があります。

ゴム系

リーチホワイトニング とってもコンパクト やわらかめ

ヘッドの中に搭載された特殊ラバー素材のステインクリーナーが、歯を磨く度に自然にステインを取り除きます。


リーチ ホワイトニング
販売:ジョンソン&ジョンソン
商品:リーチ ホワイトニング とってもコンパクト やわらかめ
価格:296円

Amazon.co.jpでチェック

Sylotee & Bee Polish (シロティ&ビーポリッシュ)

歯を乾かしてから使うシリコン素材の歯の消しゴムとフッ化物配合の研磨剤です。


販売:ビーブランド・メディコーデンタル
商品:BeeBrand シロティ&ビーポリシュセット
価格:771円

Amazon.co.jpでチェック

スポンジ系

ステインクリーナー キュキュ

水に濡らし、1週間に一度使用します。

ステインクリーナー キュキュ
販売:日本歯科工業社
商品:日本歯科工業社キュキュ ホームケア用 3個入ステインクリーナー
価格:634円

Amazon.co.jpでチェック

3-2.電動歯ブラシ

様々な種類の電動歯ブラシが販売されていますが、ステインを落とすことに特化して開発されたものをご紹介します。

電動歯ブラシについては「本気で選ぶ!おすすめ電動歯ブラシとお口の状態別の選び方」をご覧ください。

音波式振動ハブラシ ドルツ EW-DE45 -P(ピンク)

高密度にひし形の毛が植毛された「ステインオフブラシ」が、歯に密着して着色汚れ(ステイン)を取り除きます。


販売:パナソニック
商品:音波振動ハブラシ ドルツ EW-DE45 -P(ピンク)
価格:¥ 16,500

Amazon.co.jpでチェック

ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック 7000

ホワイトニングモードとホワイトニングブラシでワントーンアップ


販売:Braun (ブラウン)
商品:ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック 7000
価格:¥ 15,437

Amazon.co.jpでチェック

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション

ホワイトモードは歯の表面に付着したステイン(着色汚れ)を強力に除去。ダイヤモンドクリーンブラシヘッドとの組み合わせで約 1 週間で歯に自然な白さに近づけます。

販売:PHILIPS (フィリップス)
商品:ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディション HX9314/08
価格:¥ 24,661

Amazon.co.jpでチェッ

3-3.ホワイトニング歯磨き粉

自宅で手軽に、また、ホワイトニング後の状態をキープするためにホワイトニング成分入りの歯磨き粉です。
※電動歯ブラシには専用の歯磨き粉を使用してください。

Tooth lab Whitening トゥースラボホワイトニング

汚れを浮かせて取る話題の成分「ポリリン酸ナトリウム」を配合した歯科用ホワイトニング歯みがきジェル。


販売:Ci
商品:Tooth lab Whitening-トゥースラボホワイトニング
価格:¥ 1,200
紅茶、緑茶、コーヒー、ワイン、タバコ等による歯の汚れ(ステイン)をポリリン酸で浮かして効率的に落とします。ホワイトニング効果だけでなく、歯周炎・歯石沈着・口臭予防の効果があります。

Amazon.co.jpでチェック

シュミテクト TRUE white


販売:シュミテクト
商品:シュミテクト TRUE white
価格:¥690
歯を白くする成分だけでなく、知覚過敏の予防、虫歯予防のためのフッ素配合の歯磨き粉。

Amazon.co.jpでチェック

その他にもオススメのホワイトニング歯磨き粉について、詳しくは「ホワイトニング歯磨き粉おすすめ4選と効果的な使い方」をご覧ください。

4.ステインを付きにくくする予防

日々の食事や生活習慣でステインはついてしまいがちなもの。ステインをつきにくくする予防法を紹介します。

4-1.飲食物に気を付ける

ステインが付きやすい食べ物・飲み物は普段の食事に組み込まれているものが多く、それらを控えるだけでもステインが付きにくくなります。

4-2.食後は口をゆすぐ

食後に食後にうがいをする、水を飲むという習慣をつけましょう。水が汚れを洗い流してくれるので、ステインが付着しにくくなります。

4-3.ガムをかむ

口が渇いてしまうと、汚れがつきやすくなります。ガムを噛むと、唾液が分泌されてドライマウスを予防でき、ステインが付着しにくくなります。

4-4.禁煙をする

タバコ由来の決定的なステインの予防法は禁煙です。

4-5.歯を磨く

毎日の歯磨きを怠ると、汚れがどんどん歯に付着してしまいます。白さを確認する為にも、鏡の前で毎日しっかり磨きましょう。

4-6.定期的に歯科医院でのクリーニングを受ける

ホームケアには限界があります。またホワイトニングの効果を維持するためにも定期的に歯科医院を受診し、クリーニングを受けましょう。

まとめ

歯の着色汚れ(ステイン)は自宅でのケアや歯科医院でのクリーニング・ホワイトニングでも落ちない(変化がない)場合があります。虫歯や遺伝性疾患、化学物質や薬剤などによる変色の可能性もありますので、自己判断せず歯科医院を受診し相談してください。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!