いびきはサイン!睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療

予防と知識

その他


shutterstock_212476279

睡眠時無呼吸症候群の治療にマウスピースが効果的と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

症状、重症度、体型等により治療も異なりますが「毎日いびきがうるさい」「呼吸が止まることがある」と指摘されたことがある方は、まずは早めに睡眠時無呼吸症候群の検査を受け、診断を受けることをおすすめします。

そのままにしてしまうと、交通事故や生活習慣病など様々なトラブルを引き起こしたり、
QOL(生活の質)の低下、経済的損失につながることもあり、早期発見、早期治療がとても大切な病気です。

今回は、眠時無呼吸症候群に有効なマウスピース治療について解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは

 1-1.定義

睡眠時無呼吸症候群は「一回10秒以上の呼吸停止(無呼吸)や呼吸量低下(低呼吸=50%以上の換気低下)が一晩に30回以上、あるいは睡眠一時間に平均5回以上起こる」ことで診断されます。

睡眠時無呼吸症候群は「Sleep Apnea Syndrome」の頭文字から「SAS」と略されます。

いわゆる、睡眠中に呼吸が止まる無呼吸、止まりかける低呼吸を繰り返す病気です。

2003年の山陽新幹線で発生した列車緊急停止事故でSASが有名になりました。

1-2.大きないびきがサイン

日常的に大きないびきをかいている、と指摘されたことのある人は注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に喉の空気の通り道である気道が何らかの理由でふさがり、大きないびきをかいたり呼吸が一時的に止まる状態を繰り返す病気です。

いびきをかく人は中高年男性の4人に一人はいると推定されます。その中で睡眠時無呼吸症候群の人が500万人といわれているのに、多くの人が医療機関を受診していないのげ現状です。

その理由は、睡眠中の症状なので本人が気がつかないからです。痛くもかゆくもなく、自覚症状もほとんどありません。

同居する家族などの指摘により、ひどい「いびき」をかいていることを知らされ、受診をすすめられるケースがほとんどです。

1-3.睡眠時無呼吸症候群が及ぼす影響

1

SASが様々な病気に影響を及ぼすと考えられています。

心不全や不整脈、高血圧からメタボリック症候群や慢性腎臓病、動脈硬化などの疾病はもとより、交通事故の原因となることもあります。

SASの人は無呼吸がない人と比較し発症率はそれぞれ、

心筋梗塞:6.9倍
心臓突然死:2.6倍
脳卒中:3.3倍

にのぼるという調査結果も報告されています。

2.睡眠時無呼吸症候群と診断されるまでのプロセス

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、診察は呼吸器科耳鼻科その他の専門医療機関を受けることができます。

2-1.問診

外来を受診した場合、まず問診を行います。問診時の代表的なものにESS(Epwouth Sleepiness Scale) 眠気度テストがあります。

ESS(Epwouth Sleepiness Scale) 眠気度テスト

ESS

得点の合計が9点以下であれば、眠気は軽度です。
10点~14点病的な眠気、15点以上になると重度の眠気で、睡眠時無呼吸症候群の場合は重症である可能性があります。

問診の結果、SASが疑われたら、睡眠中の呼吸の状態を検査します。

2-2.検査

検査の方法はいくつかありますが、その主なものは自宅でできるものと専門医療機関にて検査する方法があります。

2-2-1.自宅で出来る【簡易型ポリソムノグラフィ】

呼吸器科や耳鼻科、その他の専門医療機関を受診し、機械を自宅へ持ち帰り検査する機械です。

これを一晩もしくは二晩検査をしてもらい、機械を病院にもっていきます。

2-2-2.医療機関で行う【終夜睡眠ポリソムノグラフィ】

専門医療機関に入院して、「睡眠状態」と「呼吸状態」の二つを詳しく調べます。

2-3.治療

検査の結果、SASと判定されたら、代表的な対症療法の「CPAP治療」・「マウスピース」のどちらかを選択します。

2-3-1.CPAP(シーパップ)治療

鼻にマスクをつけ、小型の機械から空気を送り込む装置です。一定の圧力をかけた空気を送り込むことにより、気道を広げます。

睡眠中一時間あたりの低呼吸、無呼吸の平均回数(AHI)が20回以上だと保険適応となります。(専門医療機関にて貸し出し、毎月の外来診療が義務)

2-3-2.マウスピース治療

歯科医院へ行って、下あごの位置を固定するマウスピースを作ってもらい、睡眠時にこれを装着します。

マウスピースを作って睡眠時に装着するだけなので、簡単で費用も安くなります。

3.睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療とは

3-1.日本人は骨格上「無呼吸体質」!?

睡眠時無呼吸症候群は肥満の方がなりやすい印象をお持ちかもしれませんが、実は日本人は痩せていてもSASになりやすいといわれています。

SASの無呼吸や低呼吸の大半は空気の通り道である気道が狭くなったり、完全に塞がったりして起こります。

気道の内腔は直径1.5㎝ほどしかないので、仰向けだと重力で喉の筋肉や舌が垂れ下がり、気道が完全に閉塞するきっかけとなります。

肥満になると気道にも脂肪が溜まって内腔が狭くなり、SASのリスクがアップします。しかし、痩せていてもリスクはあります。

3-2. SASはマウスピース治療で改善できる

マウスピース治療は下顎を前方に出して気道を広げ、その位置を固定する装置です。

痩せ型で小顎の方や軽症~中症の方には効果があります。重症の方も使用できます。また、旅行など持ち運びに便利です。

不快感や身体への負担が少なく、CPAPをうまく使えない人にも最適です。

3

3-3.どこで作れるのか

①専門医療機関からの紹介の連携歯科医院

②日本睡眠歯科学会に所属する歯科医師、もしくは専門医、経験を積んだ歯科医師

睡眠歯科医・医療機関はこちらからお調べいただけます【日本睡眠歯科学会

4.マウスピースの製作費用

4-1.保険適用ありの固定型タイプ

保険適応のマウスピースは固定型タイプで上下一体型で費用は2万円弱です。

ただし、医師により睡眠時無呼吸症候群の診断及び紹介が必要です。

6

4-2.保険が適用されない上下分離型

医師の診断や紹介がなくても歯科医院でマウスピースを作成できます。

上下分離型でソムノデントといい、保険が適用されず費用は13万~18万円です。

006

4-3.固定タイプと分離型タイプの長所・短所

固定型タイプ(上下一体型)

【長所】
保険適応されているため作製費用が安価です。

【短所】
・下顎の位置を前後・左右など細かく微調整が出来ません。
・あごが固定して動かす事が出来ない為、使用時に不快感やあご関節を痛める場合があります。
・唾液が多量に出てうまく飲み込めない為、唾液が口から溢れてしまう事があります。

分離型タイプ(ソムノデント)

【長所】
・下顎を前方や側方に動かせるため長時間使用しても顎関節に負担が少ないです。
・装置を装着した状態で“せき”や“くしゃみ”ができ、水も飲めます。
・下顎の位置を前後に調整が可能なため長期使用しても適切な状況で使用出来ます。
・装置の内部にソフトな素材を採用しているためフィット感が良く脱着も簡便です。
・耐久性に優れており装置の保証が30ヶ月付いています。
・固定型の問題点を概ね解決し快適性に優れ、世界的に最も多く使用されています。

【短所】
保険適応外なので費用が高額になります。

5.マウスピース作製の流れ

5-1.歯の状態をチェックをします

口の中でマウスピースの維持ができるか、歯や歯肉状態を確認し、正確な型や歯の安定を図ることができるかを診断します。

虫歯がある場合や歯石がある場合は先に取り除いたりといった歯の治療が必要になります。

歯型をとって治療に最適な顎の位置を設定して、それに基づいてマウスピースを作製していきます。

5-2.問題がなければ、受診2回目でマウスピース完成

装着の方法など、使い方の指導を受けて実際に使用していただきます。

5-3.使用状況をチェック

使いはじめて2~3週間後に歯科を受診し、違和感などなく朝までつけていられたかなど確認します。

いびき、無呼吸などの改善が見られたかどうかもチェックします。

5-4.調整

マウスピース装着した状態でSASの検査を受けて、治療効果を確認、検査結果によっては調整を行います。

5-5.定期健診

マウスピース使用した場合は、数か月おきに歯のチェックをしてもらう必要があります。

装着時の違和感がないかやマウスピースの劣化・効果などを確認します。

まとめ

人生の1/3は睡眠時間といえます。睡眠時無呼吸症候群の治療には質のいい睡眠が大切です。

減量、減酒、禁煙、習慣的な運動など、スムーズな入眠のためには生活改善が必要です。

質のいい睡眠を取ることは、疾病の予防にもなり、医療費削減、アンチエイジングにもつながります。

健康のすべては、快眠から始まるといえます!!

Author: 小野澤 彰(歯科医師/歯科オノザワ院長)

参考文献:『快眠力─健康のすべては、快眠から始まる!』著者/成井浩司 出版社/ワック 2014年

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!