いびきはサイン!睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療

予防と知識

その他


shutterstock_212476279

睡眠時無呼吸症候群の治療にマウスピースが効果的と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

症状、重症度、体型等により治療も異なりますが「毎日いびきがうるさい」「呼吸が止まることがある」と指摘されたことがある方は、まずは早めに睡眠時無呼吸症候群の検査を受け、診断を受けることをおすすめします。

そのままにしてしまうと、交通事故や生活習慣病など様々なトラブルを引き起こしたり、
QOL(生活の質)の低下、経済的損失につながることもあり、早期発見、早期治療がとても大切な病気です。

今回は、眠時無呼吸症候群に有効なマウスピース治療について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは

 1-1.定義

睡眠時無呼吸症候群は「一回10秒以上の呼吸停止(無呼吸)や呼吸量低下(低呼吸=50%以上の換気低下)が一晩に30回以上、あるいは睡眠一時間に平均5回以上起こる」ことで診断されます。

睡眠時無呼吸症候群は「Sleep Apnea Syndrome」の頭文字から「SAS」と略されます。

いわゆる、睡眠中に呼吸が止まる無呼吸、止まりかける低呼吸を繰り返す病気です。

2003年の山陽新幹線で発生した列車緊急停止事故でSASが有名になりました。

1-2.大きないびきがサイン

日常的に大きないびきをかいている、と指摘されたことのある人は注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に喉の空気の通り道である気道が何らかの理由でふさがり、大きないびきをかいたり呼吸が一時的に止まる状態を繰り返す病気です。

いびきをかく人は中高年男性の4人に一人はいると推定されます。その中で睡眠時無呼吸症候群の人が500万人といわれているのに、多くの人が医療機関を受診していないのげ現状です。

その理由は、睡眠中の症状なので本人が気がつかないからです。痛くもかゆくもなく、自覚症状もほとんどありません。

同居する家族などの指摘により、ひどい「いびき」をかいていることを知らされ、受診をすすめられるケースがほとんどです。

1-3.睡眠時無呼吸症候群が及ぼす影響

1

SASが様々な病気に影響を及ぼすと考えられています。

心不全や不整脈、高血圧からメタボリック症候群や慢性腎臓病、動脈硬化などの疾病はもとより、交通事故の原因となることもあります。

SASの人は無呼吸がない人と比較し発症率はそれぞれ、

心筋梗塞:6.9倍
心臓突然死:2.6倍
脳卒中:3.3倍

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!