気になる銀歯を白くする!保険診療と自費診療の違い

歯の治療

セラミック


0

口を開けた時に目立つ銀歯を白い歯にしたいと思う方は多いのではないでしょうか。

自分ではあまり気にしていなくても、不意に笑った時など他人から見たら意外に目立っていたりします。それに見た目の問題以外にも、歯茎やからだ全体の健康のために銀歯は白い歯にした方がいいのです。

銀歯を白い歯にする場合、素材や場所によって保険診療か自費診療かで費用も大きく異なります。かつては銀歯にしか出来なかった治療も治療技術の進化で、いろいろな治療が選べるようになりました。

今回は保険診療から自費診療まで、銀歯を白い歯にする方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 1. 銀歯の種類

「銀歯」と一般的に呼ばれる歯科治療に用いられる金属は主に2種類あります。

■ 金銀パラジウム合金

広く保険で使われている金属で、12%金含有の銀、パラジウムなどでできた合金です。

■ アマルガム

水銀含有の金属。以前は日本でもよく使われていた素材ですが、今ではほとんど使われていません。水銀蒸気による身体への悪影響も報告されています。

アマルガムに関する詳細は→【銀歯があるなら要確認!アマルガムの危険性と除去方法

2. 保険内で銀歯を白い歯にする方法

前提として保険内で治療するためには【病名】が必要となります。

つまり、保険診療を受ける場合は何らかの疾患である必要があり、「ただ白くしたい」という審美的観点からのみだと保険適応にならない場合もあります。

2-1. 小さいつめ物の場合はコンポジットレジン(CR)修復法

歯の色に合わせ、形成した穴にペースト状のレジンを詰めて、LEDなど強い光を当て固める。その後歯の形を再現し噛み合わせなど調整して仕上げる方法。

【費用相場】

・部位、範囲により異なるが一本あたり1500~3000円

【メリット】

・型取りをする修復法と異なり、歯を削る量が少なく、その日のうちに治療完了する。見た目も良い。

・保険適応なので安価。

【デメリット】

・全ての操作を口の中で行う為、難易度高く、歯科医師の技術の差が出る

・材質的に3~5年で劣化や変色しやすい

・強度的に弱く咬合力のかかる部位では破折しやすい

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!