虫歯治療の繰り返しは要注意!二次カリエスの原因と予防法

予防と知識

お口の治療


shutterstock_415948045

一度、治療した歯が再び虫歯になってしまったという方も多いのではないでしょうか。
これを二次カリエスと言い、カリエスとは虫歯のことを言います。

二次カリエスは大人の虫歯の原因の大半を占め、気付きにくく進行しやすいので注意が必要です。また、何度も治療を繰り返すことにより歯が弱くなっていくため、最後には抜歯が必要になることもあります。
そこで今回は、二次カリエスの原因と予防法について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.二次カリエスとは

カリエスとは、むし歯のことを言います。

過去にむし歯の治療をして、つめ物やかぶせ物を装着している歯も、再度むし歯になる事があります。これを二次カリエスと呼びます。

むし歯の治療を繰り返していると、つまり二次カリエスになると、治療の度に歯が削られ、歯は薄くもろくなってしまい、最終的には抜歯しなくてはならなくなります。

まさに、歯を失う負のスパイラルに入っていると言えます。

むし歯は、食べ物が原因で起こる、歯が溶ける病気です。高血圧や糖尿病のような生活習慣病と同じと考えて良いでしょう。

12
図:かぶせ物をはずすとむし歯になっています。これが、二次カリエスです。

3
図:むし歯の治療を繰り返し、抜歯に至る”負のスパイラル”

2.二次カリエスの原因

2-1.しっかり磨けていない

むし歯の原因は、歯垢の内の虫歯菌ですが、被せ物や詰め物と歯の間にできる隙間には歯垢が溜まりやすく、歯ブラシだけでは磨きにくい箇所でもあるため、しっかりケア出来ていないと虫歯が再発してしまいます。

歯科医院での定期的なクリーニングで取り除くことで、二次カリエスになる確率は低くなります。

2-2.生活習慣が改善されていない

むし歯は、間違った生活習慣が原因で起こります。

むし歯の治療が仮にうまく行ったとしても、その生活習慣が改善できていなければ、またむし歯ができてしまいます。

4
図:むし歯になりやすい飲食物と、なりにくい飲食物

5
図:食事と食事のインターバルが短いと、口の中はむし歯になりやすい環境であり続けます。

2-3.むし歯の取り残し

多くの歯科医師が行っているむし歯治療ですが、実はとても難しい治療です。

口の中にある歯の、さらに内部の汚れを取り除くのは至難の技です。“プロなんだから当たり前だろ”と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。むし歯を歯から取り除くのはとても難しいことです。

このように、難しい治療ゆえに取り残したむし歯が原因で、二次カリエスを引き起こす可能性があります。

2-4.精度の低いつめ物、かぶせ物

ここでの精度とは、装着されているつめ物、かぶせ物と歯の隙間、段差がどのくらいあるか、ということです。

精度の低いつめ物、かぶせ物は、歯との間に段差があったり、隙間が大きくあいているものです。このような状態で、長い時間放置すると、その段差や隙間に汚れや歯垢が溜まったままになります。

その汚れは、毎日の歯磨きは疎か、歯科医院でのクリーニングでも取り除くことは困難です。

この状態が長く続くと、かぶせ物、つめ物の隙間から二次カリエスになります。

3.二次カリエスの予防法

3-1.口の中の汚れを取り除き、歯を強くする

正しいブラッシングを毎日行い、汚れ、歯垢を取り除きましょう。

歯ブラシと併用して歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、磨き残しは少なくなります。歯ブラシのみを使った場合の歯垢除去率は61%、歯ブラシ+フロスで79%、歯ブラシ+歯間ブラシで85%という結果も出ています。

また、取りきれない汚れは、定期的な歯科医院でのクリーニングで取り除いてもらいましょう。また、フッ素を利用し、歯を強くして、むし歯にならないようにすることも効果的です。

歯間ブラシの効果について、詳しくは「こんなに差がつく!歯垢除去に最適な歯間ブラシの効果」を、

歯科検診について、詳しくは「予防と節約につながる歯科検診は絶対に定期的に行くべき!」をご覧ください。

3-2.生活習慣を改善する

むし歯の原因となる甘い飲食物の量を控えましょう。

また、食べる時間帯やダラダラ食い(食べてから次の物を食べるまでの時間のインターバルが短い食べ方)もむし歯になる原因なため、必要があれば見直し改善するとこをお勧め致します。

3-3.むし歯を確実に取り除く

上記にも示したように、むし歯を取り除くことはとても難しいことなので、信頼できる歯医者さんに治療をしてもらいましょう。

具体的には、ルーペやマイクロスコープなどの拡大器具を用いて治療をしてくれる歯医者さんがお勧めです。

二次カリエスを予防する治療について、詳しくは「根管治療の成否で歯の寿命が変わる!失敗再治療を防ぐ方法」をご覧ください。

3-4.精度の高いつめ物、かぶせ物

歯との間に段差や隙間のないつめ物、かぶせ物を装着してもらいましょう。

これらが限りなく”ゼロ”に近いものは、そこに汚れや歯垢が溜まらないため、むし歯になりづらいです。

つまり、精度の高いつめ物、かぶせ物を装着するということは、むし歯になった歯を長持ちさせる大切な予防治療なのです。

4.虫歯治療の保険診療と自由診療の違い

4-1.国民皆保険の限界

日本の国民皆保険は素晴らしい制度であり、多くの国民がこの制度に救われているでしょう。

しかし、疾病保険であるため、また、保険診療の報酬があまりにも低いため、歯科においては、むし歯という病気を取り除くことをできても、その歯の健康を長期に安定させる予防治療を行うことは困難です。

むし歯治療をした歯を、あなたは今後、何年使いますか?

また、予防を目的としたクリーニングは、基本的には保険診療で行うことはできません。
このように、歯科における国民皆保険は疾病保険であるため、限界があります。

4-2.治療をした歯を守るための自由診療

上記に示した通り、二次カリエスにならないために、段差のない精度の高いつめ物、かぶせ物が必要になります。

“精度の高い”と一言で簡単に言っていますが、この精度を高めることは、とても大変なことです。

そのため精度を高めるためには、高い技術、質の良い材料、時間が必要です。また、つめ物、かぶせ物を作るのは歯科技工士ですが、彼らが精度の高いものを作るためにも、技術、材料、時間が必要になります。

良いものを作ることは保険診療で作ることは困難であり、歯を守るための精度の高いつめ物、かぶせ物を作るために、結果的に自由診療になってしまうのです。

まとめ

健康のためには、むし歯にしないことが一番です。
しかし、むし歯になってしまった場合は、二次カリエスにならないようにしましょう。そのためには、歯垢などの汚れを確実に取り除き、むし歯になってしまった原因である生活習慣の改善が必要です。
また、精度の高いつめ物、かぶせ物が必要になります。むし歯になってしまったら、その歯を守るため、精度の高い治療を受けることをお勧めいたします。

Author:柳沢 哲秀 (歯科医師/東京都調布市 柳沢歯科医院)

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!