放置しては危険!?歯科医院で行う定期的な歯石除去のススメ

予防と知識

予防歯科


00

最近では、歯や歯茎の健康維持のために定期的に歯科医院での「歯石除去」を行なっている人が増えています。

一方で歯石除去した方がいいのはなんとなくわかっていても、痛みもないし歯医者に行くのは面倒と思う方も多いのではないでしょうか。

歯石は放っておくと歯周病菌が繁殖しやすくなり炎症をおこし歯周病の原因となってしまいます。

今回は、歯科医院での歯石除去の方法や歯石付着の予防方法について解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.定期的な歯石除去のススメ

1-1.歯石とは

歯石は、歯に付着した汚れ(プラーク)が固まった(石灰化)もので、歯磨きでは取れない歯にこびりついた汚れです。

歯の表面についたものを「歯肉縁上歯石」、歯茎の中に埋まっている歯の表面についたものを「歯肉縁下歯石」といます。
歯肉縁上と歯肉縁下とでは、それぞれ性質が異なると言われています。

1.

1-2.なぜ歯石除去が必要なのか

歯石自体には悪さをする性質はないのですが、歯石の表面はザラザラしているためプラークが付着しやすくなり、歯周病のきっかけを作ります。さらに歯周病になると悪化の原因にもなります。

そのため歯石の除去は歯周病の治療においてとても重要なのです。

その他歯石除去して得られる効果については、【歯科衛生士が教える!歯石除去して得られる5つの効果】をご覧ください。

1-3.歯石を放置しているとどうなるのか

歯石を放置していると、汚れがたまり歯茎の炎症を引き起こし、歯茎からの出血や口臭の原因にもなります。

さらに歯を支えている骨(歯槽骨)までに炎症が及ぶと、歯の支えがなくなり歯がグラグラと動き食事が取りにくくなったり、噛み合わせの問題や肩こりなど、その他にも影響が及ぶことがわかっています。

最終的には歯がグラグラして痛み、抜歯しなければいけない状況になることもあります。

1-4.歯石が溜まりやすい場所

歯石が最もたまりやすい場所は、前歯の裏側と上の奥歯の頬側です。

これは、唾液が出てくる場所(唾液腺開口部)と同じです。

プラークが唾液の成分と混ざることで石灰化(石のように硬くなる)し、「歯石」になります。

1-4.歯石を取るタイミング

歯石がつきやすい人は、2週間くらいで歯石がつきますので、1ヶ月~3ヶ月に1度は歯石除去が必要です。

歯石のつきにくい人は、3ヶ月~6ヶ月、少なくとも1年に1回は歯石除去することをおすすめします。

歯石は早くて2週間、通常は数ヶ月で硬くなります。
自分で歯石がついているのが確認できる人は、少量の歯石でも目で確認できる状態でしたら、歯石除去のタイミングです。

2.歯石除去は自分で出来るのか

歯石はプラークが石灰化したものです。プラークは歯ブラシで落とすことができますが、石灰化した歯石は自分では取り除くことはできません。

歯石を取るための道具が市販されていますが、歯茎や舌を傷つけてしまったり、中途半端に歯石をとって余計に汚れが溜まりやすい環境を作ってしまうなどの理由から、ご自身で歯石をとることはおすすめできません。

2-1.フロス

本当に初期の歯石(プラークが少し固まってきた状態)であればフロスを通すことで取り除くことができる場合もあります。その場合は、歯と歯の間の汚れに限ります。

ただし、フロスを初めて使う方や硬さの判断が難しい場合は、歯茎を傷つけてしまうことがありますので、専門家にお任せすることをお勧めします。

2-2.市販の歯石除去キット

ドラッグストアなどで販売されている歯石除去キットを使用すれば初期の歯石であれは取れますが、誤った使い方をして歯茎を傷つけてしまったり、舌を傷つけてしまうことも考えられます。

専門家としては、ご自身で歯石を取り除くことはお勧めできません。

3.歯科医院での歯石除去

3-1.歯石除去の費用

歯石除去は、保険診療で受けることができます。

保険の負担額によっても変わりますが3割負担でおおよそ3,000円前後です。

ただし、どの程度歯石がついているのか、歯周病が進行していないかなどの検査が必要です。レントゲンの撮影や、お口の中の写真撮影、歯茎のチェックなどの診査をしたうえで歯石除去を行います。

3-2.歯石除去の方法

歯石除去には、機械を使用して除去する方法と、専用の器具を使用して手作業で除去する方法があります。

3-2-1.機械で除去

超音波や空気の力で歯石を除去します。通常歯の表面についた歯石を取り除く際に使用します。

3-2-1

3-2-2.手作業で除去

機械の挿入ができない歯茎に覆われている歯の面についた歯石をとる際には、専用の器具を使用します。
細かな作業が必要であり、器具は歯の形状によって種類があります。

3-2-2

3-3.歯石除去の回数

歯石除去は1回で全部とってほしいと思う方は多いでしょう。

1回で取り除くことができる条件は、歯石がついて1ヶ月以内の状態であることが目安です。(※状態により異なります)

歯石がついた状態を長く放置していれば、その分歯石が硬くこびり付き、除去するのにも時間や回数がかかります。
3ヶ月以上放置していれば、2回以上かかることを目安にしてください。

それ以降は、歯石の付着状態や、歯周病の進行状態によって、治療の計画が変わりますので、長く期間を空けている方で回数を少なくしてほしいと思っている方は、早めに受診し歯石除去をすることをおすすめします。

4.歯石除去後に起こること

4-1.歯が白くなる

歯の表面ついている歯石は薄い黄色や黒褐色をしていることが多いので、除去後は歯本来の色を取り戻すことができ今までよりも歯が白くなります。

4-2.歯茎が引き締まる

歯石がついている部分は汚れがたまりやすいため、歯茎の炎症が起こりぶよぶよとした歯茎になっている方も多いです。

歯石を除去すると歯茎の周りの汚れもつきにくくなり、歯茎が健康の状態に戻り引き締まった健康な歯茎を取り戻すことが期待できます。

4-3.歯茎が健康的な色になる

歯石がついていると汚れがつきやすくなりるため、歯茎の炎症が起こり赤く腫れている人もいます。

歯石を除去することで歯茎の周りの汚れもつきにくくなり、歯茎が健康な状態に戻り本来の健康的なピンク色の歯茎を取り戻すことが期待できます。

4-4.出血が止まる

歯石がついている人は、歯磨きの時に出血する方もいらっしゃいます。汚れがたまり、歯茎が炎症を起こしていると出血をします。
健康な歯ぐきを取り戻すことができれば、歯ぐきからの出血もなくなります。
歯石を取る際には、一時的に多く出血する傾向がありますが、炎症性の出血ですので心配はありません。

4-5.歯がしみる

大量に歯石がついていた人が歯石を取ると「しみる」症状がでる場合があります。

それは、今までは冷たい食べ物や熱い食べ物は、歯石ごしに温度を感じていたので、少し鈍感な状態でした。
そこに、歯石を取り除くことで、ダイレクトに温度を感じるようになるので最初のうちはしみやすい状態になることがあります。

2、3日で自然にしみなくなりますので心配はいりません。

4-6.歯茎が下がる

大量に歯石がついていた人は炎症の程度も大きく、歯ぐきが腫れていると歯石を取った後に歯ぐきが健康な状態よりも痩せてしまうことがあります。

一時的なこともありますし、歯周病の進行状態によっては、そのまま歯ぐきが下がってしまうこともあります。

5.歯石の予防法

5-1.正しい歯磨き

歯石をつきにくくするには、やはり歯磨きです。

汚れが長時間お口の中に停滞していると石灰化して歯石になる可能性が高くなりますので、食後に歯磨きをすることが歯石の予防法といえます。

 正しい歯磨きの方法について、詳しくは【歯科衛生士が教える歯磨き方法!時間/回数/タイミング】をご覧ください。

5-2.フロスを使用する

一般的に歯石が付きやすい部位は、前歯の歯と歯の間です。

特に前歯の裏側が一番つきやすいため、歯の間の汚れを取り除くフロスを用いるとことで歯石も出来にくくなります。

デンタルフロスの使い方については、【歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方】をご覧ください。

6.歯石除去の歯医者選びのポイント

6-1.歯科衛生士がいる歯科医院を選ぶ

歯石除去の専門家である歯科衛生士が在籍している歯科医院を選びましょう。

6-2.歯周病専門医がいる歯科医院を選ぶ

ただ歯石を取り除くだけでなく、歯周病の治療や今後歯周病を繰り返さないようにする予防方法までアドバイスのある歯科医院を選びましょう。

歯周病専門医や歯周病治療認定歯科衛生士など、専門的な勉強をしている歯科医院もありますので、WEBページで調べてみてください。

6-3.丁寧なカウンセリングとアドバイスをしてくれる医院を選ぶ

歯石除去は、歯周病の治療の一環として行われます。痛みを軽減する治療法や歯周外科治療、歯周病と関係のある喫煙習慣のアドバイスなど、親身になって相談に応じてくれる歯科医院を選びましょう。

最後まで治療してもらえ、歯周病を繰り返さない予防法の提案をしてくれる歯科医院で、健康なお口を保ちましょう。

まとめ

歯石は歯周病のきっかけをつくります。ついていることがわかったら早めに除去することをお勧めします。

ご自身でとることもできますが、歯ぐきや舌を傷つけてしまうこともありますので専門家に診てもらうことをお勧めします。

お口と体の健康を守るためにも、定期的な歯科検診で歯石除去をして歯周病予防を意識しましょう。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!