歯科医院でプロが行う!歯石除去の方法、手順、かかる回数

予防と知識

予防歯科


歯科医院に何回か通って歯石を取ってもらった経験がある方も多いのではないでしょうか。

その中でも歯石除去はなぜ何度も回数がかかってしまうのか、1回で取ることはできないのかなどの相談が寄せらることがあります。
そこで今回は、歯石除去の方法や流れ、回数がかかる理由について解説をしますので、歯石除去の大切さを知って頂ければと思います。ぜひ参考にしてください。

1.歯石とは

歯石とは、口の中の汚れ(プラーク)の中の細菌が唾液に含まれるカルシウムやリンなどのミネラル成分と結合し、時間が経って石のように硬くなってしまったものを言います。

個人差はありますがブラッシングで取りきれなかった汚れ(プラーク)は、付着して2日から2週間程で歯石になると言われています。

歯石自体は直接的に虫歯や歯周病の原因になるものではありませんが、歯石のついている歯の面はザラザラしているため、汚れがくっつきやすくなる環境を作るため、結果として虫歯や歯周病になりやすい環境を作る原因とされています。

2.歯石除去の方法

歯石除去には、機械を使う方法と、手作業で耳かきのように見えない細かな部分の歯石を取り除く方法があります。

どちらも、国家試験を合格し熟練した歯科医師、歯科衛生士が歯石除去を行い、歯石が再びつかないようにするためにも歯磨きのアドバイスも行なっていきます。

2-1.機械を使って歯石除去する方法

超音波スケーラー

音波の力で歯石を取り除く方法です。

歯科医師や歯科衛生士の国家資格の有資格者のみが行える施術です。歯の表面についている歯石を効率よく取り除く際に使用されることが多いです。

音波の振動で汚れをはじき飛ばすように取り除くため、歯の面を傷つけることなく歯石を取り除くことができます。

音波の音が「キーン」という高音なため、耳触りに聞こえる場合もありますが、削る機械とは異なり、歯を削ることはありません。

ただし、不適切な使い方をしている場合や、音波の力が強い場合には、痛みを感じることがあります。

国家資格取得者が正しい使用方法で、痛みを与えることなく施術をしていきます。

また、知覚過敏の症状のある歯も痛みを感じやすいため、事前に伝えておくと良いでしょう。

知覚過敏について、詳しくは「歯がしみる!知覚過敏の6つの原因と自宅で出来る改善法」をご覧ください。

2-2.手作業で歯石除去する方法

手用スケーラー

機械を使わずに、手作業で歯石を取り除く方法です。

これも、歯科医師や歯科衛生士の国家資格有資格者が行える施術です。

超音波スケーラーでは取り除くことが難しい歯茎の中に埋まっている部分の歯についている歯石を取り除く際に用いらえることが多いです。また、知覚過敏の症状があり、超音波スケーラーが使用できない場合も用いられます。

スケーラーの先端に、「刃」がついており、歯石を刃に引っ掛けて取り除きます。歯石を引っ掛けることが目的なため歯を削ることはありません。

ただし、刃の面を正しく当てていない場合には、歯茎に痛みを感じたり、歯に引っかかるような当て方になる場合もあります。

国家資格取得者が正しい使用方法で、痛みを与えることなく施術をしていきます。

また、刃の切れ味が悪くなっていると、歯石を取るのに時間がかかることもあります。

自分で歯石を取ることはできる?

市販品で歯石除去セットが販売されていますが、専門家としてはお勧めできません。

先に述べたように、歯石とりは歯と歯茎の境目に鋭利な器具を使用するため、歯茎を傷つけてしまったり、誤って器具が歯にひっかってしまい、傷つけてしまう場合があるからです。

3.歯石除去の手順

3-1.検査

まずは、お口の全体のどのあたりに歯石がついているのか検査を行います。

さらに、歯石がついている部分は歯肉炎や歯周炎になっている状態がどの程度なのかをきちんと調べる必要があるため、歯茎の状態の検査を行います。

また、目で診るだけでは見えない歯茎の中を把握するために、レントゲンを撮影して、歯茎の中の状態も確認する検査を行います。

・レントゲン検査

歯茎の中の状態や骨の状態を調べます

・問診

これまでの歯科治療の経験について、歯科治療に関する不安ごとなどその他問診で患者さんの現状を把握していきます

・歯茎からの出血の検査

歯茎からの出血の程度を検査します。歯茎からの出血で歯周病の状態を把握していきます

・歯の動揺度の検査

歯がグラグラと動いていないか検査を行います。歯がグラグラ動いている程度で歯周病の進行状態の診断のための情報の一つです

・歯茎の溝の深さの検査

歯茎の溝(歯周ポケット)がどの程度深くなっているか調べます。通常歯茎の溝は1~3ミリが健康の状態と言われているため、溝が深くなっている部分がどの程度あるか調べていきます

・歯茎の周りの磨き残しの検査

日常の歯磨きでの磨き残しの状態を調べます。歯磨きが正しくできている部位と苦手な部位を把握することで今後のアドバイスの材料になります。

3-2.歯石除去

歯石除去は歯の表面についている歯石をまずは、超音波スケーラーを使用して取り除きます。

量が多い場合や硬くこびりついている場合は、上の歯と下の歯で2回に分けて除去することもあります。

3-3.診査

そして、歯石がきちんと取り除けたかどうか、チェックをして、残っている部分をもう一度取り除いていきます。

3-4.フロス・歯間ブラシ

歯と歯の間に挟まっている場合があるので、歯の間の歯石を取り除くためにフロスや歯間ブラシを使用して、汚れの取り残しがないように綺麗にしていきます。

3-5.歯面研磨

歯石を取った後の歯の表面には細かな歯石が残っていることがあります。

それをそのまま残しておくと、ザラザラしているため、また汚れがつきやすい環境を作ってしまいます。

細かな汚れもきちんと取り除き、歯の表面のザラザラを専用の研磨剤、ブラシやカップを使って、取り除いていきます。

3-6.洗浄

歯石を取ったあとは、歯茎の溝の中にも汚れが残っていることがあります。

また、研磨剤が歯茎の溝に入り込んでしまうこともありますので、最後にお口の中を洗浄していきます。

3-7.歯磨き指導

最後に、磨きにくい部分や歯石のつきやすい部分の歯の磨き方についてアドバイスを行います。

この手順を数回に分けて実施し、歯石除去を行っていきます。

(保険診療の場合)

4.歯石除去の回数

歯石取りは、保険診療で行われいます。

歯科の治療では保険が適応するものは、治療が必要という診断がされたものになります。

ですので、歯石除去には、歯肉炎や歯周病という病状の診断がされて初めて歯石除去が行えます。

4-1. 1回で終わる場合

定期的に来院し、歯石除去を行っている人は比較的歯石も多くついていないため、歯石除去は1回で終わることもあります。

ただし、保険の診療の場合は、診査で1回、歯石除去で1回、再評価で1回と、保険の診療に基づいて治療が行われるため3回程度の来院が必要です。(目安)

4-2. 3回くらいかかる場合

定期的に来院しており、歯石のつきやすい方や、歯磨きの磨き残しの多い方などは、1回では取りきれないこともあります。

全体的に歯石を取り除き、再検査をして、細かい歯石や歯の根の部分についている歯石を取り除く場合、3回くらいかかる場合があります。

4-3. 3回以上かかる場合

定期的に歯石除去をしておらず、長期間歯科医院に通院していない場合、歯石がついているのを放置していた期間が長ければ長いほど、歯石除去にも時間がかかってしまいます。

歯の表面の歯石も2回に分けて取り、その後、再検査を行い、歯の根の部分に溜まっている歯石を取り除いていきます。

この場合も保険の診療の場合には、6回に分けて歯石除去をしていきますので、長期間放置している期間が長ければ長いほど、治療の回数も多くかかってしまうこともあります。

まとめ

歯石は、長期間放置していればしているほど、硬くこびりつき、取りにくくなっていきますので、それだけ治療の回数もかかってしまうのが現状です。

ですので、歯石取りは半年に1回、または年に1回でも習慣的に歯科医院で除去してもらうことで、回数は少なくなり、健康な歯茎の状態を維持することができるようになると思います。久しく歯石除去をしていない方は、これをきっかけに歯科医院に通院してもらえると嬉しいです。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!