知っておくべき!唾液の働き、関連する病気、増やす方法

予防と知識

予防歯科


普段、あまり口の中の唾液を意識することはないかもしれませんが、実はカラダの健康を守るうえでとても重要な役割を果たしています。
口内炎ができやすい、口が乾く、口臭が気になるなど様々なお口のトラブルはもしかすると、唾液の量や質の低下が原因かもしれません。
そこで今回は、唾液の働きや質を高める方法など、知っておいてほしい唾液に関する知識をお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

1.唾液とは

唾液には、食べ物を噛む時や酸っぱいものを食べた時など、刺激によって出てくるサラサラしたタイプの唾液と、刺激がなくても安静にしていている時にじわじわと常に出てくるネバネバとしたタイプの唾液の2種類があります。

普段何気なく口の中を流れている唾液にも、さまざまな効果や働きがあります。

1-2.唾液の働き 

①.潤いを保つ働き(潤滑作用)

唾液により口内が潤っていることで、食べ物を簡単に飲み込むことができる、舌を動かしてスムーズに会話ができるようになっています。

②.粘膜を守る働き(粘膜保護作用)

食べ物などの刺激から歯や粘膜を保護する働きがあります。

③.汚れを洗い流す働き(洗浄作用)

食べかすや細菌を洗い流すことで、口臭や、虫歯・歯周病を防ぐ働きがあります。

④.消化を助ける働き(消化作用)

唾液の中には消化酵素が含まれているため、よく噛んで唾液をたくさん出すことで、胃や腸での消化吸収を助ける働きがあります。

⑤.味覚を助ける働き(溶解作用)

食べ物の中の味成分を分解して、味覚を感じやすくしてくれる働きがあります。

⑥.虫歯から歯を守る働き(緩衝作用)

食事をすることお口の中は虫歯ができやすい状態(酸性環境)になります。

その悪い状態を唾液がまた元の安全な状態(中性環境)に戻す働きがあります。

⑦.口臭を抑制する働き(抗菌作用)

細菌の繁殖を防ぐ働きがあるため、口臭や虫歯・歯周病の予防効果があります。

⑧.虫歯を治す働き(再石灰化作用)

食事をすることで、歯から溶け出したカルシウムやミネラルを再び歯に戻す働きや、虫歯菌によって溶かされた歯の表面を修復する働きがあります。

唾液の働きについて、詳しくは「歯を守る!唾液の8つの働きと自分でできる唾液を増やす方法」をご覧ください。

3.唾液の平均量

唾液は1日に平均約1~1.5リットルもの量が出ています。

また、一日を通じて唾液分泌量は一定ではなく変化していきます。起床後、徐々に唾液の分泌量が増えていき、夕方6時頃にピークを迎え、また徐々に減っていきます。

寝ている間はほとんど出ないため、起床直後は口が乾いていると感じることが多いでしょう。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!