虫歯/歯周病のリスクが分かる唾液検査で効果的な予防対策!

予防と知識

予防歯科


00

唾液を調べてなにがわかるの?本当に調べた方がよいのだろうか?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

歯科医院で唾液検査を勧められた方もいるかもしれません。虫歯や歯周病の原因は人それぞれです。

原因が違えば予防法もちがいます。唾液検査は自分の唾液を調べることで、虫歯や歯周病になる原因がわかり、自分にとって効果的な予防法アドバイスを受けることができます。

今回は、唾液検査をすることで具体的に何がわかるのか、唾液検査にはどんな良いことがあるのかを歯科衛生士が解説します。ぜひ参考にしてください。

1.唾液検査のメリット

1-1.自分のお口の状態を知り、自分に合ったケアが出来るようになる

歯科医院で唾液検査を受けることは、内科などで血液検査や血圧測定を受けることと同じくらい重要な意味を持ちます。

検査を受けることで、今まで気づかなかった様々な自分のお口の状態を知ることが出来ます。検査の結果により、今気をつけるべき点や、将来考えられることを予測することも出来ます。

分析結果を知ることで、歯科医院の通い方や、自宅でのセルフケアの仕方が大きく変わることになるでしょう。

1-2.虫歯リスクを知る事が出来る

唾液検査を受けることで、自分の虫歯のリスク(なりやすさ)を知ることが出来ます。

毎日きちんと磨いているのにどうして何度もむし歯になるのだろう?そのような方は、唾液検査でわかる唾液の量や質、むし歯菌の量などのいずれかに問題があるかもしれません。

1-3.歯周病リスクを知る事が出来る

歯科医院で行われている唾液検査の多くは、むし歯に対するものがほとんどです。しかし、歯周病のリスクを調べることが出来る唾液検査もあります。

唾液中に混ざった血液成分と細胞成分を測定することで歯周病の進行具合判断することが出来ます。

2.唾液検査でわかること

2-1.唾液の量

分泌量が多ければ多いほど、お口の汚れを自動的に洗い流してくれる自浄作用が高まります。唾液の少ない人は、むし歯になりやすいです。

人間は1日に約1.5〜2リットルの唾液を分泌していると言われ、基本的に年齢とともにその分泌量は減少していきます。しかし体調や薬の服用などで個人差があります。

2-2.唾液の緩衝能

安静時のお口の中は中性に保たれていますが、食事をするとお口の中は酸性になり、歯の表面のエナメル質が溶けます(脱灰)。しかし、食後に分泌された唾液の中のカルシウムやリンにより、溶けた歯の表面のエナメル質は再び元に戻ります(再石灰化)。

この酸性から中性に戻す中和力のことを緩衝能と言います。専用の試験紙に唾液を触れさせ、色の変化で測定することが出来ます。

2-3.むし歯原生細菌

代表的な菌に、ミュータンス菌とラクトバチラス菌があります。

2-3-1.ミュータンス菌量

この菌がたくさんいるとむし歯の数も多くなる傾向が強いです。

ミュータンス菌は1μmという小さな球状の菌です。生後2ヶ月前後で両親からの口移しなどで感染し定着します。ツルツルな硬いエナメル質に簡単に付着し糖を取り込み、その代謝物として強い酸を吐き出します。歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、むし歯のきっかけとなる最初の穴を開けます。しかし、キシリトールの摂取によりその活動性を弱めることが出来ます。

2-3-2.ラクトバチラス菌量

この菌がたくさんいるとむし歯が深く進行しやすくなります。

乳酸菌の一種です。この菌はツルツルな硬い歯の面(エナメル質)には付着しにくく、ミュータンス菌が開けた穴や、古い詰め物や合っていない被せものなどの隙間や引っかかりのあるところで繁殖します。砂糖の摂取量が多いと増えやすくなります。

2-4.カンジダ菌量

お口の中の常在菌で、真菌(カビの一種)です。体調や体力の変化で免疫力が下がると増殖します。

また、入れ歯などでお口の中が不衛生な状態が続くと増殖しやすくなります。

2-5.歯周病菌量

歯周病菌は実にたくさんの種類(500〜800種類)があります。よく解明されていないものの方が多いです。

どれも酸素が嫌いな菌で、酸素の少ない歯肉の溝に入り込み、セルフケアを怠り不潔になると爆発的に繁殖します。そして歯肉に炎症をおこさせ、歯肉組織を剥がし、歯周ポケットを作ります。

繁殖した菌は、歯周ポケットの中から血管へ入り込み全身へと流れていきます。行き着いた臓器で血栓を作り、動脈硬化などを引き起こしやすくします。次に代表的な歯周病菌を挙げてみます。

2-5-1.ポリフィロモナス・ジンジバリス(P.gingivalis)

特に日本人には多いと言われています。

血液などのタンパク質やアミノ酸を好み、代謝するときに悪臭を放ち、口臭の大きな要因なります。そして歯肉に炎症を起こさせる強い影響力があります。

2-5-2.プレボテラ・インターメディア(P.intermadia)

女性ホルモンを好み、女性の思春期や妊娠時に増えやすく、歯肉に炎症を起こさせます。

2-5-3.タンネレラ・フォーサイセンシス(T.forsythensis)

歯周病を重度に進行させやすく、歯肉組織を激しく破壊します。この菌がいる場合、非常に治りにくい歯周炎と言えます。

2-5-4.アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス(A.actinomycetemcomitans)

白血球に対して抵抗力のある菌です。毒素を持ち、心臓に付着しやすく心内膜炎を引き起こす原因となります。

3.検査は保険でできるのか

唾液検査は保険対象外ですので、自費負担となります。

3-1.費用の相場

おおよそ3000〜5000円前後で実施しているところが多いようです。

3-2.時間や回数

唾液検査には、当日わかる項目と、数日かかる項目とがあります。

当日にかかる時間は、歯科医院によっても差がありますが、30〜60分と見ておくと良いでしょう。回数は検査当日と結果説明を受ける日で、2回かかる場合が多いです。

3-3.検査方法

専用のガムを一定時間咬み続け、分泌された唾液を専用容器に吐き出し、量を測定します。

吐き出した唾液を使い、酸に対する中和力やむし歯菌の培養を行います。また、専用スティックを舌にこすりつけ菌を測定する方法もあります。

4.検査した後はどうするのか

4-1.予防プログラムの立案

検査で得たお口の中の状態や食習慣を参考に、歯科医院でご自身に合った予防プログラムを提案してまらいます。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!