虫歯・歯周病リスクを知ってベストな予防を!唾液検査キット

予防と知識

予防歯科


毎日ちゃんと歯磨きしてるのに虫歯になってしまう方など、唾液検査をしてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。
唾液検査は、虫歯や歯周病の本当のリスク知ることで、原因にあった予防対策をするのにとても役立ちます。
唾液検査は歯科医院以外でも行えるようになり、市販されている唾液検査キットもあります。そこで今回は、唾液検査キットのおすすめと、唾液検査でどんなことを知れるかについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

1.唾液検査キットとは

唾液検査キットとは、唾液の量や唾液の中の働きを調べる検査です。

検査を行うことで、虫歯菌や歯周病菌がお口の中にどのくらい存在しているのかが分かります。

また、唾液には歯を守る働きがあり、その力が強い方と弱い方とあり、それらを知ることで虫歯になりやすいタイプなのか虫歯を予防する力が強いタイプなのかがわかるようになります。

唾液検査について、詳しくは「虫歯/歯周病のリスクが分かる唾液検査で効果的な予防対策!」をご覧ください。

2.市販の唾液検査キット

東京医科歯科大学歯学部附属病院の和泉雄一教授の監修のもと、大日本印刷株式会社から発売されている“歯ぐきの健康 警戒レベル”検査サービス「DNPお口健康ナビ」が市販品として購入することができます。

3.市販品でわかること

3-1.歯周病菌

市販品の検査キットでは、歯周病に関連していると報告のある2種類の菌を調べることができます。

3-2.歯ぐきの健康状態

また、アンケートを通じて歯茎の健康レベルを知ることができます。

4.市販品と歯科での唾液検査の違い

4-1.歯科衛生士による予防プログラム

市販品では、歯ぐきの状態や歯周病に関連する菌がどの程度なのかは分かりますが、その後の対処方法や予防方法の提示はありません。

何故ならば、唾液の検査結果だけではなく、生活習慣や生活背景、過去の診療の状況など様々な情報が虫歯や歯周病の予防には必要だからです。

歯科医院で行う唾液検査では、検査結果をもとにした、虫歯や歯周病の予防プログラムが作成されます。

そして、しっかりと時間をとって、検査結果の説明と、今後の対策についての提案をします。虫歯や歯周病からお口の健康を守るためにできることをきちんと説明してもらえるのが最も大きな違いです。

4-2.検査項目

歯科医院での検査で、は歯周病菌の検査項目以外にも虫歯菌の検査、唾液の量、唾液の力など、1回で行う唾液検査で多くの項目の検査をすることができます。(商品により異なります)

また、食生活の問診や、レントゲン、現状の歯茎の状態も診査を行います。

4-3.再検査

検査をしたのちには、そのまま放置するのではありません。

例えば、血液検査や尿検査も状態を確認するために、再検査を行うように、唾液の検査も必要な項目の再検査を行います。

全ての検査を再検査しなくとも、必要な項目を歯科医師がピックアップして再検査をすることができるため、数値の変化があったのか、または、維持できているのかどうかもわかります。

長期的な視点を持ってお口の健康に関わることができるのが、歯科医院での唾液検査です。

5.歯科医院でオススメの唾液検査

デントカルト


商品:デントカルト
検査価格:3500円~
検査項目:5項目:唾液量、緩衝能、SM菌(虫歯菌)、LB菌(虫歯菌)、CA菌(真菌)
特徴:唾液を採取して培養する検査です。2~4日後に検査結果がでます。
販売:オーラルケア

SPOTCHEM ST

商品:SPOTCHEM ST
検査価格:1200円~
検査項目:6項目:虫歯菌、緩衝能、唾液酸性度、白血球、タンパク質、アンモニア
特徴:唾液を採取してそのまま検査ができます。5分後に検査結果がでます。
販売:アークレイ

BML

商品:BML
検査価格:6000円~
検査項目:5項目:唾液量、緩衝能、虫歯菌
検査価格:10000円~
検査項目:5項目:唾液量、歯周病関連菌:4菌種(Aa, Pg, Pi, Tf)
特徴:唾液を採取して、ラボへ送ります。7~10日に検査結果がでます。
販売:BML

検査の価格はおおよその参考相場です。医院によって異なりますのでかかりつけ医院へ相談してください。

6.唾液の働きについて

唾液には虫歯や歯周病から歯を守るための働きがあります。

◆潤滑作用
口の中を潤し、湿った状態を維持する働きです。潤っているから、食べ物を飲み込んだり、噛み砕いたりすることが容易になりなります。

◆粘膜保護作用
潤滑作用と同じように、口の中を潤す働きがありますます。また、潤うことで、お口の中の粘膜や頬などの柔らかい部分を硬い食べ物や、歯から守る働きがあります。

◆洗浄作用
口の中に溜まっている汚れを洗い流す働きがあります。唾液が少ないと食事の後に口の中に食べ物が残りやすかったり、飲み込みが悪くなったりします。

◆消化作用
唾液の中の酵素「消化酵素」のアミラーゼが食べ物の消化を助ける働きがあります。

◆溶解作用
食べ物と唾液を混ぜ合わせて味を感じる働きを助けます。

◆緩衝作用
お口の中を中性に保ち、虫歯から守る働きがあります。虫歯ができるのは、お口の中が酸性に傾いた時です。賛成から中性に戻し、歯を虫歯から守ります。

◆抗菌作用
虫歯菌や歯周病菌の細菌からお口を守る働きがあります。

◆再石灰化作用
虫歯になりかけの歯を修復する働きがあります。

まとめ

市販で販売されている唾液検査キットでは、歯周病菌の数値がわかります。お口の中の状況をしっかり知るためには、唾液の量や、唾液の働きも知って、歯周病菌や虫歯菌もわかる総合的な検査を歯科医院で受けることをおすすめします。
まずは、自分で調べてみたいと思われる方は、ドラッグストアなどでも購入できますので、薬剤師の在中しているドラックストアで相談してみてもいいでしょう。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!