根管治療を成功させるカギ!ラバーダム防湿法のメリット

予防と知識

お口の治療


shutterstock_242424397_720

歯科治療のなかでも非常に難しいと言われる根管治療の成功率を上げる方法を知りたい方も多いのではないでしょうか。

根管治療は、いかに根管を無菌状態に清掃し、治療完了できるかが重要となり、ラバーダム防湿法は細菌の感染を大幅に防ぐことができます。

ラバーダムとは、根管内への細菌の侵入を防ぐために歯に装着するゴム製のシートのようなものです。
今回は、ラバーダム防湿法による治療のメリットについて解説します。ぜひ参考にしてください。

1.ラバーダム防湿とは

ラバーダム防湿とは、ラバーダムと呼ばれる伸縮性に富んだゴムのシートで水分を遮断することです。

歯の治療を行う中で、どうしても唾液を歯に触れさせられない種類の治療があります。(根管治療、コンポジットレジン充填など)

1

具体的には上の写真のようにクランプと呼ばれるバネを歯にかけて、伸縮性に富んだゴムのシートをその下にかけて歯に密着させます。これでも唾液が入りそうなときは光で固める樹脂で隙間を埋めていきます。

1-1. 根管治療とは

歯には外側から、エナメル質→象牙質→歯髄というように層がわかれています。

2

虫歯菌がエナメル質、象牙質を突破し歯髄まで到達すると、歯髄炎という病気になります。

歯髄炎とは、冷たい物、熱い物がしみるなどの症状が生じて、進行すると何もしなくても痛みが出てきます。そうなると、一般的には歯髄の除去が必要になりますが、これを根管治療と呼びます。

虫歯菌は元々唾液由来で歯に感染しますので、根管治療では治療中に唾液が入ってしまうと元も子もなくなってしまうのです。

日本では神経を取った歯の病気の再発が多いと言われており、その原因はラバーダムを使用しないで治療を行う事が主流である事が原因の一つと考えられています。

1-2.ラバーダム防湿にかかる費用について

具体的な金額や目安を出すのは非常に難しいところです。

それは、ラバーダムは保険でその費用の算定する項目が無いため、使うか使わないかは、歯科医師が赤字で使うか、失敗するのをわかっていながら使わないか、自由診療で患者さんに負担してもらって使うかによって変わってくるためです。

根管治療自体の保険点数が異様に低いため、ラバーダムをサービスすることは歯科医師にとってかなりの負担になります。

ラバーダムを使わない先生が悪いのではなく、使えない土壌を前提にしている保険制度の悪いところともいえます。

自由診療で行う場合は、根管治療の費用にラバーダムを含む場合が殆どなので、ラバーダムのみの料金にいくら位かかるかという目安はありません。

1-3.どの歯科医院でも希望すれば受けられるのか

ラバーダムが無いクリニックが大多数ですので、確認してからご予約されるのがいいかと思います。

また、ラバーダムを保険でお願いすることは、歯科医師にとって赤字になってしまうので、それをよく理解したうえで相談されるといいかと思います。(場合によっては自由診療でお願いしたほうが良いかもしれません)

2.ラバーダム防湿で根管治療をするメリット

2-1.細菌が根管に侵入するのを防ぐことができる

根管治療の成否を決めるのは、細菌を根管内に入れない事を達成できるかどうかになります。

1965年にKakehasi先生という日系アメリカ人が無菌ラットの歯に神経に到達する穴を空けて観察したところ、炎症は起きなかったことが報告されています。つまり、細菌が居なければ痛みは出ないということが解ったのです。

そこで重要になってくるのがラバーダムです。細菌の侵入する機会を少しでも減らすというのは根管治療を成功させる必要条件と言えます。

2-2.呼吸中の水分を防ぐことができる

ラバーダムを使う利点は呼気の中の水分を隔離出来ることも大きいです。

根管治療ではミラーテクニックが大事になるのですが、ミラーが呼気で曇っては治療がはかどりません。

また、コンポジットレジン修復も、接着操作が重要な治療なのですが、水分が無い方がより強く付きますので、ラバーダムは有効と言えます。

2-3.強力な消毒液を使うことができる

ラバーダムと同じような目的でチューブ状のホースを歯の周囲にかけて防湿する方法もありますが(ZOOなど)、ラバーダムとの違いは、歯の表面を強力な消毒液で消毒しても、歯茎に消毒液が付着しないので安全に治療が出来るということです。

歯科で用いる薬剤の中では殺菌作用を高めるために粘膜に付くと火傷のようになってしまうものも少なくありません。

唾液の侵入防止と歯に付けた薬液の口腔内への漏洩の双方がかなうものは、現在ラバーダムしかないと言えます。

2-4.安全で精密な施術を行える

口腔内に器具を落とすというアクシデントは非常に多く、食道や気道にはいると危険です。

ラバーダムによってそのようなリスクを回避することが可能になります。

3.根管治療以外でラバーダム防湿法が有効な治療

3-1.コンポジットレジン修復

コンポジットレジン(白い樹脂を光で固めて歯を修復する)は、水分に弱いという特徴があります。

唾液をしっかり防いで、呼気も遮断してくれるラバーダムは可能であれば使うほうが良いでしょう。

3-2.小児の予防処置

シーラントという、生えたての歯に、レジンのようなもので虫歯になりやすい部分をカバーするという処置があります。

子供は唾液が多いのでシーラントが唾液にさらされながら付けられてしまうと外れやすくなってしまいます。

4.注意点

4-1.ラバーダムは保険で算定できない

ラバーダムは保険で請求することが出来ませんので、歯科医師の完全な善意か、実費で負担して頂くことになります。

4-2.鼻で呼吸できない方は歯科医師に相談を

鼻づまりで口でしか呼吸出来ない方はあらかじめ歯科医師に相談してください。
大抵は治療可能ですが、場合によっては難しいので、日をあらためたほうが良いことがあります。

まとめ

根管治療や、その他の治療でラバーダムは大きな利点があり、逆にデメリットは歯科医師サイドにしかありません。
しかし、日本の保険制度で使ってもらうことは中々難しいのが現実です。
根管治療で中々良くならない、これから神経を取らないといけない歯があるという患者さんは、大切な歯を守るためですので、しっかり下調べをして、治療に臨まれるのが重要だと思います。

Author: 北條 弘明 (歯科医師/ほうじょう歯科医院新日本橋 院長)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!