根管治療の途中や治療後に痛みが出た!その原因と対処法

予防と知識

虫歯


根管治療 痛み

歯の根の治療中、または治療後に痛みがあり辛い思いをしているという方も多いのではないでしょうか。それに痛みがなかなか治まらないと不安になりますよね。
今回は根管治療中、治療後に起こる痛みの原因と対処法について解説します。ぜひ参考にしてください。

1. 根管治療とは

神経のなくなった歯の根の中を、リーマ、ファイルと呼ばれる器具で殺菌、消毒し、歯の根の中を害のない材料で満たし、細菌が入りこまないようにして神経がなくなってしまった後も歯を長く使っていくための治療です。

1-1. 神経を抜く治療(抜髄)

虫歯によって神経を取り除く治療、または外傷などによる歯の亀裂、歯の神経の壊死によって神経を取り除く治療のことで、一般的に治療回数が少なく、治療成績は良いとされている。

1-2. 細菌感染してしまった歯の根の治療(感染根管治療)

以前、外傷などにより歯の神経が壊死してしまい症状のないまま慢性的に感染してしまった場合。

また、以前の根管治療後の再感染による場合に行う根の治療で1-1抜髄より治療回数が多くかかることがあり、散ろう成績も劣るとされている。

2. 治療中の痛みの原因と対処法

2-1. 神経を抜く際の痛みのある場合

「神経を抜く」と聞くと誰もが痛みをともなうと思うかもしれませんが、通常は麻酔をし、神経を抜くので痛みなく処置することができます。

しかし、痛みが強いなど急性症状がある場合には、歯髄炎といってはの神経の中で血液が充血していて、通常の麻酔がききにくく、処置中痛みを感じることがあります。

対処法1

少し痛みを我慢し、直接歯の神経に麻酔をしてもらい、神経を抜く処置をしてもらうことになります。

歯の神経の直接の麻酔はかなり痛いようですが、一瞬えあり処置後は約1日で痛みはひきます。

対処法2

その日は処置を中断し、消炎鎮痛剤にて痛みが軽減した後日に処置をするという選択肢もあります。

この場合は3~5日ほどで、徐々に痛みは軽減します。

どちらも神経を抜く処置をした後は、心配であれば鎮痛剤を服用すれば大丈夫でしょう。

2-2. もともと神経がない歯の根の治療をする際の痛みある場合

すでに神経がない歯ですので、処置中に大きな痛みがでることはあまりないのですが、痛む場合には歯の根の先の周りの組織が炎症を起こしている痛み、あるいは歯の根の枝分かれしている細かい神経の残留によって痛むこともありますので、この場合には遠慮なく申し出て麻酔をしてもらうと良いでしょう。

2-3. 2回目以降、根の治療の際に痛みある場合

神経がないので、基本痛くはありませんが、歯の根の周りの組織の痛み、炎症があったり、一部の神経が在留していることによって痛むことがあります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!