根管治療の途中や治療後に痛みが出た!その原因と対処法

予防と知識

虫歯


根管治療 痛み

歯の根の治療中、または治療後に痛みがあり辛い思いをしているという方も多いのではないでしょうか。それに痛みがなかなか治まらないと不安になりますよね。
今回は根管治療中、治療後に起こる痛みの原因と対処法について解説します。ぜひ参考にしてください。

1. 根管治療とは

神経のなくなった歯の根の中を、リーマ、ファイルと呼ばれる器具で殺菌、消毒し、歯の根の中を害のない材料で満たし、細菌が入りこまないようにして神経がなくなってしまった後も歯を長く使っていくための治療です。

1-1. 神経を抜く治療(抜髄)

虫歯によって神経を取り除く治療、または外傷などによる歯の亀裂、歯の神経の壊死によって神経を取り除く治療のことで、一般的に治療回数が少なく、治療成績は良いとされている。

1-2. 細菌感染してしまった歯の根の治療(感染根管治療)

以前、外傷などにより歯の神経が壊死してしまい症状のないまま慢性的に感染してしまった場合。

また、以前の根管治療後の再感染による場合に行う根の治療で1-1抜髄より治療回数が多くかかることがあり、散ろう成績も劣るとされている。

2. 治療中の痛みの原因と対処法

2-1. 神経を抜く際の痛みのある場合

「神経を抜く」と聞くと誰もが痛みをともなうと思うかもしれませんが、通常は麻酔をし、神経を抜くので痛みなく処置することができます。

しかし、痛みが強いなど急性症状がある場合には、歯髄炎といってはの神経の中で血液が充血していて、通常の麻酔がききにくく、処置中痛みを感じることがあります。

対処法1

少し痛みを我慢し、直接歯の神経に麻酔をしてもらい、神経を抜く処置をしてもらうことになります。

歯の神経の直接の麻酔はかなり痛いようですが、一瞬えあり処置後は約1日で痛みはひきます。

対処法2

その日は処置を中断し、消炎鎮痛剤にて痛みが軽減した後日に処置をするという選択肢もあります。

この場合は3~5日ほどで、徐々に痛みは軽減します。

どちらも神経を抜く処置をした後は、心配であれば鎮痛剤を服用すれば大丈夫でしょう。

2-2. もともと神経がない歯の根の治療をする際の痛みある場合

すでに神経がない歯ですので、処置中に大きな痛みがでることはあまりないのですが、痛む場合には歯の根の先の周りの組織が炎症を起こしている痛み、あるいは歯の根の枝分かれしている細かい神経の残留によって痛むこともありますので、この場合には遠慮なく申し出て麻酔をしてもらうと良いでしょう。

2-3. 2回目以降、根の治療の際に痛みある場合

神経がないので、基本痛くはありませんが、歯の根の周りの組織の痛み、炎症があったり、一部の神経が在留していることによって痛むことがあります。

この場合は遠慮なく申し出て麻酔をしてもらったり、処置後鎮痛剤を服用すると良いでしょう。

3. 治療後の痛みの原因と対処法

3-1. 神経を抜いた後、麻酔がきれた後の痛みのある場合

鎮痛剤の服用にて経過を見るとよいでしょう。

これは処置により刺激が加わるため、一過性に術後疼痛が起こることがあるためです。

また根管経常により完全に歯髄を取り除けなかった可能性もありますので、まずは鎮痛剤の服用をし、様子を見て下さい。

ほとんどが1~3日で痛みは軽減するでしょう。

3-2. 根管治療後、しばらくして痛みが出た、歯ぐきが腫れた場合

仮のつめ物をとって内部圧力を抜く。歯ぐき腫れた時には場合によって切開してもらう。

根管の内部または根の先の骨の中に細菌や細菌の死骸である膿がたまっていて、根管治療により内部圧力が亢進し、圧力の逃げ場がなくなりこもってしまい痛みが出ることがあります。

この場合には仮のつめ物ではずして内部の圧力を抜くことが、必要になりますので、御自身で仮のつめ物を取り除くか、歯科医院を受診して下さい。

また歯ぐきが腫れて痛い場合にも歯科医院を受診して下さい。

3-3. 根管充填後の痛みある場合

3-3-1. 鎮痛剤で様子をみる

根管充填とは、根管を殺菌消毒した後、薬剤を緊密に圧をかけて充填する処置ですので、数時間~数日で痛みが治まることが多いです。

心配ならば鎮痛剤を服用するのもよいでしょう。

3-3-2. 数日経過しても痛む場合

歯にヒビがないっている。割れている。抵抗力、免疫力が低下しているため改善する力が弱いことも考えられます。

そのまま経過を見て、自然治癒を期待するか外科的処置を行うこともあります。

また、根管形態が複雑で根管に空気が入ってしまい、緊密に充填できない場合の痛みも考えられますので、再度の根管治療、または専門医(自費治療になりますが)への受診もおすすめします。

3-4. その他の痛み

3-4-1. 根管治療後咬むと痛む場合

咬み合わせの調整をしてもらうことで改善することも多いです。

処置したことによる一過性の過敏状態、また歯と骨との間にある歯根膜という部分の炎症による痛みとも考えられますので、咬み合わせの調整をしてもらい安静にすると良いでしょう。

3-4-2. 根管治療後、同じ側の他の歯が痛む場合

関連痛といって、根管治療により近くの歯、咬み合わせの部位に歯にいようがあって、痛みが出た可能性もあります。

やはり、歯科医院を訪れ、精査をしてもらうことをおすすめします。

神経を抜いた後の痛みについて、詳しくは「痛みが続く場合は要注意!神経を抜いた歯が痛い原因と対処法」をご覧ください。

4. 注意しておきたいこと

4-1. 治療中の歯ではなるべく咬まない

治療中の歯は一過性の過敏状態になっているため、安静にしておくことが痛みの予防になります。また、歯が欠ける、仮のつめ物がとれるなどの予防にもなります。

4-2. 治療の期間を空けすぎないようにする

内部で細菌増殖し、感染悪化したり、仮のつめ物がとれて、根管に細菌が入り込んで悪化したり弱くなった歯質がハセツしやすくなったりしますので、なるべく1カ月以上治療をあけたりしないようにしてください。

4-3. 炎症がある時には血流の良くなる事は避ける

アルコール摂取、過度な運動、サウナなど血液循環が良くなることで、炎症の悪化、痛みの悪化につながるので避けましょう。

4-4. 休息をとり、ストレスを減らし、睡眠をしっかりとる

やはり御自身の自己免疫力、自然治癒力も大事ですので、休息をとり、免疫力を高めましょう。

まとめ

誰でも痛みがない根管治療を望んでいると思いますが、全く痛みがなく根管治療を受けることは難しいことです。

痛みの原因、対処法を知っていただくことで歯を残すための根管治療を安心して受けていただけたらと思います。

Author: 小野澤 彰(歯科医師/歯科オノザワ院長)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!