ほとんど歯を削らない!前歯に最適な接着ブリッジを徹底解説

予防と知識

お口の治療


shutterstock_394533439_720

前歯を失った後の治療法として、ブリッジを考えているけど、なるべく歯を削りたくないと思う方は多いのではないでしょうか。

ブリッジは抜けている部位の両隣の歯を削り、抜けている歯の部分を含めて橋を架けるように連結されたかぶせ物のことを言います。

これに対し、接着ブリッジは健康な歯をほとんど削らずに、両隣の歯に接着して歯のない部分を補う方法です。

そこで今回は、接着ブリッジの特徴やメリット、デメリットについて解説します。ぜひ参考にしてください。

1.接着ブリッジとは

欠損している歯の両隣の歯を土台として、人工歯を接着性のレジン(歯科用の白いプラスチック剤)で貼り付けるタイプのブリッジです。

レジンは歯科治療で最も頻繁に使用されている材料です。

歯を削る量は原則エナメル質にとどめるため、健康な歯をほとんど削らずにできます。

〈従来のブリッジ〉

欠損している歯の両隣の歯を土台として、橋(ブリッジ)をかけるように人工歯を被せる治療法です。

両隣の歯は土台にするため、多くの量を削ることとなります。

bridge004

1-1.接着ブリッジを行える条件

●土台となる歯は神経が残っていて健全なエナメル質が十分残っていない

●失った歯が1~2歯の場合

●噛み合わせ、歯並びに問題がないこと

●歯ぎしり、食いしばりが強すぎないこと

●歯周病などにより、歯がぐらついていないこと

1-2.こんな人におすすめ

●若年者など歯の成長段階でダメージを与えたくない人

●身体の状態などでインプラントなど手術をしたくない人

●部分入れ歯は避けたい人

●歯を削りたくない人

2.接着ブリッジと一般的なブリッジとの比較

接着ブリッジ  通常のブリッジ
歯を削る量 少ない 多く削る必要あり
強度 固定強度弱い 固定強度強
歯、神経への影響 エナメル質にとどめるため
歯、神経に優しい
削る量が多く歯、神経への
ダメージが大きいこともあり
適応部位 前歯など咬む力が強く
かからない部分に限られる
ほとんどの部位で可能
麻酔 不要 必要
費用 自費治療になるためやや高額
保険適応の場合もあり
多くの場合保険が適用
状態により自費治療になることもあり
治療回数 少なくすむ 歯肉状態、神経の状態により
多くかかることもあり

3.メリット・デメリット

【メリット】

●両隣の歯をほとんど削らずすむ

●歯をおおう部分が少ないため、歯肉への影響が少ない

●麻酔をせずに治療ができる

●神経を取らずに治療することができる

●治療回数、時間が少なくすむ

「直接CR接着ブリッジ」などでは治療回数も少なくすむことがあります。

※直接CR接着ブリッジ
欠損している歯の両隣の歯に直接コンポジットレジンまたはハイブリッドレジンにて人工歯を接着して作るブリッジ治療です。
型取りをせず一回でできる方法ですが、通常の接着ブリッジに比べさらに固定力は劣ります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!