本気で治したい方必見!歯槽膿漏の症状と治療法を徹底解説

予防と知識

歯周病


shutterstock_115198234_720

歯茎が腫れている気がする、歯磨きすると血が出る、口臭があるなどの症状で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
それは歯槽膿漏(歯周病)の可能性が高いです。

あまり痛みなどの自覚症状がないため気付かないうちに症状は進行してしまい、放置しておくと歯の周りの骨まで溶けて膿が溜まり最後には抜歯となることもあります。
今回は歯槽膿漏 の症状や治療法について詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

1.歯槽膿漏 (しそうのうろう)とは

歯槽膿漏とは、専門用語でいうと「歯周病」と同じ意味で使われています。

歯周病はギネスブックに、人類史上最も感染者の多い感染症と記載されるほど感染者の多い感染症で、歯が抜ける原因の第一位を占めるほどリスクの高い病気です。

歯の周りの磨き残し(プラーク)が歯茎の中に入り込み、細菌が繁殖して歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。

初期段階では歯茎に炎症が起こり、腫れたり出血したりします。

悪化すると膿が出て、歯槽骨が溶け出し、歯を支えている組織が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

periodontal_disease_about1

1-1.歯槽膿漏は治るのか

歯槽膿漏は、初期の段階であれば治ることが知られています。

歯茎の周りに汚れがたまっている程度なら、数回の治療で治すことができますが、膿が出ている状態が何年のつづている場合は、治すことは難しいでしょう。

何か変だなと症状を感じた時は、痛みがなくても歯科医院を受診することで、歯槽膿漏を予防することができます。

1-2.進行すると歯を抜かなければならい可能性も

歯槽膿漏は、初期の段階であれば、治すこともできますが、進行して膿が出続けている状態が何年も続いていると、歯がグラグラと動いてきます。

これは、歯が埋まっている歯の支えになっている顎の骨まで、細菌が悪さをし始めることが一つの原因です。

歯が埋まっている骨も歯槽膿漏でやられてしまうことによって、歯がグラグラし、状態によっては抜かなければいけないケースもあります。

1-3.身体の抵抗力が弱まると進行しやすい

歯周病の細菌が悪さをする時に戦っているのは、体の免疫力です。

抵抗力(免疫力)が弱まると、いくら戦っても歯周病菌に負けてしまいます。結果として、歯槽膿漏を悪化の方向へと進行させてしまうことになります。

1-4.予防も進行抑制もプラークコントロールが大事!

歯槽膿漏は、予防するにも抑制するにも、基本としては、毎日の食後の歯磨きが欠かせません。

磨き残しの汚れが歯茎の周りに残っていると歯茎の炎症をおこし、歯周ポケットができてきます。

歯周ポケットに汚れが入り込むとさらに歯槽膿漏の状態が悪化してしまいますので、ご自身でできることは正しい歯磨きの方法で汚れをきちんと取り除くことです。

2.歯槽膿漏の症状

歯槽膿漏の症状は様々です。自分でも分かる症状についてまとめてみます。

2-1.歯磨きで出血する

歯磨きをすると、どこからかわからないけど出血する、という場合は、歯槽膿漏の危険性があります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!