歯を失わないために!歯槽膿漏の原因と基本治療を徹底解説

予防と知識

歯周病


shutterstock_187399091_720

歯茎が腫れて、膿んだりして口臭がひどい歯槽膿漏で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
歯槽膿漏は、歯周病と言われるお口の中の生活習慣病です。

歯槽膿漏は、磨き残し(プラーク)の中にいる『歯周病菌』が歯茎の溝の中で繁殖し、歯茎の周りに炎症が起き、そのまま放置しておくと歯が抜け落ちてしまうこともある怖い病気です。

しかし、早めの治療と適切なケアを行えば進行を食い止めることは可能です。

そこで今回は歯槽膿漏の原因と予防方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

1.歯槽膿漏 (しそうのうろう)とは

歯槽膿漏とは、専門用語でいうと「歯周病」と同じ意味で使われ歯周病が進行した状態です。

歯を支えている歯槽骨の部分に、膿がたまった状態を表現して、「歯槽膿漏」と言われるようになりました。

歯の周りの磨き残しが歯茎の中に入り込み、細菌が繁殖して悪さをします。その時に体の細胞が細菌と戦い、戦った後の状態が「膿」としてでてきます。

初期段階では歯茎に炎症が起こり、腫れたり出血したりします。

悪化すると膿が出て、歯槽骨が溶け出し、歯を支えている組織が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

periodontal_disease_about1

1-1.歯槽膿漏の症状

・歯磨きで出血する
・歯茎が腫れている
・歯と歯の間に隙間ができてきた
・歯茎が下がってきた
・歯がしみる
・口臭がする
・歯がぐらついている

1-2.歯槽膿漏は人から人へうつる感染症

歯槽膿漏は、お口の中の細菌による感染症です。

歯周病の原因である細菌は、人から人へうつると言われています。

細菌は唾液を介してうつるため、歯槽膿漏の症状のある人とのキスなどの唾液を介する行為で感染する可能性があります。但し、細菌が感染したからといって必ずしも発症するとは限りませんので安心してください。

歯槽膿漏の症状は、感受性や全身疾患、歯磨きの程度、ストレスなどのさまざまな要因がからみあって症状が現れると言われていますので、予防することも可能です。

2.歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏になるのは、ざまざまなことが絡み合って症状が現れると言われています。

2-1.歯磨き不足

歯槽膿漏になる原因は、歯磨き不足により磨き残しが最初のきっかけになります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!