小臼歯に起こるトラブルや抜歯、矯正治療について徹底解説

予防と知識

お口の治療


shutterstock_422382784

小臼歯は歯列矯正の時に抜歯になるケースが多い歯です。

最近では非抜歯矯正もあり、必ず抜歯になるということではありませんが、小臼歯を抜くと言われたら不安になりますよね。

また、小臼歯は他の歯よりもトラブルがおこりやすい歯と言えます。そこで今回は、安心して治療を行ってもらえるよう、小臼歯の抜歯と小臼歯に起こりやすいトラブルについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

 1.小臼歯とは

小臼歯は八重歯の次にある歯で上下、左右に2本づつあります。

手前にあるのが、第一小臼歯で奥に生えているのが、第二小臼歯と呼ばれています。
第一小臼歯は犬歯の後ろで、第二小臼歯は大臼歯の前に生えています。

1小臼歯とは

小臼歯の歯並びが悪くなる原因は、生える順番にあります。

特に下顎に生える小臼歯は生え変わりの際に、一番最後に生え変わるため、生えてくるスペースが少なくなり、内側に倒れた状態になる場合があります。

2.小臼歯に起こりやすいトラブル

2-1.先天性欠損

先天性欠如とは、もともと小臼歯が全く無い状態のことをいいます。

乳歯がなかなか抜けなかったり、ぐらぐらしてこないという場合に、小臼歯が先天的に無いことがあります。
その場合は、歯科医院でレントゲンを撮影してもらい、小臼歯があるかどうか確認してもらうと良いでしょう。

2-2.埋伏歯

歯はしっかりあるが、顎の骨の中に埋まって生えてこない歯を「埋伏歯」といいます。

特に上顎の小臼歯でみられることが多く、レントゲンでみると顎の中に埋まっているのがわかります。

場合によっては、まわりの歯茎が腫れたり骨に影響を及ぼすことがありますので、定期的なチェックが必要です。炎症がある場合や他の歯に影響がでている時は、手術をして抜歯することも考えられます。

2-3. 内側に倒れて生える

小臼歯は、生える順番の都合上、生えてくる隙間がなくなり斜めに生えてしまうことがあります。

特に下の小臼歯に起こりやすく、最後に生え変わるため隙間がなく、仕方なく内側に倒れこんだ状態で生えている人も多いのです。
倒れこんでいるので、歯磨きがしずらく、歯茎の炎症も起こりやすく舌にあたるので舌を傷つけてしまう方も多く、悩みが多い場合には抜歯をして矯正治療をおすすめすることもあります。

2-4.中心結節

中心結節は、特に小臼歯の噛み合わせの部分に突起物ができているような歯のことをいいます。

歯の一部がでべそのように盛り上がっているため、硬いものを食べると折れやすいと言われています。

折れると歯の神経の管に近いため、神経の治療が必要になることもあるため、状態によっては早めに治療をする場合もあります。

1-4中心結節
出典:日本病理画像アトラスより引用

中心結節について詳しくは「子供にできる歯の異常!中心結節で起こりやすい症状と治療法」をご覧ください。

3.小臼歯を抜歯するケース

3-1.矯正治療

矯正治療の時にどうしても抜歯をしなければならない時は、小臼歯が選択肢にあがってきます。

もともと、歯並びが悪かったり、八重歯がある場合は小臼歯もなんらかの歯並びの問題がでていることもあります。
また、犬歯(八重歯)にあたる歯は硬い食べ物やお肉などを噛み切る時に重要な役割を果たしますので、犬歯を残す代わりに小臼歯が抜かれる選択肢となる場合がほとんどです。

3-2.歯並びが極端に悪い場合

小臼歯は最後に生え変わるため、極端に歯並びが悪く、内側に倒れこんでいる場合があります。

歯並びの列(歯列)には全く並んでおらず、抜いても歯並びに影響しない小臼歯であれば、抜歯をすることがあります。
抜歯をした方が歯磨きをしやすくなったり、舌を傷つけなくなったりとメリットのある場合は抜くという選択肢を考えることも一つです。
最近では、抜歯した歯を保存することもできますので、いざという時に保存ができていれば、活用することができるかもしれません。

4.小臼歯を抜歯後の治療法

4-1.矯正治療

矯正治療を行うことを前提で小臼歯を抜歯することもありますが、抜歯した場合は部分的な矯正治療をして、スペースを埋めることもできます。

矯正の装置を部分的につけるだけの場合や、片顎のみ(上の歯のみ、下の歯のみ)に装置をつける場合などさまざまです。
矯正専門医のアドバイスで適切な治療が行えます。

矯正と抜歯について、詳しくは「歯列矯正で抜歯が必要な理由と非抜歯の4つのデメリット」をご覧ください。

4-2.インプラント

さまざまな原因で抜歯をしてしい、スペースが埋まらない場合は、インプラント治療を選択することもできます。

スペースが埋まらない場合で他の歯を削ったり、かぶせたりしたくない場合は、スペースにインプラント治療を行い、噛み合わせと歯並びなどの機能を回復する治療が行われます。

インプラントについて、詳しくは「インプラント治療を選ぶ前に知っておくべきデメリット」をご覧ください。

4-3.ブリッジ

小臼歯を抜歯した際にブリッジという選択肢もあります。

ただし、その場合は、奥に生えている小臼歯を抜いた場合のブリッジは保険の適応になります。前に生えている小臼歯を抜いた場合は保険が適応されない場合もありますので、歯科医院で相談してみましょう。

どちらにしても、前後2本の歯を削って被せ物を入れることになります。納得した治療を受けるためにもかかりつけ医と相談をしましょう。

ブリッジの費用については「ブリッジの治療費用っていくらかかる?保険診療と自費診療」をご覧ください。

4-4.入れ歯

インプラントもブリッジも気がすすまないという方は、1本義歯(入れ歯)を選択するのも一つです。

入れ歯にしておけば、将来、ブリッジにもできますし、インプラントにすることも可能です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!