赤ちゃんのためにも!妊娠中の歯やお口のトラブルとケア

予防と知識

お口の治療


00

妊娠して歯やお口のトラブルに悩まされる方も多いのではなでしょうか。

妊娠によって、女性ホルモンが増えることで口の中の状態は大きく変化します。歯とお口のトラブルには特徴的なものがいくつかあります。

ここでは、妊娠中の歯のトラブルとその対処法を紹介しますので参考にしてみてください。

うまれてくる赤ちゃんのためにも、まずはお母さんのお口のトラブルをなくし、不安なく、安心して、出産できる環境をつくりましょう。

1.妊娠中によくあるお口のトラブル

1-1. お口の乾燥

妊娠初期は、ホルモンバランスの影響で唾液がでにくくなることがあります。

お口の中が乾燥していると、唾液で汚れを洗い流すことができず、汚れがたまってしまい、虫歯や歯周病の原因になると言われいます。

お口の中をできるだけ保湿していることが大切です。

1-2.唾液つわり

唾液に関連して妊娠期に起こる症状で唾液つわりがあります。

泡状の唾液になり、飲み込むと気持ち悪く、ティッシュなどに吐き出している妊婦さんも多いのではないでしょうか。

唾液を頻繁に吐き出すことが続けば、それもまた、お口の中を乾燥状態にしてしまいます。

唾液つわりは長い人で妊娠後期まで続くと言われていて、唾液を飲み込めない状態はとても辛いです。

唾液つわりに伴う、お口の乾燥状態に関しても、自分にあった対処法で守りましょう。

対処法
お口が乾燥していると思ったら水分を取りましょう。
飴やガム、タブレットで唾液がでる環境を作りましょう。
唾液つわりの人は、自分にあった方法を試してみてください。

※この時、砂糖の含まれている食品を選ぶとかえって虫歯になるリスクを高めてしまいますので、砂糖の含まれていないノンシュガーのものを選ぶと良いでしょう。

ノンシュガー製品

キシリトールセット

販売:ロッテ
商品:キシリトールタブレット(オレンジ・ミント・グレープ・いちご)
価格:270円

1-3.虫歯

妊娠中は、食事回数が増えることや、つわりや、お口の乾燥、酸性食品摂取など様々な要因で虫歯になりやすいです。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!