妊婦になったら歯科検診に行くべき!その理由と治療について

予防と知識

予防歯科


00

妊娠して歯科検診に行った方が良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
又、「妊娠中に虫歯が増えてしまった」「歯茎が腫れやすく歯ブラシをした時に出血してしまう」など感じている方も多いと思います。
妊娠中はお口の中にも変化が起こりますが、なぜ変化が起こりやすいのでしょうか?
それは女性ホルモンの変化と細菌に関係があります。
今回は妊娠中の歯科検診についてお伝えしますので、妊娠期のお口の変化に悩まれる方の参考になればと思います。

1. 安定期(4か月)に入ったら歯科検診を!

妊娠初期(〜15週)は胎児の感受性が高い為一般的には控えて頂いた方が良いです。つわりも減退してくる安定期から歯科治療を受けて下さい。
また妊娠後期(28週〜)はお腹が大きくなりユニット(治療を受ける時に座る椅子)を倒す際に仰臥位性低血圧(お腹が圧迫され苦しくなったり気分が悪くなってしまう症状)を起こしてしまう恐れがあります。

2. 歯科検診を受けないデメリット

妊娠中は積極的な治療が難しくなります。痛みが出た際、非妊娠時に出されていた薬が服用できず痛みに悩まされる事もあります。痛くなってから歯科医院にかかるのではなく安定期に入ったら積極的に検診を受け口腔内を整えて下さい。

3. 妊婦によくある5つのお口のトラブル

妊娠中は非妊娠時に比べホルモンが10倍〜1000倍に増えると言われています。これらのホルモンは口腔内にも影響を及ばします

3-1. 歯肉炎になりやすい

妊娠中はホルモンの変化とプラークの存在により歯肉炎になりやすいです。
中期〜後期にかけて症状が現れ悪化しやすくなります。
また、歯肉炎の原因となるプラークは炎症関連物質であり血液に運ばれ子宮の収縮を起こし早産の原因とも言われています。

妊娠性歯肉炎の症状
01

3-2. 虫歯になりやすい

妊娠初期は、つわりの影響によりブラッシング困難になります。非妊娠時も同じ事ですがブラッシング不足は虫歯の原因となります。それに加え妊娠時は、つわりにより胃酸が逆流し口の中を酸性にします。口腔内が酸性に傾くと虫歯のリスクが上がります。結果、虫歯になりやすくなります。
妊娠時は積極的な薬の服用が難しいため痛みに悩まされストレスを感じ、母体だけではなく胎児にも影響を及ぼします。

3-3. お口のネバネバ・口臭が起きやすい

妊娠中は細菌の変化やストレスにより唾液の分泌量が減少します。唾液には自浄作用(自然に生じる殺菌、消毒効果)があるので口腔内が乾燥すると細菌が繁殖しお口のネバネバや口臭が起こります。

3-4. 妊娠性エプーリスについて

妊娠時独特の症状であり上の前歯の歯肉が大きく腫れてしまう症状です。
妊娠16週前後に症状を感じやすく出産後には消失してしまうのが特徴です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!