妊婦は虫歯になりやすい!その原因と予防法、治療について

予防と知識

虫歯


00

妊婦は虫歯になりやすいと聞いたことはありませんか?実際に妊娠してから虫歯が増えてしまった妊婦さんもいらっしゃると思います。妊娠中のさまざまな要因から虫歯ができやすくなります。疑問を1つずつ解決して不安をなくしましょう。

1. 妊娠中に虫歯になりやすい理由

妊娠中は唾液の性質、分泌量の変化や、つわりによる食習慣の変化など様々な変化がおこり虫歯になりやすくなります。

1-1. つわりで歯磨きがしっかりできない

つわりの時期の歯磨きは気持ち悪くなる妊婦さんが多くみられるようです。つわりの時期は無理をせず体調の良い時に磨くようにしましょう。なるべく気持ち悪くならないように歯磨きをするポイントを紹介します。

① 無理をせず体調のよい時に磨く事

② 歯磨き粉は香料の少ないものを選ぶか、つけなくてもOK
香料のきついもので気持ちが悪くなる事がよくあるようです。香りの優しいものを選ぶか、歯磨き粉自体で気持ち悪くなるならつけないで磨いてみましょう。

③ 歯ブラシはコンパクトなものを選ぶ
歯ブラシが舌に当たると気持ち悪くなる事が多いのでなるべくブラシの部分のコンパクトなものを選びましょう。

④ 歯磨きの姿勢は下向きに、奥歯から磨く
歯磨きの時お口中に溜まる唾液がノドの方に流れていくと気持ちが悪くなりやすいので洗面台の前で下を向きながら磨くのもポイントです。
その際は奥歯から汚れを掻きだすように小さく細かく動かしながら磨くと気持ち悪くなりにくいです。

⑤ どうしても磨けないときはデンタルリンスでうがい。
それでもどうしても磨けない時もあると思います。そんな時は無理をせずデンタルリンスやお水でうがいをしましょう。

1-2. ホルモンバランスの影響によるもの

妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れる事により歯茎の腫れが起きやすくなり(妊娠性の歯肉炎)、唾液の性質が変化し少し粘液度が増しドロドロ気味になり、分泌量も減ります。

それによりお口の中が酸性に傾きやすく唾液の抗菌作用、自浄作用の低下が起きやすく虫歯になりやすくなるのです。

1-3. 食生活の変化

妊娠初期はつわりの影響で少ない食事量を複数回に分けて食べるようになったり、食事の好みが変化したり偏ったりすることがあります。食事の回数が増える事によりお口の中のpHが酸性の状態に傾き、その状態が続きやすくなります。

お口の中が酸性に傾く事により歯の脱灰がすすんで虫歯になりやすくなります。

1-4. お口の中が酸性になる

これまでお話したようにホルモンバランスの変化による唾液の性質や分泌量の変化や食習慣の変化によりお口の中pHが酸性に傾きやすい事があげられます。さらに妊娠初期のつわりの時期は胃酸が逆流する事により酸性度が高まります。

2. どうして妊娠中に虫歯治療しておかないといけないの?

妊娠中の虫歯治療は妊婦さん自身の為でもあり産まれてくる赤ちゃんの為でもあります。
産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌も歯周病菌も存在しません。虫歯や歯周病の原因菌も細菌なので感染するのです。家庭内の感染が一番多く、特に一番長い時間赤ちゃんに接する母親からの感染が多いのです。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!