歯の専門家が行うクリーニング!PMTCの5つのメリット

予防と知識

予防歯科


shutterstock_234990997_720

毎日しっかり歯磨きしているつもりでも、歯周病や虫歯の経験がある方は多いのではないでしょうか。

PMTCは専門の教育を受けたスタッフが専用の器具を使い、毎日の歯磨きでは除去できていない歯の汚れや細菌の巣(バイオフィルム)を取り除くことを言います。

PMTCは歯をキレイにするだけでなく、虫歯や歯周病を予防することが最大のメリットです。

今回は、PMTCの効果や費用、施術の手順について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.PMTCとは

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が機械を使った歯面の清掃のことをいいます。

歯面の清掃では、主に患者さん自身では磨ききれなかった汚れや、たまってしまった歯石などをきれいに取り除きます。

また、お口の中の細菌たちが膜状に集合したバイオフィルムを除去することも目的です。

1.PMTC

1-1.バイオフィルムとは

バイオフィルムとは、お口の中の細菌たちがネバネバとした物質をつくり、お互いにくっつきあっている微生物の集合体です。

プラーク(歯垢)は歯ブラシで磨いて取り除くことができますが、バイオフィルムは歯ブラシで磨いても取り除くことができないのが大きな違いです。

そのため、歯科衛生士が専門的な機械を用いて、バイオフィルムを除去していくことが必要になります。これがPMTCとよばれるクリーニングです。

バイオフィルムは、日常生活でいうと、台所の三角コーナーのヌメリや花瓶の中に水を入れたままで古くなった時の花瓶内のヌメリ、浴槽の隅にできるヌメリのある汚れなどが、バイオフィルムです。また、コンタクトレンズにもバイオフィルムができることも知られています。

1-2.保険診療でのPMTC(クリーニング)

PMTCは、機械を用いた清掃です。保険診療内でも、定期検診に行った際に行うことが可能です。3ヶ月に1度の割合で、定期的に実施しすることでう蝕や歯周病の予防につながります。

保険診療では、予約時間30分程度で、PMTCの前に歯周組織の検査、歯石除去、歯磨き指導なども一緒に行いますので、お口の状態に合わせて、数回にわけて行うことが多いです。

2、3回の通院で、費用は、毎回2,500円から3,000円程度になります。

1-3.保険外でのPMTC

保険外での PMTCでは、保険診療とは異なり、歯周組織の検査、歯石除去、歯磨き指導に加え、予防プラグラムの立案、予防プランの提案などを1回で行うことができます。

個人にあった、予防のプランを提案できるので、う蝕予防や歯周病予防のためのセルフケアについても詳しくアドバイスができる時間を作ることができます。

また、個人の虫歯のリスクや歯周病のリスクに合わせた、機械や機材を用い、適正な薬用成分が配合されたクリーニングペーストを使用しやPMTCを行うことが可能です。

1回の時間は60分から90分としっかり時間をとり、1回で終えることができます。

費用は、10,000円から20,000円と医院によっても、ことなります。

2.定期的にPMTCを受けるの4つのメリット

2-1.歯周病の予防

お口の中の歯ブラシでは取りにくい汚れをきれいに取り除くことで、歯茎の炎症を軽減します。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!