本当に歯周病を治したい方必見!歯ブラシの選び方と磨き方

予防と知識

歯周病


歯周病 歯ブラシ

歯茎が腫れている、歯茎から出血するなど、歯周病で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。歯周病を治すには、毎日の歯磨きで歯垢を取り除くこと(プラークコントロール)が必要不可欠です。歯磨きだけでは歯周病は改善しませんが、まずは自分の症状にあった歯ブラシ選びから始めてみてください。そこで今回は、一般的にある症状にわけて歯周病予防におすすめの歯ブラシの選び方やを歯垢をしっかり落とすための歯磨き方法などを解説していきます。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.歯周病にいい歯ブラシ選びの基準

虫歯予防と歯周病予防では歯ブラシ選びは大きくことなります。

歯周病の場合は、歯茎の溝(歯周ポケット)に汚れが溜まりやすくなっていますので、毛先が歯茎の溝に入りやすい歯ブラシを選ぶことが必要になります。

また、歯の磨き方によっては、毛の硬さの調整が必要な場合もあります。

歯周ポケットの改善方法について、詳しくは「手遅れになる前に!歯周ポケット改善方法とおすすめ商品」をご覧ください。

2-1.毛の硬さ

毛の硬さは、ふつうから少し柔らかめがいいでしょう。

歯茎が炎症している場合は、炎症の状態により、歯ブラシを少しづつ変えていくこともあります。

2-2.毛の太さ

毛の太さはふつうから、細めのものがおすすめです。

極細毛なども販売されていますが、炎症のある歯茎だと、かえって炎症を引き起こしてしまったり、歯茎を傷つけてしまったりすることがありますので、注意が必要です。

2.歯周病におすすめの歯ブラシ

歯周病の症状によって歯ブラシのおすすめを解説していきます。

2-1.炎症が少ない場合

炎症が少ない場合は、ふつうサイズの歯ブラシをおすすめします。

汚れもきちんと取り除き、歯茎の溝の周りにも毛先が届きやすいです。毛に“ねじれ”が施されているので、細いのにコシが抜群。プラークをしっかり落とせます。

2-1.2-1.2

販売:株式会社オーラルケア
商品:グッペリ
価格:300円
【磨き方】歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かします。(バス法)

2-2.炎症がある場合

炎症がある場合は、歯茎を傷つける可能性がありますので、まずは少し柔らかめの歯ブラシを使います。
炎症が治ってきたら、ふつうの歯ブラシに切り替えます。目安としては、1~2週間で歯ブラシを切り替えましょう。

炎症がある場合は、歯石も付いている可能性がありますので、歯磨きだけに頼らずに、歯科医院で歯石除去を行ってもらうことをおすすめします。

2-2.

販売:株式会社オーラルケア
商品:タフト24(スーパーソフト)
価格:150円
【磨き方】
炎症のある場合は柔らかい歯ブラシを使って、歯の表面にブラシの毛先をあてて磨きます。歯茎に触れて傷をつけないように注意しながら磨きましょう。
その後、普通のブラシに変えてからは、歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かします。(バス法)

2-3.出血を伴う炎症の場合

出血を伴う炎症の場合は、歯ブラシ選びを慎重に行います。

極細毛などは避け、フラットな形の柔らかめの歯ブラシを選びます。まずは、出血がなくなるように歯の周りの汚れをきちんと取り除き、
歯茎の周りもマッサージするように磨きます。目安としては、2~3週間です。

その後、出血がなくなったら、状態に応じて、ふつうより少し柔らかい歯ブラシを使い、その後、ふつうの硬さの歯ブラシへ移行していきます。
出血を伴う炎症の場合は、歯石も付いている可能性がありますので、歯磨きだけに頼らずに、歯科医院で歯石除去を行ってもらいましょう。

2-3.

販売:株式会社オーラルケア
商品:タフト24(エキストラスーパーソフト)
価格:150円
【磨き方】
炎症のある場合は柔らかい歯ブラシを使って、歯の表面にブラシの毛先をあてて磨きます。歯茎に触れて傷をつけないように注意しながら磨きましょう。
その後、出血が落ち着いてきたら、歯ブラシの毛を少し柔らかいものに変えて、同じように歯茎に触れない程度に磨きます。歯茎に触れても痛みがないようであれば、力を入れずに、歯茎をマッサージするように磨くこともいいでしょう。
その後、普通のブラシに変えてからは、歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かします。(バス法)

3.基本的な磨き方

3-1.歯1本分くらいの幅に小刻みに動かす

歯の表目に歯ブラシが当たっている状態で、1本1本丁寧に磨きていく方法が一般的です。

3-2.歯ブラシを斜めに当てて細かく動かす

歯茎の周りに汚れがたまりやすい人は、歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かす
バス法がおすすめです。健康な歯茎や炎症程度が少ない人にはバス法をおすすめしています。

3-2.歯ブラシ交換の時期

歯ブラシの交換は1ヶ月に1本を目安にしてください。もし、磨く時に力が入りやすい人は、歯ブラシの毛先が開いてきたら交換時期です。
毛先が開いている歯ブラシではいくら頑張って磨いても時間がかかるばかりで、綺麗に汚れを取り除くことが難しいです。

歯ブラシ交換の時期について、詳しくは「歯ブラシは1ヶ月で雑菌まみれ!正しく交換してお口を清潔に」をご覧ください。

3-3.歯磨き粉

歯周病予防には、歯周病菌の殺菌作用のある薬用成分の入った歯磨き粉を使いましょう。
たくさん泡立つ歯磨き粉は、磨く時間が短くなる傾向にありますので、低発泡性のものを選ぶと良いでしょう。

4.その他の歯周ケアグッズ

その他に、歯周病を予防するためのケアグッズとしては大切な用具は、フロスです。

歯周病は、歯茎のポケットの中に汚れがたまってきますので、フロスで歯と歯の間の汚れや歯茎の周りの汚れを取り除くことで、歯周病の予防効果が高まります。

デンタルフロス選びについて、詳しくは「もう迷わない!おすすめのデンタルフロスと選び方」をご覧ください。

5.歯周病ケアの基本

歯周病ケアの基本は歯磨きとデンタルフロスです。その他、生活習慣の見直しや嗜好品などの改善も歯周病ケアにつながります。

5-1.自宅で行うセルフケア

5-1-1.歯磨き

歯周病ケアには、毎日の歯磨きか欠かせません。1日3回食後に磨く週間をつけましょう。

ただ、磨いているのと磨けているのは違いますので自分にあった磨き方や正しい磨き方を身につけて、効率良く歯周病ケアをしましょう。

5-1-2.デンタルフロス

歯の表面の汚れは歯ブラシで磨いて取り除きます。歯茎の溝の周りの汚れはフロスを使って取り除くことで歯周病ケアの効果は高まります。
フロスをしている人と比べてしていない人は、圧倒的に歯周病になっているデータもありますので、歯周病ケアにはフロスは欠かせません。

デンタルフロスの使い方について、詳しくは「歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方」をご覧ください。

5-2.歯科医院で行う歯周病ケア

5-2-1.歯周ポケットの検査

まずは、歯周病の状態を把握するために、歯周ポケットを検査します。ポケットが深くなっていないか、汚れがどの程度たまっているかなどを検査します。

5-2-2.歯石除去

歯の表面や歯茎の溝の周りの歯ブラシではとれない歯石を除去します。

3ヶ月から6ヶ月ごと定期的に来院している人であれば、1回の来院で歯石除去は完了することが多いですが、何年も検診へ行っていない人は、その分、歯石とりにも時間がかかってしまいます。

5-2-3.PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士の専門スタッフが専用器具を用いて行う歯の清掃のことです。

歯石を除去した後は、歯の表面をキレイに磨いていくPMTCを行います。機械を使って歯の表面をキレイに磨き上げる施術です。
これを行うことにより、汚れがつきにくい歯の表面になり、歯周病も虫歯も予防効果が高まります。

5-2-4.歯茎マッサージ

歯周病で歯茎が炎症をしている場合は、歯茎のマッサージを行う医院もあります。

歯ブラシを用いたマッサージや手で歯茎をマッサージしていく方法など様々です。いずれにしても歯周病に効果のある薬用成分や歯茎に栄養を与えるビタミンなどが配合されているマッサージジェルを使用して行います。

5-2-5.フッ素塗布

最後に、フッ素を歯の表面に塗ります。

フッ素には虫歯予防効果以外にも歯周病菌や虫歯菌などの殺菌作用もありますので、歯周病ケアの最後にフッ素を塗ることをおこなっています。

5-3.生活習慣の改善

歯周病は生活習慣病と言われ、普段の生活に密接に関わりがあります。

5-3-1.食生活

食生活の乱れや偏った食事は、体の不調にもつながります。甘いお菓子を多く食べるなど、お口の状態にも大きく関わりますので
規則正しくバランスのとれた食生活が基本です。

5-3-2.嗜好品(タバコ)

嗜好品はお酒やタバコなどが歯周病と関連があることがわかっています。

特にタバコは歯周病の症状を鈍らせてしまいますので、本人が気づくような自覚症状がでた時には、かなり歯周病が進行していることもあります。

健康管理が歯周病管理の一環です。

5-3-2.ストレス

ストレスもまた歯周病との関連性が言われています。

ストレスから、唾液の量が減ったり、食欲がなくなったりすることでお口の中の状態も変化しやすいと言われています。普段からフトレスを感じやすい人は、ゆっくりと体と心を休める時間を作ることで、歯周病ケアの改善に努めましょう。

まとめ

歯周病予防におすすめの歯ブラシは、症状に応じて様々です。今回は一般的なものを紹介しましたが、お口の状態や歯茎の状態によって、ご自身にあった歯ブラシを選ぶことが大切です。
また、歯周病は生活習慣病です。歯磨きだけでなく、生活習慣の改善や定期的な歯科検診を行うことなどして、歯周病予防をして、健康なお口を保ちましょう。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!