本当に歯周病を治したい方必見!歯ブラシの選び方と磨き方

予防と知識

歯周病


歯周病 歯ブラシ

歯茎が腫れている、歯茎から出血するなど、歯周病で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。歯周病を治すには、毎日の歯磨きで歯垢を取り除くこと(プラークコントロール)が必要不可欠です。歯磨きだけでは歯周病は改善しませんが、まずは自分の症状にあった歯ブラシ選びから始めてみてください。そこで今回は、一般的にある症状にわけて歯周病予防におすすめの歯ブラシの選び方やを歯垢をしっかり落とすための歯磨き方法などを解説していきます。ぜひ参考にしてください。

1.歯周病にいい歯ブラシ選びの基準

虫歯予防と歯周病予防では歯ブラシ選びは大きくことなります。

歯周病の場合は、歯茎の溝(歯周ポケット)に汚れが溜まりやすくなっていますので、毛先が歯茎の溝に入りやすい歯ブラシを選ぶことが必要になります。

また、歯の磨き方によっては、毛の硬さの調整が必要な場合もあります。

歯周ポケットの改善方法について、詳しくは「手遅れになる前に!歯周ポケット改善方法とおすすめ商品」をご覧ください。

2-1.毛の硬さ

毛の硬さは、ふつうから少し柔らかめがいいでしょう。

歯茎が炎症している場合は、炎症の状態により、歯ブラシを少しづつ変えていくこともあります。

2-2.毛の太さ

毛の太さはふつうから、細めのものがおすすめです。

極細毛なども販売されていますが、炎症のある歯茎だと、かえって炎症を引き起こしてしまったり、歯茎を傷つけてしまったりすることがありますので、注意が必要です。

2.歯周病におすすめの歯ブラシ

歯周病の症状によって歯ブラシのおすすめを解説していきます。

2-1.炎症が少ない場合

炎症が少ない場合は、ふつうサイズの歯ブラシをおすすめします。

汚れもきちんと取り除き、歯茎の溝の周りにも毛先が届きやすいです。毛に“ねじれ”が施されているので、細いのにコシが抜群。プラークをしっかり落とせます。

2-1.2-1.2

販売:株式会社オーラルケア
商品:グッペリ
価格:300円
【磨き方】歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かします。(バス法)

2-2.炎症がある場合

炎症がある場合は、歯茎を傷つける可能性がありますので、まずは少し柔らかめの歯ブラシを使います。
炎症が治ってきたら、ふつうの歯ブラシに切り替えます。目安としては、1~2週間で歯ブラシを切り替えましょう。

炎症がある場合は、歯石も付いている可能性がありますので、歯磨きだけに頼らずに、歯科医院で歯石除去を行ってもらうことをおすすめします。

2-2.

販売:株式会社オーラルケア
商品:タフト24(スーパーソフト)
価格:150円
【磨き方】
炎症のある場合は柔らかい歯ブラシを使って、歯の表面にブラシの毛先をあてて磨きます。歯茎に触れて傷をつけないように注意しながら磨きましょう。
その後、普通のブラシに変えてからは、歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かします。(バス法)

2-3.出血を伴う炎症の場合

出血を伴う炎症の場合は、歯ブラシ選びを慎重に行います。

極細毛などは避け、フラットな形の柔らかめの歯ブラシを選びます。まずは、出血がなくなるように歯の周りの汚れをきちんと取り除き、
歯茎の周りもマッサージするように磨きます。目安としては、2~3週間です。

その後、出血がなくなったら、状態に応じて、ふつうより少し柔らかい歯ブラシを使い、その後、ふつうの硬さの歯ブラシへ移行していきます。
出血を伴う炎症の場合は、歯石も付いている可能性がありますので、歯磨きだけに頼らずに、歯科医院で歯石除去を行ってもらいましょう。

2-3.

販売:株式会社オーラルケア
商品:タフト24(エキストラスーパーソフト)
価格:150円
【磨き方】
炎症のある場合は柔らかい歯ブラシを使って、歯の表面にブラシの毛先をあてて磨きます。歯茎に触れて傷をつけないように注意しながら磨きましょう。
その後、出血が落ち着いてきたら、歯ブラシの毛を少し柔らかいものに変えて、同じように歯茎に触れない程度に磨きます。歯茎に触れても痛みがないようであれば、力を入れずに、歯茎をマッサージするように磨くこともいいでしょう。
その後、普通のブラシに変えてからは、歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かします。(バス法)

3.基本的な磨き方

3-1.歯1本分くらいの幅に小刻みに動かす

歯の表目に歯ブラシが当たっている状態で、1本1本丁寧に磨きていく方法が一般的です。

3-2.歯ブラシを斜めに当てて細かく動かす

歯茎の周りに汚れがたまりやすい人は、歯と歯茎の境目に斜めに当てて(45度)毛先が歯茎に当たるようにして、細かく動かす
バス法がおすすめです。健康な歯茎や炎症程度が少ない人にはバス法をおすすめしています。

3-2.歯ブラシ交換の時期

歯ブラシの交換は1ヶ月に1本を目安にしてください。もし、磨く時に力が入りやすい人は、歯ブラシの毛先が開いてきたら交換時期です。
毛先が開いている歯ブラシではいくら頑張って磨いても時間がかかるばかりで、綺麗に汚れを取り除くことが難しいです。

歯ブラシ交換の時期について、詳しくは「歯ブラシは1ヶ月で雑菌まみれ!正しく交換してお口を清潔に」をご覧ください。

3-3.歯磨き粉

歯周病予防には、歯周病菌の殺菌作用のある薬用成分の入った歯磨き粉を使いましょう。
たくさん泡立つ歯磨き粉は、磨く時間が短くなる傾向にありますので、低発泡性のものを選ぶと良いでしょう。

4.その他の歯周ケアグッズ

その他に、歯周病を予防するためのケアグッズとしては大切な用具は、フロスです。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!