歯周病に効く!おすすめの歯磨き粉を歯科衛生士が厳選

予防と知識

歯周病


shutterstock_77450746_720

歯周病に効果的な歯磨き粉は何を選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

歯周病は歯を失う第一位の原因です。

歯周病をこれ以上進行させない、または予防するには、毎日の歯磨きで歯垢を取り除くこと(プラークコントロール)がとても重要です。

情報誌やCMなどで様々な商品が紹介されていますが、ここでは歯周病に効果的な歯磨き粉の選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考ににしてください。

1.歯周病に効果的な歯磨き粉選びのポイント

1-1.歯周病に効果的な成分を配合しているものを選ぶ

歯周病菌の殺菌効果が高いものや、腫れを抑える効果が高い薬用成分が配合されたものがあります。

1-1-1.歯周病菌に効果的な成分

クロルヘキシジン(グルコン酸クロルヘキシジン、塩化クロルヘキシジン等)、CPC(塩化セチルピリジニウム)、トリクロサン、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)等

1-1-2.抗炎症作用

トラネキサム酸、イプシロンアミノカプロン酸等

1-2.口腔内に留まりやすいタイプを選ぶ

1-2-1.ジェルタイプ

薬用成分をなるべくお口の中に留めておきたいので停滞しやすいジェルタイプのものを選ぶとよいでしょう。

1-2-2.低発泡性タイプ

発泡性の高いもの(泡立ちの良いもの)はすぐにうがいをしたくなるので、低発泡性タイプを選びましょう。

1-3.研磨剤無配合のものを選ぶ

歯周病が進行して歯肉が下がってくると歯の一番硬い部分エナメル質より柔らかい歯質(象牙質)が露出します。象牙質はエナメル質よりも柔らかいので摩耗しやすくなります。

研磨剤無配合の物を選ぶと摩耗しにくくなります。
但し研磨剤無配合のものを長期的に使用すると歯の表面が着色しやすくなります。
着色が気になる場合は、歯磨き粉を使い分けるか、一日に使う歯磨き粉を朝昼夜で変えるのも良いでしょう。

1-4.フッ素配合のものを選ぶ

歯周病が進行し歯茎が下がると象牙質が露出するとお話ししました。

象牙質はエナメル質より柔らかいだけではなく虫歯にもなりやすく進行しやすくなります。

露出してしまった象牙質にはフッ素を使用し歯根面の虫歯を予防しましょう。

2.歯周病におすすめの歯磨き粉

2-1.ウェルテック コンクールジェルコートF(歯科専売品)

発泡剤も無配合で、長く薬用成分を作用させることが可能です。味もさっぱりしているので、使いやすいでしょう。

1

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!