歯周病に効く!おすすめの歯磨き粉を歯科衛生士が厳選

予防と知識

歯周病


shutterstock_77450746_720

歯周病に効果的な歯磨き粉は何を選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

歯周病は歯を失う第一位の原因です。

歯周病をこれ以上進行させない、または予防するには、毎日の歯磨きで歯垢を取り除くこと(プラークコントロール)がとても重要です。

情報誌やCMなどで様々な商品が紹介されていますが、ここでは歯周病に効果的な歯磨き粉の選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考ににしてください。

1.歯周病に効果的な歯磨き粉選びのポイント

1-1.歯周病に効果的な成分を配合しているものを選ぶ

歯周病菌の殺菌効果が高いものや、腫れを抑える効果が高い薬用成分が配合されたものがあります。

1-1-1.歯周病菌に効果的な成分

クロルヘキシジン(グルコン酸クロルヘキシジン、塩化クロルヘキシジン等)、CPC(塩化セチルピリジニウム)、トリクロサン、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)等

1-1-2.抗炎症作用

トラネキサム酸、イプシロンアミノカプロン酸等

1-2.口腔内に留まりやすいタイプを選ぶ

1-2-1.ジェルタイプ

薬用成分をなるべくお口の中に留めておきたいので停滞しやすいジェルタイプのものを選ぶとよいでしょう。

1-2-2.低発泡性タイプ

発泡性の高いもの(泡立ちの良いもの)はすぐにうがいをしたくなるので、低発泡性タイプを選びましょう。

1-3.研磨剤無配合のものを選ぶ

歯周病が進行して歯肉が下がってくると歯の一番硬い部分エナメル質より柔らかい歯質(象牙質)が露出します。象牙質はエナメル質よりも柔らかいので摩耗しやすくなります。

研磨剤無配合の物を選ぶと摩耗しにくくなります。
但し研磨剤無配合のものを長期的に使用すると歯の表面が着色しやすくなります。
着色が気になる場合は、歯磨き粉を使い分けるか、一日に使う歯磨き粉を朝昼夜で変えるのも良いでしょう。

1-4.フッ素配合のものを選ぶ

歯周病が進行し歯茎が下がると象牙質が露出するとお話ししました。

象牙質はエナメル質より柔らかいだけではなく虫歯にもなりやすく進行しやすくなります。

露出してしまった象牙質にはフッ素を使用し歯根面の虫歯を予防しましょう。

2.歯周病におすすめの歯磨き粉

2-1.ウェルテック コンクールジェルコートF(歯科専売品)

発泡剤も無配合で、長く薬用成分を作用させることが可能です。味もさっぱりしているので、使いやすいでしょう。

1

販売元:ウェルテック
商品名:コンクールジェルコートF
販売価格:1000円(90g)
薬用成分:塩酸クロルヘキシジン(殺菌成分)フッ化ナトリウム(歯質強化)βグリチルレチン酸(抗炎症作用)
形状:ジェル、研磨剤無配合

2-2.ライオン歯科材株式会社   システマSP-Tジェル(歯科専売品)

低発泡性で、研磨剤も無配合。フッ素も配合されているので、歯茎が下がってきて、歯の根の部分がみてきている人にもおすすめです。

2

販売元:ライオン歯科材株式会社
商品名:システマSP-Tジェル
薬用成分:IPMP(殺菌効果)イプシロンアミノカプロン酸(抗炎症作用)酢酸トコフェロール(血行促進)フッ化ナトリウム(歯質強化)
形状:ジェル、研磨剤無配合
販売価格:1500円(85g)

2-3.ライオン   デンターシステマ(市販品)

発泡性がありますが、市販品では、IPMPが配合されているため、炎症のある方におすすめします。

2-2

販売元:ライオン
商品名:デンターシステマ
薬用成分:薬用成分IPMP(抗炎症成分)う蝕予防(フッ素)PEG(浸透剤)
販売価格:130g 250円

2-4.花王  薬用ディープクリーン(市販品)

発泡性がありますが、殺菌成分も配合されています。薬用成分の効果を発揮するためにも、時間をかけて磨くとよいでしょう。

2-2-1

販売元:花王
商品名:薬用ディープクリーン
薬用成分:βグリチルレチン酸(抗炎症作用)酢酸トコフェロール(血行促進)塩化セチルピリジニウム(殺菌成分)、モノフルオロリン酸ナトリウム(歯質強化)
販売価格:580円(100g)

3.効果的な使い方

薬用成分配合の歯磨き粉はなるべくお口の中に成分をとどめておくために、少し多めにつけて使用することをオススメします。

3-1.少し大きめの歯ブラシで磨く

大きめの歯ブラシを使いお口の中全体にペーストを刷り込むようにしましょう。

3-2.歯ブラシ全体に乗るようつけて磨く

お口全体にいきわたるようたっぷりとつけて磨きましょう。

3-3.うがいの回数は少なめに

薬用成分の歯磨き粉を使った場合お口の中にとどめておくため歯磨き後うがいは少ない回数にとどめておきましょう。

3-4.歯ブラシは濡らさずそのまま

歯ブラシは濡らしてしまうと成分が薄まる可能性があります。乾燥させたまま歯磨き粉を乗せ磨きましょう。

うがいを少なくすると気持ちが悪いという方もいらっしゃると思います。薬用成分を残しておく為には、一度しっかり歯垢や食べカスを除去するよう歯磨きし、その後に歯磨き粉をたっぷりつけて二度磨きするのも良いかと思います。

4.その他の歯周ケアグッズ

4-1.ウェルテック コンクールF(歯科専売品)

コンクールFは、高い殺菌力が持続する洗口液です。
コップ1杯の水に数滴混ぜてすすぐだけで長時間の効果を実感できます。

4

販売元:ウェルテック
商品名:コンクールF
薬用成分:グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌成分)、グリチルレチン酸アンモニウム(抗炎症剤)
販売価格:100ml/ 1000円(税別)

4-2.ライオン歯科材株式会社  システマSP-Tメディカルガーグル(歯科専売品)

口腔内及びのどを殺菌・消毒・洗浄し、殺菌力に優れた希釈タイプの含嗽剤(洗口液)です。口臭を除去するl-メントールも配合しています。

4-1

販売元:ライオン歯科材株式会社
商品名:システマSP-Tメディカルガーグル
薬用成分:セチルピリジニウム塩化水和物CPC(殺菌成分)グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症作用)
販売価格:500円(税別)/20ml/ 1300円(税別)/100ml

5.歯周病ケアの基本

歯周病とは歯周病菌の細菌感染によって引き起こされる病気です。
まずはお口の中の細菌の数を減らしてあげるようケアをしましょう。

5-1.自宅で行うセルフケア

5-1-1.歯ブラシで全体の汚れを取る

まずはしっかり歯ブラシで歯の表面や歯茎の周りをブラッシングしお口の中の食べカスや歯垢(プラーク)を除去しましょう。

歯垢の中には歯周病菌や虫歯菌などの細菌がたくさん潜んでいます。

歯周病のための歯ブラシ選びと磨き方については、「本当に歯周病を治したい方必見!歯ブラシの選び方と磨き方」をご覧ください。

5-1-2.フロスや歯間ブラシで歯と歯の間を清掃する

歯の表面全体に汚れがついた状態を100%とし、歯ブラシによるブラッシングで除去できる汚れは約50%と言われています。

歯と歯の間をフロス、糸ようじ、歯間ブラシのような補助器具を使うと更に歯垢を除去することができます。

特に歯と歯の間の歯茎は細菌感染に弱く炎症が起きやすい部分です。清掃性も磨きやすいところよりも落ちるため歯周病の起点となりやすくなります。
歯ブラシと併用して、このような補助器具を使い清掃することによって、歯周病のリスクを下げましょう。

歯間ブラシの使い方については、「歯科衛生士が教える!歯間ブラシの正しい使い方」
デンタルフロスの使い方については、「歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方」

5-2.歯科医院で行うケア

定期的に歯科検診を受けクリーニングを受けましょう。定期的に通えば、歯周病の進行程度を把握し管理することができます。

歯周病が進行していないかチェックし、その都度適切なブラッシングなどの生活指導を受けクリーニングしましょう。

目安としては3か月から半年に一回は受診する事をおすすめします。

歯科検診について、詳しくは、「予防と節約につながる歯科検診は絶対に定期的に行くべき!」をご覧ください。

5-3.生活習慣の改善

歯周病は生活習慣病の一つです。

まずはセルフケアでしっかりと清掃をし細菌感染を予防しましょう。ブラッシングや補助器具を使った歯間清掃を徹底し、習慣化することが第一歩です。

歯周病の感染は細菌によるものですが、そこからの進行にはさまざまな要因が関わってきます。

年齢や歯の数、全身疾患との関係、それから環境の因子としては喫煙、ストレス、食生活等、それからかみ合わせ(歯ぎしりや食いしばり)等、さまざまな因子が重なり合う部分が多い方ほど歯周病のリスクが高くなります。

5-3-1.全身疾患などの改善

全身疾患の例として、糖尿病と歯周病の関係性は聞かれたことがある方もいらっしゃるかと思います。

この二つは相互作用があり、歯周病が進行すると糖尿病が悪化する原因ともなり得ますし、逆も同じです。

歯周病を治療すると糖尿病の数値が改善すると言われています。お口の健康は全身に関わります。

5-3-2.禁煙

喫煙をされている方は、タバコの中に含まれているニコチンにより血管収縮が起こります。

これにより、歯周病が進行して炎症が起きているサインとなる歯茎からの出血が起こりにくくなるため、歯周病が大きく進行するまで自覚できないという事があります。

さらに、歯科医院で歯周病治療を行っても、喫煙されている方は血管が不健康になっている為免疫作用が起こりづらくなり、歯周病治療の結果が反映されにくくなります。

5-3-3.噛みあわせ(歯ぎしり、食いしばり)の改善

歯周病が進行した歯に過度の力がかかると、歯周病の進行の原因となります。

歯ぎしり食いしばりは聞かれたことがあると思います。このような、かみ合わせについてはご家族から指摘されたり自覚されている方がいらっしゃる一方、自覚されていない方もいらっしゃいます。
まずは歯科医院を受診し、噛みあわせの問題がないか診断してもらいましょう。

5-3-4.歯周病菌を減らす

歯周病は、お口の中の歯周病菌による感染症です。

唾液検査などで歯周病菌の検査を行っている歯科医院もあります。

細菌が感染するもの自体、環境因子、咬合、歯周病菌この4つの因子が重なり合う部分が多い方ほど歯周病のリスクが高くなっていると言えます。

まとめ

歯周病の症状があり、歯磨き粉を選ぶ時は、薬用成分を調べて使うことをおすすめします。
また、薬用成分の効果を期待するために、泡立ちが少ない(低発泡性)ものを選ぶとよいでしょう。

歯磨き粉はあくまでも補助的な清掃剤です。

定期的に検査、クリーニングを受けて、炎症が強い場合、少し改善してきた場合等、一番適したケアを行っていくことをおすすめします。

鎌田 瑞乃
Author: 鎌田 瑞乃(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!