矯正治療はなぜ必要?歯並びが悪くなる原因から予防法を矯正専門医が徹底解説

歯の治療

矯正


歯の矯正治療をして歯並びを良くした方がよいとは思っていても、実際にどのような問題が起きるのかご存知でない方も多いのではないでしょうか。

今回は矯正治療の目的から、歯並びが悪いままにしておくと起きる様々な問題。また歯並びが悪くなる(不正咬合といいます)の原因から予防法まで、日本矯正歯科学会認定医が徹底解説いたします。

歯並びの重要性をぜひ知って頂ければと思います。

1.矯正治療の目的

矯正治療の最終目的は正常咬合(せいじょうこうごう)と呼ばれる正しい歯並び、咬み合わせに治すことです。口の中の様々な問題が起きずに、機能的な視点から見て正しく食べ物を食べて飲み込める、正しい発音ができる等の正しい機能が備わるための、理想的な歯並び咬み合わせを正常咬合と呼び、正常咬合に治すことが矯正治療の最終目的なのです。

正常咬合の条件

1)上下の顎の骨が正しく成長し、その位置関係も正常であること。
2)歯の大きさと歯の形が上下の顎の歯、左右の歯においても調和がとれていること。
3)隣り合う歯同士が正しい位置で接触していること。
4)上下の顎の歯が犬歯から後ろの部分では、1本の歯が反対側の顎の2本の歯と咬み合う関係であること。
5)上下の歯並びがU字型で、歯並びの幅のバランスが取れていること。

矯正治療を希望する患者様のほとんどは、歯並びが悪いことによる「見た目の悪さ」を訴えて来院します。

これは、歯並びや咬み合わせが悪いことによって起きる口の機能の障害は、極端な場合を除いて、体は色々なリカバリー機能を働かせため、日常生活ではそれほど不都合さを感じられず、自覚できないためです。

しかし患者様を精密に検査してみると、

咀嚼障害(そしゃくしょうがい:食物を効率良く咬めない状態)
発音障害(はつおんしょうがい:正しい発音ができない状態)
口唇閉鎖不全(こうしんへいさふぜん:口を閉じることができないため、口呼吸になってしまう状態)

など、顎の成長発育の障害をも引き起こしていることが分かります。

したがって矯正治療を行うにあたって、単に不正咬合(ふせいこうごう:正しくない歯並び、咬み合わせ)による審美障害(しんびしょうがい:見た目が悪くなる状態)を治すのではなく、口の機能が正常に働く様な歯並び、咬み合わせに治すということが治療の目的であることを、よく理解していただく必要があります。

1-1.悪い歯並びや悪い咬み合わせによって起きる口の中の問題

1-1-1.虫歯の原因になる

本来歯並びや咬み合わせが良ければ、ご飯を咬む時に食物や口の筋肉が歯に擦れることによって、歯に付いている汚れをある程度流してくれる自浄作用(じじょうさよう)という働きがあります。

しかし歯並びや咬み合わせが悪いとこの自浄作用が障害され、また歯ブラシをしても清掃されにく い部分ができるため、歯の周囲が不潔になり、虫歯になる原因になります。

虫歯により歯の形が崩れれば、今まで隣りの歯や咬み合う歯と接触して保たれていた関係が失われて、隣の歯や咬み合う歯が虫歯になって隙間ができた方に向かって動いてしまい、さらに歯並びや咬み合わせを悪くさせることになってしまいます。

このような部分では、虫歯の治療や歯が無くなった場合の治療が非常に困難になってしまうことも大きな問題です。

1-1-2.歯周病の原因になる

歯並びが悪く歯ブラシによる清掃が十分に行われにくい部分では、歯垢(しこう)またはプラークと呼ばれる磨き残しや、それが固まって石の様になって歯にこびりつく歯石(しせき)がたまりやすく、歯周病(ししゅうびょう:歯槽膿漏のこと)と呼ばれる歯の周りの骨が溶ける病気の原因となります。

また上顎の前歯が前に突出ていることでも、歯によって唇を閉じることが妨げられる状態になり、歯茎が乾燥して歯周病を引き起こします。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!