歯列矯正で抜歯が必要な理由と非抜歯の4つのデメリット

歯の治療

矯正


00

歯科矯正をしようと思ったら、抜歯する必要があると言われ、驚いたり不安になった方も多いのではないでしょうか。

歯科医師は可能であれば抜歯をしない矯正を選択します。しかし、抜かないことで歯ぐきがさがったり、せっかく矯正をしたのに元に戻ってしまったりする場合もあるのです。

今回はなぜ矯正で抜歯が必要になるのか?抜歯をしないことによるデメリットは何なのか、矯正専門医が解説を行いますので、矯正治療を受ける際の参考にしてください。

1. 矯正で抜歯が必要な理由

1-1. なぜ永久歯を抜くことがあるのか

もしも、非抜歯治療で抜歯治療と同じ結果を得られるのなら、患者第一の考えを持っている歯科医師はすべての症例を非抜歯治療で行うはずですが、現実的にすべての患者さんを非抜歯で治すことは出来ないことから、抜歯するという選択を取る場合があるのです。

矯正治療は健康と美しさのために歯並びと咬み合わせを治す医療行為ですが、患者さん1人1人の歯並びによって、その目的を達成するためには、抜歯しないとできないこともあれば、逆に抜歯しないで治療しないとできないこともあります。

抜歯と非抜歯どちらの治療計画が患者さんにとってのメリットが大きいか、ということを考えるのが大切です。すべての患者さんを非抜歯の矯正で対応するというのは、医療行為ではなくなってしまうのです。

1-2. 欧米人と比べて日本人は抜歯が必要になる可能性が高い

日本人は欧米人と比較すると、人種的に顎の幅や奥行が小さく、ただでさえ口元が出ているにもかかわらず、さらに鼻も低いため余計に口元が出ている様に見えてしまう、という顔の骨格的な形の特徴があります。

つまり、欧米人と比較して日本人の患者さんの矯正治療は断然難しく、永久歯を抜かなければ健康を兼ね備えた理想的な歯並び、咬み合わせに治らないことが多いのです。

実際に過去の研究でも、欧米人の矯正で永久歯を抜歯しなければならなかった割合28%(Proffit WR: Angle Orthodontics 64,404-14,1994参照)に対して、日本人は65.4%(戒田清和 他:日本矯正歯科学会雑誌 57,103-106,1998. 参照)と、実に2倍以上の割合だったという報告があります。

1-3. 矯正専門医の見解として、「すべての患者さんに非抜歯で治療可能」は0%

矯正専門医55名に行ったアンケートの結果でも、矯正治療のために永久歯の抜歯(親知らずの抜歯は含めない)をしなければ咬み合わせや口元の状態が理想的に治らないケースがあるという、同様な結果が示されています。(日本歯科矯正専門医学会HP参照)

Q1.「すべての患者さんに非抜歯で治療が可能ですか?」
はい・・・0%
いいえ・・・100%
無回答・・・0%

Q2.「Q1でいいえとお答えになった先生にお聞きします。将来矯正学が現在より進歩、発展したとしたら、すべての患者さんに非抜歯治療が可能になる可能性はありますか。」
はい・・・0%
いいえ・・・98.18%
無回答・・・1.82%

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!