94%の人が感じる歯科矯正の痛み/その原因と対処法

歯の治療

矯正


00

矯正治療は、「痛いから嫌だな」とか、「痛みが長く続くイメージだから、矯正治療は怖いな」と言う患者さんが多くいらっしゃいます。しかし、矯正治療を始めてみると「思ったよりも痛くなかった」や「我慢できる痛さだった」と言う声を聞きます。

確かに「痛み」には、個人差がありますので、すべての矯正治療中の患者さんに対して「思ったよりも痛くない」とは言いきれませんが、「痛みを感じる長さは、実はほとんどの方が想像しているより短い数日間」と言えるかもしれません。

今回は、矯正の痛みはどのようなものなのか?痛みはどのぐらい続くのか?また、対処法はあるのか?痛みの説明から対処方法をお伝えいたします。

1. 矯正治療は必ず痛みがでるのか

矯正治療で「全く痛みを感じなかった。」という患者さんは6%で、94%の患者さんは(個人差はありますが)、矯正治療中に痛みを感じていました(参照:「矯正歯科医院 経営学」 経営コンサルタント 野々村太郎のブログ)。ですから、ほぼ間違いなく痛みが出ると考えていただいた方が良いでしょう。

「どんなタイミングで痛みを感じるのか、それに対してどんな対処法があるのか」をしっかり知った上で矯正治療を始めた方ですと、痛みに耐えられなくて矯正を途中で辞める患者さんはほとんどおりません。

一言に「痛みが出る」と言うだけではイメージが湧きません。どんな時に、どれくらいの期間、どういう痛みを感じるのか、まずは状況に応じた痛みについて説明していきます。

1-1. 歯科矯正の痛みについて

歯科矯正の痛みは大きく分けると5つになります。

1-1-1. 矯正装置を調整する時の痛み

まずは下記のアンケート結果をご覧ください。

■ 「歯が動く痛み」について、装置を付けてから何日くらい痛みが続いたか?
1日 5%
2~3日 65%
4~5日 20%
6日以上 10%

■ 「歯が動く痛み」について、最も痛かったのは何日目か?
初日 14%
翌日 75%
2日後 4%
3日後移行 7%

出典:「矯正歯科医院 経営学」 経営コンサルタント 野々村太郎のブログ

矯正装置を調整する際、歯には矯正力という力がかかります。イメージとしては歯が引っ張られたり押されたりする力で、その力を「痛み」と感じる方もいれば、「違和感がある」と感じる方もいらっしゃいます。矯正装置をつけてから、または調整して歯に力をかけてから、数時間経つと徐々に痛みを感じます。これは、歯が動き出した時に感じる痛みです。

しかしこの痛みは矯正治療を受けている期間ずっと続くわけではありません。

初めて装置を付けた時は1週間程度続くこともありますが、矯正治療が始まって数か月経つと慣れてきて、調整した後3日程度になります。矯正治療の通院、つまり調整は積極的に歯を動かしている時でも1か月に1回ですから、痛みのピークは1か月に1回3日程度だけということになります。しかも多くの場合何もしていない時には「違和感がある」程度で、食べ物を咬む時に痛みを感じるという方が多いです。

1-1-2. 矯正装置が舌や粘膜に擦れて起こる口内炎の痛み

こちらもアンケート結果からご覧ください。

■ 矯正治療中の痛みについて
装置があたって痛いと感じたことが「ある」 90%
装置があたって痛いと感じたことが「ない」 10%

■ 唇や頬に装置があたる痛みについて、装置があたる痛みには慣れたか?
慣れた 94%
慣れない 6%

■ 唇や頬に装置があたる痛みについて、装置があたる痛みに慣れるまでの期間は?
1週間以内 60%
2~3週間 30%
1か月以上 10%
出典:「矯正歯科医院 経営学」 経営コンサルタント 野々村太郎のブログ

お口の中は体の中でも刺激に対して最も鋭い感覚がある場所です。矯正装置には様々な種類があり、それぞれできる限り違和感が無いように工夫して作られていますが、どうしても粘膜が矯正装置で擦れると口内炎ができてしまうことはあります。また八重歯の様に特に歯並びが悪い部分は、その部分に装置を付けると始めのうちどうしても粘膜に強く当たってしまいます。

口内炎は多くの方が一度は経験されているので、どのような「痛み」なのかイメージしやすいと思います。装置が引っ掛かって口内炎ができると痛みが出ますが、粘膜に強く当たっている装置の部分を調整したり、コーティングして原因となっている刺激を無くせば、数日で口内炎が治まり痛みは無くなることがほとんどです。

さらに矯正治療が進むにつれて歯並びが整ってくると、装置が粘膜に強く当たる部分も無くなってくるので、口内炎で悩むことが多いのは矯正治療を始めて数か月間です。

1-1-3. 歯を抜く時の痛み

矯正治療では、「歯を抜く」こともあります。「歯を抜く」と言っても実はいくつかのシチュエーションがあります。

乳歯の抜歯

まず一番多いのは乳歯を抜くということです。乳歯を抜く目的は、永久歯に萌え換わる時に上手く萌え換われず邪魔になってしまっている乳歯を抜くことによって、乳歯の下から萌えて来る永久歯が変な方向に萌えるのを防ぎ、萌え換わりをスムーズに進めるためです。

実際に歯を抜く時に感じる痛みは、麻酔の注射をするときだけです。乳歯は永久歯に比べると根も短く元々萌え換わる歯なので、抜いた後は傷の治りも早くほとんど痛みは出ません。

永久歯の抜歯

普通に萌えている永久歯を抜歯する場合は大変ではありません。実際に歯を抜く時、痛みを感じるのは麻酔の注射をする時だけです。抜いた後も傷の治りは早く、痛み止めを飲んでいればほとんど痛みは出ません。

大変なのは、萌えることができずに歯茎の中に埋まったままの状態になっている永久歯を抜歯する場合です。実際に歯を抜く時の痛みは麻酔の注射をする時だけですが、歯茎を切ったり骨を削ったりする必要があるため、深く埋まっている歯を抜くほど傷が大きくなるので治るまでに時間がかかります。

痛み止めを飲めば痛みはほとんど抑えられますが、傷が治るまでは食べ物を食べたり、舌が触れたり、唇が触れたりすると、じわじわ鈍い痛みを感じます。骨を削って歯を抜く場合は、痛みに加えて顔も腫れるということも覚えておきましょう。

親知らずの抜歯

親知らずが歯の動きを邪魔してしまう場合や、歯並びを悪くする原因になっている場合は、親知らずを抜歯する必要があります。親知らずは多くの場合、完全に萌えておらず半分もしくは完全に歯茎の中に埋まっているので、抜く時には歯茎を切ったり骨を削ったりすることが多いです。

実際に歯を抜く時に痛みを感じるのは麻酔の注射をする時だけです。歯を抜いた後は、親知らずの向きがどのぐらい傾いているか、またどのぐらい深いところに埋まっているかによって骨を削る量が違いますが、骨を削った量が多いほど、痛みも出る上、顔も腫れます。

痛みは痛み止めを飲んでいればほとんど抑えられますが、食べ物を食べたり、口を開けたりした時にしばらくの間鈍い痛みを感じることがあります。

過剰歯の抜歯

過剰歯(かじょうし)と呼ばれる余計な歯が歯茎の中に埋まっていると、歯の隙間が空いてしまったり歯並びが悪くなる原因になります。

過剰歯はほとんどの場合、萌えることができずに歯茎の中に埋まったままの状態になっているので、実際に歯を抜く時の痛みは麻酔の注射をする時だけですが、歯茎を切ったり骨を削ったりする必要があるため、これも深く埋まっている歯を抜くほど傷が大きくなるので治るまでに時間がかかります。

痛み止めを飲めば痛みはほとんど抑えられますが、傷が治るまでは食べ物を食べたり、舌が触れたり、唇が触れたりすると、じわじわ鈍い痛みを感じます。骨を削って歯を抜く場合は、痛みに加えて顔も腫れるということも覚えておきましょう。

1-1-4. 永久歯が萌える時の痛み

歯が萌える時は、歯茎を突き破りながら歯が萌えて来るので痛みを感じます。
しかし、この痛みは少し気になる程度で短期的なものですので、全く問題ありません。

1-1-5. 装置を外す時の痛み

歯に接着している矯正装置を外す時には痛みを感じます。しかし、この痛みを感じるのは装置を外す一瞬です。

2. 痛みを和らげる方法

これまで説明してきた5つの痛みのうち、最後の装置を外す時の痛みだけは痛みを和らげる方法がありません。唯一の対策としては、痛いのが恐いからと言って抵抗して装置を外すのが長時間になるよりも、「どうせ痛いなら短時間で済ませた方が良い!」と腹をくくって、できるだけ一瞬で装置を外した方が結果的に患者さん自身も楽だということです。
ここでは、痛みを予防できる方法や和らげる方法を説明します。

2-1. 痛み止めの薬

2-1-1. 痛み止め服用の目安

矯正装置を調整する時の痛みには、1日1回を目安に痛み止めの薬を飲むことが有効です。ただし、痛み止めの薬には一般的な副作用としてお腹の調子が悪くなることがあります。

さらに、体に合わない人によっては、むくみ、発疹、蕁麻疹、眠気、発熱、かゆみといった症状が出ることもあります。また、長期に渡って連続で使っていると、薬が効きにくくなってしまう上に、胃が荒れて胃潰瘍になってしまうこともあります。

ですから、どうしても我慢ができない時に痛み止めを飲んで頂きたいです。毎月の矯正治療の痛みのピークの時期を乗り越えるまで、1日1回、月に5日程度までなら痛み止めの薬を飲んでも問題ありません。

2-1-2. 抗生物質が処方された場合

抜歯の後の痛みの対処法は基本的に痛み止めを飲むしかありませんが、深いところにあった歯を抜いた場合は、抗生物質を飲んで傷が治るまで歯を抜いた後の部分を、バイ菌から守ることで痛みや腫れを防いで傷が早く治ることに繋がります。もし抗生物質を出された場合は、必ず出されただけ飲み切りましょう。

2-2. ホワイトワックス

矯正装置が擦れて痛い場合、装置が擦れて口内炎ができている場合など、まずご自宅で簡単に対処できる方法として「ホワイトワックス」というものがあります。「ホワイトワックス」は半透明の粘土で、装置の周りにつけると粘膜に引っかかる摩擦が起きにくくなり、口内炎の原因の刺激と痛みを防ぐことができ、口内炎を予防したり治すことができます。

初めて矯正装置を付けた時はお守り代わりにホワイトワックスももらっておくと安心です。

2-3. 痛みを和らげる食事

2-3-1. 矯正装置を調整した時の痛みを和らげる食事を採る

歯が強く咬み合ったり、固い物を咬んだりすると痛みを感じることが多いです。慣れるまでは柔らかい食べ物で栄養を採って過ごしましょう。特に装置を調整した直後は、食べ物を噛み切ることができないです。となると食事はあまり噛む力がいらない食事がお勧めです。

例えば、おかゆ、豆腐、野菜スープ、野菜煮込み、ハンバーグ、ミキサーを使った野菜ジュース、柔らかい麺類、ヨーグルト等です。最初は肉や魚をは大変ですが、みじん切りにして食べていただくことをお勧めします。

2-3-2. 矯正装置が変形したり、壊れたりする可能性が高い食べ物を控える

矯正装置が付いている時はキャラメル、ガム等粘着性のある物は控えましょう。装置が変形してしまうと痛みが出るだけでなく、歯並びが治るのも遅くなってしまいます。

もう1つ注意しなければならないのは、矯正装置に慣れてきた時です。矯正装置が壊れたり、外れたりする原因になるような固い大きなものを食べるのも控えてください。りんごやフランスパンのようなものを丸かじりしたり、固いせんべいのようなものを矯正装置で勢いよく咬むと間違いなく矯正装置が壊れます。

2-3-3. 口内炎に良い食べ物を食べて、悪化させる食べ物を控える

ビタミンB2、B6、A、Cの含まれている食べ物をしっかり食べて口内炎を治しましょう。不足すると口内炎、口角炎になってしまします。

口内炎を刺激しない食べ物でお勧めなのは、クリーム系のグラタン、シチュー、リゾットやつるっとした食感の豆腐、茶わん蒸し、ゼリー、ヨーグルト等です。それに口内炎を治すビタミンが多く含まれたものを加えた食事を採りましょう。ビタミンB2、B6、A、Cが多く含まれている代表的な食べ物はこちらです。

緑黄色野菜(ビタミンA、ビタミンC)、わかめ(ビタミンB2)、納豆(ビタミンB2)、ひじき(ビタミンB2)、レバー(ビタミンB2)、うなぎ(ビタミンB2)、ヨーグルト(ビタミンB2)、チーズ(ビタミンB2)、マグロ(ビタミンB6)、カツオ(ビタミンB6)、アボカド(ビタミンB6)、バナナ(ビタミンB6)

逆に唐辛子、カレー、キムチ等の香辛料が強い食べ物は口内炎を悪化させる原因になります。またキウイ、パイナップル、メロン等の粘膜を刺激する物も控えましょう。

2-3-4. 歯を抜いた後の傷を治す

歯を抜いた後の傷を早く治すために、食べた方がいいもの、控えた方が良い物は基本的に上の口内炎の場合と同じです。特に高温の物や刺激がある物は傷口が治りにくくなるので気を付けましょう。

5. 気を付けたいこと(痛みがある時にやってはいけない事など)

5-1. 痛み止めの薬や抗生物質(化膿止め)の薬

クリニックで出してもらった抗生物質の薬は、間違った使い方をすると薬が効かなくなる耐性菌を生み出すことになってしまうので、絶対に無断で飲むのを止めてはいけません。
痛み止めの薬は使い過ぎると、効果が出にくくなるだけでなく色々な副作用が出ます。また飲み合わせが悪い薬もありますので、他に薬を飲んでいる場合は必ず相談しましょう。

5-2. 装置を指や舌で触る

慣れない間はどうしても違和感があるので指や舌で装置を触りたくなりますが、指や舌を装置に引っかけて傷ができてしまったり、装置が変形する可能性があるので、気になっても装置を触るのは止めましょう。本来は何とも無くても、ずっと舌で装置を触っているとその刺激で下に口内炎ができてしまうこともあります。また食べ物が装置に挟まって気になる時も指で取ろうとすると装置が変形する原因になります。装置に食べ物が挟まった場合は必ず歯ブラシで取りましょう。

6. 歯科医院で診てもらうべき場合

矯正治療の痛みが強い時は、矯正装置の変形が原因の可能性もあります。この場合は、歯科医院に連絡して下さい。装置が変形したまま放置していると、噛むたびに擦れて口内炎や傷が大きくなるかもしれません。

まとめ

矯正治療の痛みは、矯正装置を調整するたびに出ます。これは、変えることのできない事実です。しかし、自然にダイエットできる等、矯正治療をポジティブに考えて、痛みと上手に付き合いながら、矯正治療を楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。食事や生活スタイルを工夫し、そして矯正治療が終わった後の、綺麗な歯並びになった笑顔を想像して痛みを乗り越えて頂きたいです。

宮島悠旗
Author: 宮島悠旗(歯科医師/日本矯正歯科学会 認定医)

著書:国際人になりたければ英語力より歯を”磨け”  世界で活躍する人の「デンタルケア」

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!