噛み合わせセルフチェック/正しい噛み合わせ6つのポイント

歯の治療

矯正


00

噛み合わせが大事なのはわかってはいるけれど、自分の噛み合わせが良いのか悪いのかよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

噛み合わせが悪いと虫歯や歯周病や顎関節症になりやすいだけでなく、発音や姿勢が悪くなったり、胃腸炎、口呼吸、顎関節症、不眠、肩こりになりやすいなど、様々な影響が出てきます。

実は日本人の79.9%は噛み合わせに異常があり、日本にいる外国人の76%は日本人の歯並びが悪いという印象を持っているという調査結果もあり、無視できない問題となっています。

今回は噛み合わせのチェック方法を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

1. 正しい噛み合わせの6つのポイント

1-1. 前後のバランス(出っ歯や受け口ではなく、上の前歯が下の前歯の2~3mm前にある状態が正しい噛み合わせです)

前歯の噛み合わせも奥歯の噛み合わせも、上の歯が下の歯より2~3mm外側に並んでいなければなりません。

そうしないと食べ物を効率よく磨り潰したり、正しく発音することができないだけではなく、奥歯で頬や舌を咬みやすくなり、口内炎の原因にもなります。

上下のどちらかの顎の骨が生まれつき小さい場合、逆に大きく成長し過ぎた場合、歯並びや噛み合わせが悪くて前後にずれてしまった場合などで、上下の顎の骨の前後的な大きさのバランスに問題がある、または上下の前歯の傾きに問題があることが原因で、出っ歯や受け口といった正しくない噛み合わせになってしまいます。

また上下の前歯の前後的な噛み合わせに問題があると、多くの場合前歯だけでなく、上下の6歳臼歯の噛み合わせも前後にずれています。

この様な噛み合わせの問題は矯正治療を受ける時に治療方針を決める上で最も重要な要素です。

1-2. 左右のバランス(上下の前歯の真ん中が一致している状態が正しい噛み合わせです)

上下の前歯の真ん中が一致していない場合、上下の顎の骨や歯の噛み合わせが左右どちらかにずれています。

幼少期に上下の顎のずれがなくても、左右の噛み合わせのずれを放置していると、顎の成長の過程で上下の顎のずれが出てきて、食べ物をしっかり咬めなくなるだけでなく、顔を正面から見た時に顎がだんだん曲がって成長してしまう可能性が高いため、早めに治療することが必要です。

1-3. 上下の前歯の噛み合わせの深さ(上の前歯が下の前歯に2~3mm重なっている状態が正しい噛み合わせです。下の前歯が1/3隠れる程度。)

上下の前歯の重なりが4mm以上深い、または上下の前歯が咬み合っていなくて間にスペースが空いているような状態は正しい噛み合わせではありません。

前歯の噛み合わせの深さは2~3mmが適切ですが、これより噛み合わせが浅いと食べ物を咬み切ることができません。

噛み合わせが深いと下の前歯で上の歯茎を咬んでしまいます。歯茎を咬んで傷ができると、そこからバイ菌が体に入ってしまいます。

身長が伸びる間は下顎も成長しますが、噛み合わせが深いと上の前歯に下の前歯が深く咬み込んでいるため、本来下顎が前に成長する時期に、ロックされるようになり下顎が自然に前方に成長することができずに、出っ歯の状態になってしまうことが多いです。

また噛み合わせが深いと顎関節にも負担がかかってしまい、顎の関節が痛い、口が開かなくなる、顎の関節の部分から音が聞こえるといった症状が出る顎関節症になりやすくなります。

1-4.歯並びの状態

1-4-1.歯が重ならずに一列に並んでいる

歯が並ぶ顎の骨の大きさと、歯の大きさのバランスが取れていないと、永久歯に萌え換わる時に歯が萌えるスペースが足りなくて歯が重なったり(代表的なのが八重歯)、歯並びがガタガタした状態になります。

永久歯の前歯と6歳臼歯が萌えると、残りの永久歯が並ぶのにどのくらいのスパースが必要なのかを予想することができます。

乳歯の時期の適切な歯並びは、永久歯の適切な歯並びとは違います。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!