正常な歯の本数は28本!足りない場合は先天性欠如かも

予防と知識

その他


00

自分の歯の本数を数えてみても、そもそも正常な歯の本数が何本か知らない…という方も多いのではないでしょうか。

最近は歯科医院でも「子どもの歯の本数が少ないのでは?」という相談も増えており、心配な方も多いようです。

正常な場合、永久歯は28本(親知らずも含めると32本)、乳歯は20本です。

ただし先天性欠如といって正常な歯の本数より1本から数本にわたって足りなかったり、または10本など多数歯足りない場合もあります。

今回は歯が足りなくなる原因や治療方法など、不安を抱えている方の様々な疑問を解決していきたいと思います。

1. 正常な歯の数

乳歯列の完成は2歳半から3歳前後です。正常の歯の数は乳歯列完成している(乳歯が生えそろった)お子さんで20本。成人の場合28本と親知らずを含めて32本が正常な歯の本数です。

1-1. 永久歯の数と並び方

永久歯は正常な場合28本(親知らずを含めると32本)です。

歯の中心から両側に2本ずつ計4本、上下合わせて8本が前歯と呼ばれます。前歯の隣のとがった歯が犬歯上下左右sで4本、犬歯の奥2本が小臼歯と呼ばれ上下左右で8本です。

小臼歯の奥2本(親知らずが生えていれば3本)が大臼歯と呼ばれ上下左右で8本(親知らずを含めると12本)生えています。

合計で28本(親知らずを含め32本)となります。

1-2. 乳歯の数と並び方

乳歯列の完成は2歳半から3歳前後です。乳歯の数は20本

前歯から犬歯までは大人と同じ本数(呼び方はそれぞれ乳前歯、乳犬歯)乳前歯が上下左右8本、乳犬歯上下左右で4本。

その奥に乳臼歯が左右2本ずつ、上下で8本。合計で20本生えています。

01

出展:公益社団法人ライオン歯科衛生研究所

2. 歯の本数が足りない少ない「先天性欠如」とは

2-1. 先天性欠如の原因について

先天性欠如の原因としては歯胚(歯の芽)の欠如によります。

歯の芽となる歯胚が作られるのはお母さんのお腹の中にいる時期です。胎生6~8週ころから歯胚が形成され始めます。

先天性欠如は乳歯、永久歯の両方で発生します。乳歯がすべて生えそろっていても永久歯が欠如する場合もあります。

歯胚が欠如する原因はあまりよく分かっていませんが、遺伝の可能性や全身疾患、または薬の副作用や退化が原因ではないかと言われています。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!