健康にも美容にも!噛む回数を増やして得られる8つの効果

予防と知識

予防歯科


shutterstock_499251031_720

噛む回数を増やせば、「ダイエット効果がある」「虫歯予防になる」など聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
歯科医院で食事の時は30回は噛みましょうと推奨していますが、実際に30回噛むのは難しいと感じる方も多いでしょう。
現代人は昔の人に比べ食べ物を噛まなくなっています。
これは食べ物の影響でもあり、柔らかい食べ物や噛まなくても飲み込めるものが増えていることも原因のひとつです。
しかし、噛む回数を増やしよく噛むことで健康にも美容にも多くの効果を得ることが出来ます。
そこで今回は、噛む回数の目安や得られる効果について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1.噛む回数の目安は1口30回

よく噛む為の目安回数は一口につき30回です。

回数をカウントしながら噛んでみると意外と30回噛む前に飲み込んでしまっている方が多いのではないでしょうか?

現代食では触感が少ない柔らかく食べやすい食事内容が多くみられます。

硬いものを無理に食べるのではなく、噛みごたえのあるものを上手に食事に取り入れる事によって、噛む回数を自然と増やすのが継続のコツです。

2.噛むことの8つメリット

よく噛むことで得られる8つの効果は、学校食事研究会作成した標語で覚えやすいものがあります。

『ひみこの歯がいーぜ 』

2-1.ひ:肥満予防

よく噛んで食事をすることにより満腹中枢が働いて肥満予防ができます

自然と過度なカロリー摂取を防ぎダイエット効果になります。

2-2.み:味覚発達

よく噛んで食事をすると舌にある味蕾を刺激しより食べ物がおいしく感じられます。

また唾液の酵素の働きでお米をよく噛んで食べると甘味が増します。

2-3.こ:言葉の発音

よく噛むことによって、お口周りの筋肉をたくさん使うようになるので表情も豊かになり、口を開けてしっかり話すとキレイな発音ができます。

2-4.の:脳の発達

よく噛むことによって脳細胞を刺激します。脳の血流量が増え高齢者においては認知症の予防、小児においては知育を助ける働きがあります。

2-5.は:歯の病気予防

よく噛むことによって唾液の分泌量が増え虫歯や歯周病予防につながります。

2-6.が:ガンの予防

また唾液中の成分には発ガン作用を消す働きのあるものがあります。

2-7.い:胃腸の働きの促進

よく噛むことによって消化酵素の分泌を促し消化を促進する事ができます。

2-8.ぜ:全身の体力向上・全力投球

力をこめて食いしばりたいときに全力を出す事ができます。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!