ビタミン不足だけが口内炎の原因じゃない!他の原因と対処法

予防と知識

その他


00

口内炎が出来て痛くて食事がしづらいなどの辛い経験をした方も多いのではないでしょうか?
むしろ、一度も口内炎になったことはないという方のほうが珍しいかもしれません。

口内炎の原因や出来る過程は、実はまだよくわかっていません。
症状を和らげたり、治癒力を高めたりできるように、口内炎のタイプや口内炎ができた時のきっかけや体調などに応じて対応することがお奨めです。

今回はあらゆる口内炎の原因と早く治す方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.口内炎の原因はビタミン不足だけじゃない

口内炎の原因や発生メカニズムは実はまだよく解明されていません。

ただ、口内炎ができた時を思い返すと、忙しく不規則な生活や偏った食事が続くなど身体が疲れていた記憶はありませんか?
栄養障害は身体の抵抗性を下げるため、口内炎の発生や悪化に影響します。身体が疲れている時は、ビタミン不足になっていることが多く、口内炎の治療や予防にはビタミンB2、ビタミンB6が有効です。

その他にもビタミンC、鉄、亜鉛なども身体の抵抗力を上げるために効果があるでしょう。

2.その他の口内炎ができる原因

2-1.科学的刺激によるもの

悪性腫瘍の治療などで口のなかに放射線をあてた時の科学的刺激によって起きる口内炎

2-2. 機械的刺激によるもの

欠けて尖った歯や合わない入れ歯などの刺激による傷から出来る口内炎

2-3. 壊疽性口内炎(水癌)

低栄養児などにみられ、急速に広がる壊疽性の口内炎

2-4. 身体の病気に伴うもの

全身疾患の影響により菌やウィルスに感染したもので、口の中だけの症状ではありません。
ベーチェット病、ジフテリア、猩紅熱、手足口病などの症状の一つとして起きる口内炎

3.口内炎の種類

頬や唇の裏の粘膜、歯肉、口蓋、口唇、舌に出来るものから全身の病気に伴ってできるものまで、いくつかのタイプがあります。

見た目には、円形または楕円形の灰白色の浅い潰瘍で、毛細血管が充血しているので周りが赤くなることもあります。

症状としては、粘膜が腫れて赤くなり、痛みや熱感、局所リンパ節の腫れを感じることがあります。

3-1.アフタ性口内炎

最も一般的な口内炎です。
2mm~1cm弱の白っぽい潰瘍で、多くは小さなものが1~2個くらい出来て1週間から10日くらいで自然に治ります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!