舌にできた口内炎の原因と早く治すための方法を徹底解説

予防と知識

その他


00

口内炎が舌に出来ると、頬に出来る口内炎より辛い、治りにくかったなど困った経験をした方も多いのではないでしょうか。

話をする時にも食事をする時にも気になりますね。舌は動かして使う身体の器官なので、そのたびに刺激を受けて痛みを強く感じることも多いでしょう。

今回は口内炎の原因と、外からの刺激を避けて少しでも早く傷を治す方法をご紹介します。

1.舌にできる口内炎の原因について

口内炎の原因やメカニズムは現代の医学では、まだよく解明されていません。

舌に出来る口内炎は、誤って舌を噛んでしまったり、合わない入れ歯や、欠けた歯の尖った部分などに舌が触れたりすることで傷が出来、その部分に菌やウィルスが入って感染て出来ることが多いようです。

その他、口内炎が出来る基本的な原因は、頬の粘膜、唇の裏側、歯茎などにみられる口内炎と同様です。

1-1.舌を傷つけたことによるもの

合わない入れ歯や欠けてとがった歯などで舌に傷があった、噛みグセなどでよく舌を噛んでしまうなど、舌に傷を付けてしまうと、そこから菌やウィルスが入り、口内炎が出来やすくなります。

1-2.栄養不足や疲れ

偏った食事などで栄養バランスが崩れていたり、身体が疲れている時は、ビタミンやミネラル不足になっていることが考えられます。

口内炎の治療や予防にはビタミンB2、B6が有効です。その他にもビタミンC、鉄、亜鉛なども身体の抵抗力を上げるために必要でしょう。

栄養障害は身体の抵抗力を下げるため、口内炎の発生や悪化に影響します。

1-3.身体の疲れやストレス

睡眠不足や体が疲れているときなど、全身状態はお口の中にも影響します。

身体の免疫力が低下すると、お口の中の抵抗力も下がってしまいます。

1-4.唾液の減少

口の中が乾燥して唾液が少ないと、最近が増えやすい環境になっています。

唾液によってお口の中が潤っていることは、粘膜を刺激から守ったり、菌やウィルスの侵入に抵抗したりと、とても大切なのです。

そのため、口が乾燥していることによっておこるトラブルは口内炎以外にもあります。

詳しくは【口の渇きが原因でおきるトラブル!簡単にできる対処法を紹介】をご覧ください。

1-5 全身疾患

舌以外に出来る口内炎と同様に、身体の病気が原因でその症状の一つとして口内炎が出来ることがあります。

ベーチェット病、ジフテリア、猩紅熱、手足口病などの症状の一つとして起きる口内炎などがこれにあたります。

2.舌にできる口内炎の種類

口内炎の種類にはアフタ性口内炎、カルタ性口内炎、ヘルペス性口内炎、カンジダ性口内炎など様々な種類がありますが、舌にも同じように発症する可能性があります。

2-1.アフタ性口内炎

最も一般的にみられる口内炎です。

身体の疲れやストレスによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足などが考えられています。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!