パパ・ママが知って安心!乳歯、永久歯を虫歯にしない知識

予防と知識

予防歯科



大切な子供の歯について、将来のためにも大事にしたいですよね。乳歯は早い子で生後6ヶ月ごろになると小さい下の前歯がニョキニョキと 生えてきます。そして、永久歯に生え変わります。
歯科医院が苦手!虫歯治療で苦労した!!そんな嫌な思いを 持っている親 は、こどもに 歯で悩んで欲しくないもですよね 。
全てで ありませんが、ぜひ保育者の大人に知っておいてほしい気をつけたいことや歯が生えてきたら焦らずにできること、虫歯予防などについてまとめてみました。参考にしてください。

1.乳歯と永久歯の見分け方

乳歯が生え揃い、永久歯が生え始めると乳歯と永久歯が両方存在する「混合歯列期」になります。しかし見慣れていなとどの歯が乳歯で永久歯なのかわかりにくいですが、特徴を掴めば見分けがつきます。

1-1.色

乳歯は、青みがかった白色をしています。

永久歯は、クリーム色に似た白色をしています。

1-2.形

乳歯は永久歯に比べて、大きさが小さく、長さも短いです。

奥歯は乳歯の前歯(乳前歯)は正方形のような形で、奥歯(乳臼歯)は前後に大きな長方形のような形をしています。

永久歯は前歯、小臼歯共に大きな長方形の形をしております。ただし、いずれも個人差があります。

1-3.生える場所

永久歯は乳歯の抜けたところの他に、生えていた乳歯の奥からも生えてきます。

2.乳歯と永久歯の違い

2-1.本数と大きさ

乳歯は20本、永久歯は28~32本

一般的に乳歯は永久歯より小さいのが特徴です。

2-2.厚み

乳歯のエナメル質、象牙質の厚みは永久歯の半分程度と言われています。

2-3.歯髄腔(神経や血管が入っている空間)

永久歯に比べると広く形成されています。(レントゲンで確認します)

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!