おすすめ乳歯ケースと抜けた乳歯をきれいに保存する方法

20

販売:Mr.Teeth
商品:Mr.Teeth 乳歯ケース
価格:¥ 3,780【販売元Amazon】

広告

1-4. 乳歯以外の物も一緒に入れられるタイプ

UNCLE WOOD 乳歯ケース 乳歯入れ 産毛ケース

木の乳歯ケース。産毛ケースとしても使えます。フタの裏に赤ちゃんの名前、生まれた日付、時間、身長、体重などの情報を記録できます。手触りの良いラバーウッド、淡黄色で美しくて、ソフトな印象の木目と滑らかな肌触りが特徴。

21

販売:UNCLE WOOD
商品:乳歯ケース 乳歯入れ 産毛ケース
価格:¥ 2,980

LAZY SUSAN ベビーマルチケース MY FIRST

乳歯ケースと産毛ケース。部屋に飾っても可愛いですね。

22

販売:LAZY SUSAN
商品:ベビーマルチケース MY FIRST
価格:¥ 4,860

ビーグラッドストア メモリアルBOX

乳歯ケース、臍の緒ケース、母子手帳ケースが1つになっています。お子様の思い出をまとめて保存できるプレミアムセットですね。

23

販売:ビーグラッドストア
商品:メモリアルBOX(乳歯ケース・へその緒ケース)
価格:¥ 7,800 【販売元Amazon】

2.乳歯の保存方法

抜けた乳歯は血やたんぱく質がついているので、そのまま保管すると雑菌が繁殖してしまったり、保存している間に変色してしまったりしてしましいます。

乳歯を保存するときは、きれいに洗うことをお勧めします。きれいにお掃除をしてあげることで、長くきれいに保存することができるでしょう。

【用意するもの】
1.オキシドール
2.プラスチックケース
3.歯ブラシ
4.爪楊枝
5.コットン

乳歯の洗い方

step1.プラスチックのケースにオキシドールを入れます(乳歯が浸かる程度)

step2.オキシドールの中に、30分から1時間程度つけ置きして、消毒をします。汚れが気になる時は24時間つけておくとよいでしょう。

step3.その後、歯ブラシで汚れを取り除きます。

step4.取れにくい隙間の汚れは、爪楊枝を使って取り除きます。

step5.その後、流水下で洗い流し、コットンの上で自然乾燥させましょう。

step6.十分に乾燥したら、乳歯ケースに入れて保存します。

まとめ

様々な乳歯ケースがあるので見ているだけで楽しくなりますね。

こんな風に我が子の思い出の歯を、可愛く大切にしまう事ができる乳歯ケースは、一生ものの宝物になります。

また一生ものの宝物だからこそ、むし歯なしのきれいな乳歯を残したいですよね。

そのためにも是非乳歯のうちからむし歯予防に取り組みましょう。

広告