乳歯を虫歯から守る!治療法と予防法を徹底解説

予防と知識

虫歯


00

子供の乳歯が虫歯になってしまって不安になったり、虫歯にしないためにはどうしたら良いのか知りたいという方も多いのはないでしょうか。

乳歯の虫歯は永久歯の虫歯といくつかの特徴があり、永久歯よりも虫歯になりやすいと言われています。

今回は、その特徴と虫歯の治療や予防方法についてまとめてみますので参考にしてください。

1乳歯が虫歯になりやすい理由

1-1.エナメル質が薄い

乳歯は永久歯にくらべて歯の質が弱く、表面も薄くできています。

表面のエナメル質が薄いため、歯の表面についた汚れが少なくても虫歯になりやすいことが考えられます。

1-2.虫歯が白くて気づきにくい

通常、大人の歯は虫歯になると黒く変色するので、虫歯かな?と気づくこともありますが、乳歯の場合は白色、または黄色味かかった虫歯になります。

さらに、大人の歯と比べて乳歯の虫歯は早く進行するため白い状態で急速に進行していきます。

特に、歯と歯の間にできる虫歯は、歯の隙間なのか虫歯なのかを見極めることが難しいため、乳歯の時期は大人よりも頻繁に定期検診で歯科医師にチェックをしてもらうことをおすすめします。

3

1-3.食習慣やおやつの習慣

子供の時はおやつの習慣があったり、夜寝る前にミルクを与えたりと虫歯になりやすい食生活を送っている場合が多いです。

そして、歯磨きも自分ですることは難しいので、親の仕上げ磨きが疎かになってしまうと虫歯がすぐにできてしまうことも考えられます。

2.乳歯の虫歯は永久歯にも悪影響を与える

乳歯はすぐに生え変わるから永久歯には影響はないと考えがちですが、虫歯になった乳歯は生え変わり時に永久歯に影響を与えることがあります。

2-1.永久歯の生える位置

乳歯の虫歯を放置していると、永久歯の生える位置に影響がでる場合があります。

虫歯で歯に穴があき、小さくなった乳歯があると隣の歯が傾いてきます。このような状態では永久歯は生えるスペースを失い、傾いて生えてくることがあるのです。

2-2.歯の変色

これから生えてくる永久歯は、成長しながら顎の中に埋まっています。

その時に虫歯が歯の根っこのあたりまで進行していたら、虫歯菌は下に埋まっている永久歯の周りにまで到達することもあります。

永久歯はまだ成長段階のため、虫歯の菌や、大きな虫歯で細菌の膿が溜まっていたりすると永久歯が変色(形成不全)することがあります。

3.乳歯の虫歯治療について

3-1.なりかけの虫歯

虫歯がまだ小さく、なりかけの状態であればフッ素を塗って予防をすることで自然に治ることもあります(再石灰化)

もちろん、フッ素を塗っただけでは虫歯は治りませんので、正しい歯磨き習慣の指導も行います。

3-2.小さな虫歯

乳歯の虫歯でも、小さいものであれば、歯と同じ色の詰め物をいれて1日で終了する治療があります。

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!