唾液が少ない!口が渇く9の原因と唾液の分泌を増やす方法

予防と知識

その他


shutterstock_463303415

口の中が渇いて話にくい、または唇や喉が渇きやすいなど、唾液が少ないことによって起こるお口の悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

また、歯科医院で唾液が少ないことを指摘され、マッサージをしたり、ガムを噛むことを勧められた方もいると思います。

唾液にはさまざまな働きがあり、お口の中だけでなく私たちの体全体の健康を守っています。

そこで今回は、唾液が減る原因や少ないことで起こるトラブル、唾液を出すために簡単にできる方法についてまとめてみます。ぜひ参考にしてください。

1.唾液が少ない9つの原因

1-1.口呼吸になっている

唾液が少ない原因のひとつに、お口で呼吸をしている場合があげられます。

通常、呼吸は鼻でしていますが、鼻になんらかの病気がある場合にお口で呼吸をしている方がいます。

これは、ご自身で気づいていないこともあり、最近はお子様でも口で呼吸していることも多いです。

お口で呼吸をすると口の中が渇いて、唾液の減少の症状が現れます。

本来、お口は「話す」「食べる」「飲み込む」などの機能を持っていますが、呼吸をする機能は「鼻」の役割です。

役割の違う場所で行うことで、病気などの症状が現れるのと同じようにお口で呼吸をすることは本来の役割ではないのです。

1-2.シェーグレン症候群

唾液が少なくなるだけでなく、全身性の自己免疫疾患で乾燥症状を生じるのがシェーグレン症候群です。

もともとは、涙の分泌が少なく、眼球に傷がつくと悩んでいた患者さんの症状がはじまりで、全身にある分泌腺のどこかが病気になるのが特徴です。目の人もいれば、口が乾燥する人もいます。

口の乾燥は思っている以上に辛いものです。気になる症状がある方は、歯科医院や内科を受診してみましょう。

1-3.ストレス

緊張していたり過度なストレスを抱えていると、ホルモンバランスが崩れたりしてネバネバした唾液がでるようになります。

このネバネバ唾液は、でる量も少なく、成分的にも口臭になる原因物質が含まれていることも言われています。

不安に感じていたり、イライラして落ち着けない時は、交感神経が優位になりネバネバ唾液になるといわれています。

1-4.噛み合わせ(咀嚼の問題)

唾液が少ない人の特徴で、噛む回数が少ないこともあげられています。

柔らかいものばかり食べて噛む回数が少ない人や、噛み合わせが原因で硬いものが食べられず、柔らかい食べ物を選んでしまっている方は、唾液が少ない傾向にあります。

唾液は、噛む(咀嚼)することで唾液のでる管を刺激し、唾液が分泌されるのですが、噛む回数が少ない人はその刺激が減り、通常よりも唾液が少なくなる傾向があります。

1-5.嗜好品

1-5-1.タバコ

タバコに含まれる成分は血管を縮小させてしまい、血行を悪くしてしまいます。そのことで唾液の分泌を抑えてしまうことがわかっています。

また、タバコは口臭の原因も誘発することがわかっていますので、唾液の減少と口臭が重なり悪化しやすいことも言われています。

5-1

1-5-2.お酒

お酒も大量にならなければ問題はありませんが、たくさん飲み過ぎてしまうと、アルコールを分解するために水分を使うため唾液として使う水分がアルコール分解に使われて、唾液が少なくなることがわかっています。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!