歯科医院のリップエステでふっくらプルンの唇を取り戻そう!

予防と知識

その他


00
リップエステと聞いて、どこで受けられるのか、どんなことをするのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

最近では歯科医院で行うリップエステに興味をもつ方も多く、実際にクリーニングなどのメンテナンスの時にリップエステを一緒に行う歯科医院も増えてきています。

今回は口まわりの専門家が行う「リップエステ」について歯科衛生士が解説します。

1.リップエステとは

唇の古い角質を落とし、代謝をうながしながら唇の縦しわを伸ばし消していきます。

さらに専門家によるリップマッサージの効果により、唇に本来の潤いをもどし、ハリと弾力を取り戻す効果があるといわれています。

大きな効果としては、
・古い角質を取り除き、さらに褐色のある唇になります。
・唇の代謝を促し、潤いが持続します。
・唇の縦しわが伸び、若々しい口元になります。
・ハリと弾力が増し、ぷっくりとした口元になります。

2.歯科医院で行うリップエステの種類

歯科医院で行うリップエステには、専用のジェルを使ってマッサージをする方法と、リップ専用機器を用いた方法の2種類があります。

2-1. 歯科衛生士によるマッサージ

歯科衛生士が専用のジェルを使ったマッサージでリップエステの施術を行います。

普段から細かい作業をしている歯科衛生士ですから、繊細に唇のマッサージと同時に口角まわりの表情筋のマッサージも一緒に行ってくれます。

この時に使用する専用ジェルには様々な種類があります。主な成分はプラセンタやヒアルロン酸、ビタミンC、ビタミンB、乾燥による縦ジワを目立たなくするDMAEが配合されています。どれも体に優しい成分です。

2-2. リップエステ専用機器

リップ専用のエステ機器を使用して行う施術もあります。

この時に使用する専用ジェルには様々な種類があります。主な成分はプラセンタやヒアルロン酸、ビタミンC、ビタミンB、乾燥による縦ジワを目立たなくするDMAEが配合されています。どれも体に優しい成分です。

3.リップエステの施術の流れ

3-1. 歯科衛生士によるマッサージの施術の流れ

STEP1:クレンジング
専用のクレンジングジェルを用いて、唇に残っている汚れや角質を取り除きます。

STEP2:マッサージ
ヒアルロン酸の潤い成分やプラセンタ成分が浸透するように唇のマッサージを行います。

STEP3:浸透
成分が浸透するように5分ほどジェルを馴染ませます。
この時間を使って、口腔周囲筋のマッサージを行います。

STEP4:リッピング
最後にリッピングを行い、潤いを閉じ込めます。

費用:3000円から(1回施術)
時間:15分から30分
効果:1週間程度効果が持続します。

3-2. リップエステ専用機器を使用した施術の流れ

STEP1:クレンジング
微弱電流を流しながら、通常のクレンジングでは落ちにくいシワの溝に詰まった
汚れや角質もきれいに取り除きます。

STEP2:イオン導入
ヒアルロン酸やプラセンタを浸透させるために、イオン導入(電気によるマッサージ)で唇の深くまで浸透させ、唇を柔らかくします。
さらに電気によるマッサージ作用で唇の血行を促進し、本来の鮮やか色に戻していきます。

STEP3:浸透
成分が浸透するように5分ほどジェルを馴染ませるため、専用のシートで唇を覆います。
この時、保湿効果も期待できます。
この時間を使って、口腔周囲筋のマッサージを行います。

STEP4:新陳代謝促進
専用機器を使って肌細胞と筋肉細胞の活性を同時に行い、 お肌の細胞と唇の筋肉細胞を活性化させます。そのため、唇のシワや口元のたるみが引き締まり、口角がキュッとあがります。

STEP5:リッピング
最後にリッピングを行い、潤いを閉じ込めます。

費用:3000円から(1回施術)
時間:30分から45分
効果:1週間から2週間効果が持続します。

4.唇も老化する

唇も年齢とともに老化していきます。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!