親は気にしすぎない!子供の口臭|原因と対処法の正しい知識

予防と知識

その他


子供 口臭 原因

子供と会話していて、口臭が気になり「もしかしたら何か病気?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。

口臭は大人だけでなく、子供でもあります。原因は様々ですので、まずは原因が何かを冷静に判断して改善してあげる事が必要です。原因が何かわかれば、あせらずに正しく対処してあげられますよね。

そこで、今回は子供の口臭の原因と対処法について解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.子どもでも口臭はあるの?

子どもでも口臭はあります。
口の中の乾燥・唾液の流れや量、たくさんの歯に及ぶ虫歯、多量の歯垢、日常的な飲食生活の乱れが関係します。

2.子どもの口臭の原因と対処法

2-1.歯磨き

口腔清掃は、口臭予防の基本となります。

口腔内細菌は、睡眠中の唾液分泌が低下している時に増殖し、起床直後には歯垢が最も多く存在します。

口腔内の生理的な環境が変化することによって細菌は活発に活動します。

その結果として口臭を引き起こすと考えられます。

【対処法】
就寝前と起床直後に、歯垢を除去するために丁寧にブラッシングをおこないます。

できれば歯磨き粉は、化学物質や合成界面活性剤の入っていないものを使うと良いです。

2-2.口呼吸になっている

会話していないときに口呼吸の習慣がある人は、口臭リスクだけでなく、歯周病や歯肉炎、虫歯や喉の疾患、アレルギーなどのリスクも高くなります。

【対処法】
舌の上にガムやタブレットがある状態にする。

唾液をどんどんだし、さらに舌は常に動くため、たまった唾液をどんどん飲み込みます。そうすると、食事をしているときと同じ状態になり、口で呼吸をすることが不可能になります。

2-3.鼻の病気

鼻炎や扁桃腺炎、副鼻腔炎などの、耳鼻咽喉科系疾患が原因となります。

【対処法】
耳鼻咽喉科で鼻風邪、咽頭炎等の治療を行います。

2-4.ストレス

口臭不安があると会話に自信がもてなくなります。

その結果、人込みや話す相手との距離が近いと緊張やストレス・不安感に襲われ、その不安から「緊張時口臭」を引き起こします。

口臭不安が起こると口腔内が緊張した状態となり、継続すると舌の動きが停止します。

サラサラした唾液の流れがなくなり、自浄性の低下から不快症状を感じ

口臭を自覚してますます不安になり「生理的口臭」を発生させます。

【対処法】
口臭の起こりにくい状態に「セルフコントロールする」ことが必要です。

口角を上げる、水分をたくさんとる、舌の先を曲げて舌が動き続ける状態を作ります。

そうすることによって唾液分泌が促進され新鮮な唾液の流れが確保できます。

3.子どもの口臭の予防法

3-1.お口直しの習慣をつける

飲食後は口に水を含み、よくうがいするなどして飲食物残渣を残さないようにする。

3-2.規則正しい生活を心がける

睡眠不足やストレスは、唾液分泌量を低下させる。

3-3食生活の改善

バランスの良い食事、特に和食を中心とした献立にする。咀嚼力の向上と唾液分泌をよくするために、よく噛んで食べる習慣をつける。

4.注意点

4-1.親が過剰に騒ぎすぎない

もともと親が口臭に対する不安経験をもっており、口臭が原因で子供がいじめにあっているのではという不安がある場合があります。

【対処法】
子供自身が口臭に悩んでいるか確認を行います。

子供が口臭不安をもっていない場合は、実際に口臭症の発症時期である思春期に、幼いころ口臭症の治療をうけたことを思い出し、そのことが発端となって深刻に悩む可能性がある場合もあります。

まとめ

口臭の予防法には大きくわけて、3つのポイントがあります。

1つ目は、プラークコントロール・口腔清掃です。
プラークコントロール不良の状態が継続すると、プラーク(細菌)により歯肉に炎症がおき病的な口臭を引き起こします。

2つ目は、Phコントロールです。
食事をすると、お口の中は酸性になります。
酸性になると、虫歯になりやすいだけでなく、口臭発生の原因にもなります。
解消するために、お口直しにぶくぶくうがいをしたり、タブレット・ガム等でお口の中を中性に戻す必要があります。

3つ目は、生活習慣です。
規則正しい食生活、特に朝食をきちんと取ることは非常に大切です。
就寝中に停止した唾液分泌を促進したり、食べ物による浄化作用を促進したり、生理的口臭を低下させることができます。
睡眠・休養・体調の維持をこころがけ、過労・ストレスをさけることで唾液分泌を正常に保つことも大切です。

歯科の役割として、歯周病などの歯科疾患を治療することはもちろん、昨今では原因失陥の治療とともに患者さんの精神面に対するケアも重要となっています。

誰にでも存在する生理的口臭であっても、人によって悩み苦しむ方もいらっしゃいます。

患者さん一人一人の訴えや悩みを十分に受け止め、時間をかけて不安や恐れを解消する診療者側の姿勢が求められているのです。

Author:
原田 早苗(EBAC認定歯科衛生士)
天雲 丈敦(歯科医師/医療法人社団 天雲会 理事長)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!