日本人の79.9%は噛み合わせ異常!歯並びが悪い原因とは

歯の治療

矯正


歯並び 悪い 原因

子供の歯並びを悪くしてしまわないか心配な方も多いのではないでしょうか。また、大人になっても徐々に歯並びが悪くなることがあるのをご存知ですか?

日本人の歯並びの悪さは先進国で最低レベルと言われ、他国に比べて日本人は歯や口に対する知識不足と言えるでしょう。

歯並びの悪さは見た目の問題だけでなく、歯の寿命や身体の健康に悪影響を与えます。

歯並び、噛み合わせが悪いと虫歯や歯周病や顎関節症になりやすいだけでなく、発音や姿勢が悪くなる、集中力が低下する、胃腸炎、口呼吸、不眠、肩こりになりやすいなど、様々な影響が出てきます。

実は日本人の79.9%は噛み合わせに異常があり、日本にいる外国人の76%は日本人の歯並びが悪いという印象を持っているという調査結果もあり、無視できない問題となっています。

今回は歯並びや噛み合わせが悪くなる原因について紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.先天的要因(遺伝)

1-1. 歯の数の異常がある

本来上下の歯の数はそれぞれ14本ずつで同じでなければなりませんが、生まれつき永久歯の数が多かったり少なかったりすることがあります。余計な歯を過剰歯、足りない歯を先天性欠如歯と呼びます。

例えば、下顎の歯が先天性欠如で少ない場合、下顎の歯並びの長さが小さくなって上顎と下顎の歯並びのバランスが悪くなってしまう結果、出っ歯になってしまいます。また先天性欠如の部分は最初隙間が空いているので、両隣りの歯は隙間がある方に倒れて、隙間がある部分に咬み合っている反対側の歯はどんどん伸びてきて噛み合わせが悪くなってしまいます。

過剰歯はほとんどの場合、形の異常があり、きちんとした歯の形をしておらず、埋伏歯(歯茎の中に埋まったまま萌えて来ない歯)であることが多いです。

よくある例が、上顎の前歯の間に隙間が空いているすきっ歯。実は原因が過剰歯の埋伏歯のことが多いんです。歯茎の中で、2本の歯の根の間に小さい歯が挟まっていて、歯と歯の間の隙間が開いてしまうというものです。

先天性欠如歯に関しては【正常な歯の本数は28本!足りない場合は先天性欠如かも】もご覧ください。

1-2. 歯の形の異常がある

生まれつき歯の形に異常がある場合、上顎と下顎の歯並びのバランスが崩れるため、歯並びや噛み合わせが悪くなってしまう原因になることがあります。

時々ある分かりやすい形の異常は、癒合歯(ゆごうし)と呼ばれる2本の歯がくっついて1本の歯になっているという歯です。

癒合歯は乳歯でも永久歯でも下顎の前歯に最も多く、続いて上顎の前歯に多く発生します。乳歯が癒合歯の場合、その後から萌えて来る永久歯が癒合歯や先天性欠如歯となる可能性は高いということも知られています。

また日本人は西洋人よりも6~10倍も頻度が高いという報告もあり、これも日本人は西洋人よりも歯並びが悪くなる確率が高いということに関連しているのは間違いないでしょう。

1-3. 小帯付着異常がある

唇と歯茎の間にある筋と舌の裏側に筋を小帯と呼びます。上唇の裏の小帯の形に幅がある、小帯が歯の近くに付いている、といった異常があると、その影響で歯が押されて上顎の前歯の間に隙間ができることがあります。

舌の裏側の小帯が短い、舌の裏の小帯が舌の運動を邪魔する様な位置に付いている、といった異常があると、食べ物を飲み込む時に舌を正しい位置に移動させることができず、下顎の前歯の間に隙間ができる、咬んでいる状態でも上下の前歯の隙間ができて食べ物を咬み切れなくなる、発音が悪くなるという原因になることがあります。

1-4. 歯が極端に内側や外側にずれて、歯並びから押し出されたように外れて萌える

上顎の歯並びが良くても、下顎にだけ八重歯があるといった様に歯並びが悪いことによって、下顎の歯並びの長さが小さくなってしまうことで、出っ歯になってしまうことがあります。

永久歯は3歳頃から乳歯の下に歯胚(しはい)という歯の卵の様な状態で、頭の部分からできてきて、後から根の部分ができてきます。1つの原因として、顎の骨が小さいと歯胚の位置が骨の中で正しい位置に並ぶことができないため、ずれてしまうことがあり、ずれた位置で歯茎から萌えて来ると歯並びが悪くなってしまうことになります。

1-5. 萌えることができず歯茎の中に埋まったままの歯がある

歯が自力で萌えることができずに、歯茎の中に埋まったままになっている歯を埋伏歯(まいふくし)と呼びます。歯胚の向きが悪かったり、顎の骨が小さく歯が萌えるスペースが不足すると、埋伏歯になることがあります。埋伏歯の場合も萌えている歯の数を見た時に生まれつき歯が少ない場合と同じで、両隣りの歯が倒れてきたり、咬み合う反対側の歯が伸びてきたりして噛み合わせが悪くなる原因になります。

埋伏歯のもう一つの問題は、隣の歯の根を傷つけてしまう可能性があるということです。埋伏歯に気が付かず長期間放置した結果、隣りの歯を大きく傷つけた場合、埋伏歯と隣りの根を傷つけられた歯と両方とも抜かなければならなくなります。

1-6. 上下の顎の骨の大きさのバランスが悪い

成長の過程において、上顎の骨と下顎の骨の大きさや位置の前後的なバランスが悪いと、出っ歯や受け口の原因になります。また上顎の骨と下顎の骨の大きさや位置の左右的なバランスが悪いと、正面から見た時に顎が曲がって見える状態になり、噛み合わせも横にずれて悪くなる原因になります。

1-7. 咽頭扁桃(いんとうへんとう)肥大によるアデノイド顔貌(がんぼう)

「アデノイド顔貌」とは、鼻腔(びくう)の奥にあるアデノイドという咽頭扁桃が肥大している人に起こりやすい、独特の顔つきのことをいいます。これを放っておくと、面長でしまりがない顔つきになり、歯並びにも影響してきます。そして次第に顔が歪み全身にも悪影響がでます。

アデノイド顔貌にはこのような特徴もあります。

1つは、「口呼吸」です。

・口呼吸
・いつも気づくとポカンと口が空いている
・睡眠中のいびき
・上顎の前歯がでている
・唇が乾燥しやすい、いつも荒れている
・鼻孔が小さく、狭い、鼻が低い
・猫背姿勢
・下顎が上顎に比べて後ろの方にある

咽頭扁桃肥大(アデノイド肥大)、鼻炎など鼻で呼吸できない問題があって口呼吸になっている場合は、口呼吸の影響で前歯が外側に出て来ない様に、耳鼻咽喉科を受診して鼻呼吸ができるように治療を受けましょう。

1-8. 舌が大きい

歯がどこに並ぶかは頬の筋肉と舌の力のバランスで決まるため、舌が大きいと舌の力で歯並びが押し広げられて、歯の間に隙間ができてしまいます。舌が大きいかどうかの簡単な目安として、歯並びが悪くないのに、舌を持ち上げて見た時、両脇に奥歯の歯の型がくっきりと付いている、という場合、舌が大きい可能性があります。

2.後天的要因(環境)

2-1. 歯並びや噛み合わせが悪くなる癖

食べ物を飲み込む時に舌が前歯を押してしまう癖、指しゃぶり、爪や物を咬んだり吸ったりする癖、唇を咬むといった癖は、前歯が前に出て出っ歯や開咬(上下の前歯が噛み合わず、食べ物を前歯で咬み切れない状態)の原因になります。

左右どちらかで偏って咬む癖、頬杖、うつ伏せや横向きに寝る癖は顎や歯並びの左右のバランスが悪くなる原因になります。

寝ている時に食いしばり、歯ぎしりの癖があると、奥歯が削れて高さが低くなるので、前歯の噛み合わせが深くなってしまうことがあります。

2-2. 口呼吸

唇や頬の筋肉が歯を内側に押す力と、舌の筋肉が歯を外側に押す力のバランスによって、歯の向きは影響を受け、歯並びがどういう形になるか決まります。

口で息をする口呼吸の癖があっていつも口を開けていると、唇が前歯を内側に押す力が弱くなり、前歯は歯並びの外向きに傾いてしまう結果、出っ歯になってしまいます。そして上下の前歯が外向きに傾いてしまっている場合、歯並びによって口を閉じられない状態になってしまって、ますます口呼吸になってしまうという悪循環になってしまいます。

鼻炎など鼻で呼吸できない問題があって口呼吸になっている場合は、口呼吸の影響で前歯が外側に出て来ない様に、耳鼻咽喉科を受診して鼻呼吸ができるように治療を受けましょう。

2-3.事故などで歯を強く打ったことがある

歯を強く打つと、歯や顎の関節が脱臼したり、顎の骨が骨折したりすることが原因で、噛み合わせがずれてしまうことがあります。

早期に対応すれば顎や噛み合わせのずれを治せる可能性が高いので、顎や歯を強く打った時はすぐに口腔外科を受診しましょう。

また、乳歯を強く打つと、その下にある永久歯の歯胚の向きがずれて萌える方向がおかしくなり、その結果歯並びが悪くなってしまうことがあります。

2-4. 虫歯や歯周病でなくなってしまった歯がある

虫歯や歯周病で永久歯がなくなったまま放置していると、両隣りの歯が倒れてくるだけでなく、元々咬み合っていた反対側の顎の歯も伸びてきてしまう結果、水平的にも垂直的にも噛み合わせがずれてしまいます。

乳歯が虫歯でなくなったまま放置していると、奥の永久歯は乳歯がなくなってしまったスペースに倒れてきて、乳歯の後に下から出てくる永久歯が萌えるスペースをなくしてしまうので、歯並びも噛み合わせも悪くなる原因になります。

2-5. 乳歯が自然に萌え換わらず遅くまで残っている

乳歯が適切な時期を過ぎて残っていると、下から萌えて来る永久歯が乳歯を避けるようにずれて萌えてしまうことがあります。その結果乳歯の時は歯並びが良くても永久歯に萌え換わった後、歯並びが悪くなってしまうことになります。

2-6. 親不知が前の歯を押している

親知らずが骨の中で前の歯に向かって倒れていると、親知らずが前の歯を押す力で少しずつ全体の歯並びが悪くなってしまうことがあります。

2-7. 年を取るごとに起きる歯の移動

人間を含め霊長類の歯は、上下とも全ての歯が必ず少し手前に倒れている角度で萌えて咬み合っているため、毎日食べ物を食べて咬み合う度に少しずつ前に倒れて出てくる動きをしています。

それが長年積み重なって歯並びが悪くなっていきます。

歯周病になって歯茎の骨が痩せて歯がぐらぐらしてくると、咬む力で歯が前に出てくる動きが一気に加速し短期間で出っ歯の状態になります。

前歯が前に出てきてしまうと年を取った顔に見えてしまうので、アンチエイジングのためにも、歯周病の予防、歯周病の治療をしましょう。

まとめ

今回は、歯並びが悪くなる原因についてお伝えいたしました。

原因はひとりひとりのお口などの状態により様々ですので、歯並びが気になる方はまずは歯科医院を受診してください。

宮島悠旗
Author: 宮島悠旗(歯科医師/日本矯正歯科学会 認定医)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!