インビザラインの費用相場は?他の矯正との比較と医療費控除

歯の治療

矯正


インビザラインに興味があるけど、実際にいくらくらい掛かるのか費用相場を知っておきたいという方も多いのではないでしょうか。

インビザラインは自由診療のため保険適用外となりますが、費用相場から他の矯正治療との比較まで、わかりやすく解説をいたします。

ぜひ参考にしてください。

1.インビザラインとは

1999年アメリカで開発されたマウスピース型矯正装置のことです。

一定期間毎にマウスピースを交換することにより徐々に歯を動かしていくシステムで、3Dシミュレーション「クリンチェック®︎」が特徴です。

2016年12月現在、世界で420万症例を突破するなど、注目の歯科矯正装置です。

※「クリンチェック®︎」とは、治療開始から完了に至るまでの歯の移動をコンピューター画面上で画像および動画として確認できるソフトのことです。

 

2.インビザラインの費用相場

 2-1.インビザライン

インビザライン治療含め、歯列矯正治療は保険適用外の自由診療です。そのため、保険が適用される治療と違い、クリニックごとに金額が異なります。インビザラインの他にもインプラント治療や審美治療も自由診療に該当します。

インビザライン治療における費用としては80万円〜110万円程度が相場でしょう。

なかには広告などで60万円台という歯科医院もありますが、精密検査や保定装置などの費用が含まれているのか、別途必要なのかを確認する必要があります。総額でいくら掛かるのか聞いてみるのもいいでしょう。

また“ マウスピース矯正30万円 ”といったように、上記の相場と比較して格安と言えるものはインビザラインではない可能性があります。

一見同じように見えるマウスピース矯正でも、メーカーにより適応範囲が異なりますので、あなたの症状と治療計画に合うかどうか、よく確認する必要があります。

矯正治療で掛かる費用項目

矯正治療では主に下記の費用が掛かります。

・カウンセリング費用 (無料の場合もあり)

・精密検査(資料とり)費用

・矯正装置費用

・矯正調整(矯正管理)費用

・保定装置費用

矯正調整(矯正管理)費用は来院毎に支払う場合と、矯正装置費用に含まれている場合がありますので、医療機関からの見積もりをよく確認するといいでしょう。

 2-2.他の矯正との費用比較

一般的な成人矯正に対しての費用相場です。

①表側矯正メタルブラケット  ②審美ブラケット  ③裏側矯正  ④マウスピース矯正

                      

  • 表側矯正メタルブラケット

一般的にイメージされる矯正装置です。

金属のため目立つことと、金属アレルギーがあると使用できない点がデメリットです。

  • 審美ブラケット

プラスチックやセラミックのブラケット装置に、白色の塗装がされたワイヤーを入れて行う目立たない矯正装置です。

  • 裏側矯正

歯の裏側にブラケットを装着する見えない矯正装置です。

熟練した技術が必要なため、他の矯正装置よりも高額になることがあります。

  • マウスピース矯正

透明で目立たない取外しできるマウスピースを、一定期間ごとに交換する矯正装置です。

マウスピースを装着しないと歯は動かないため、装着時間を守ることが大切です。

 2-3.年齢により費用は変わる?

インビザライン矯正では年齢による費用の差を設けるクリニックとそうでないクリニックがあります。

インビザラインの適応条件は「第一小臼歯と第一大臼歯が萌出していること」とされています。個人差はありますが第一小臼歯は早いと8歳くらいに生える子もいます。

つまり8歳頃からインビザライン治療をスタートすることも可能ということになります。

しかしながら、小児期のお子さんがマウスピースをしっかりとはめて治療がうまく進むかどうかは、本人の意思と家庭での協力が必要不可欠です。

成人患者がインビザライン治療を行うよりも小児患者が行う方が、決められた時間装着できず、マウスピースがずれてくる可能性が高い傾向にあります。そういった管理が必要なため、小児の方が治療費を高く設定しているクリニックもあります。

3.保険が適用される場合

基本的に歯科矯正治療は自由診療のため、健康保険は適用されず全額自己負担です。

しかし、国が定めた一部の特定症状、指定された医療機関に限り健康保険が適用されます。

以下に一部の例を挙げます。

 3-1.唇顎口蓋裂

先天性異常の一種であり、唇やあごなどが割れているものを言います。

胎児が母体で大きくなる過程で、うまく癒合しなかった場合に裂け目として残り、発生します。口蓋が裂け口腔と鼻腔がつながっているものを口蓋裂、唇が割れているものを口唇裂といい、その発生によりほかにも種類があります。

その他にも厚生労働大臣が定める23の先天異常疾患で保険適用となります。

   3-2.顎変形症

上下のあごの大きさや形が原因で歯のかみ合わせに問題がでている症状のこと。

顎変形症の治療を保険診療として行うためには、あごの骨を切る手術を行うことが前提となります。また顎口腔機能診断施設に指定されている医療機関での受診が条件となります。

 

4.医療費控除

意外に知られていませんが、矯正歯科治療も医療費控除の対象となります。

支払った医療費が10万円を超えた場合、納めた税金の一部が還付されます。確定申告で税務署に申告します。

しかし、医療費控除の対象となるのは、歯科医師が「噛み合わせが悪く機能的に問題がある」と診断した場合です。

成人矯正治療の場合、審美目的と受け取られてしまう場合がありますので、診断書があると効果的です。

医療費控除には、矯正治療費の他、通院にかかった交通費(バスや電車などの公共交通機関。マイカーでのガソリン代などは不可)が含まれます。

申告を忘れていても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができますので、諦めずに申告することをお勧めします。

まとめ

今回はインビザラインの費用相場についてお伝えいたしました。

インビザラインは自由診療のため、健康保険は適用されません。そのため高額になりますが、審美目的以外の治療であれば医療費控除の対象となります。

10数年前では、マウスピース矯正治療を受けることはできませんでした。選択肢が広がってきている今、歯列矯正を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

 

Author:穴沢 有沙(あなざわ ありさ)/マウスピース矯正研修講師
http://dh-blanche.com/

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!