歯の隙間の歯垢をしっかり取り除く!歯間ブラシのまとめ

予防と知識

予防歯科


shutterstock_268832297

歯間ブラシは、歯ブラシだけでは取りきれない歯と歯茎の間の汚れを除去するとても便利なものですが、いつも使っているという方は少ないのではないでしょうか。

歯間ブラシの汚れの除去効果は、歯ブラシだけの時と比べると20%の除去率がアップすると言われています。

はじめは慣れないかもしれませんが、正しい使い方で毎日しっかり使いつづけていけばお口の状態も変わっていきます。
そこで今回は、歯間ブラシの効果やどんな人におすすめなのか、歯間ブラシの全てについてまとめてみます。

1.歯間ブラシとは

歯間ブラシは、歯ブラシでは取りきれない歯と歯の間の汚れを除去する専用のブラシです。

歯ブラシでは、歯の表面の汚れを取り除き、歯間ブラシでは歯と歯の間の隙間の汚れを取り除きます。歯ブラシだけのブラッシングでは60%程度の除去率ですが、歯間ブラシを併用した時では、汚れの除去率が85%になることが研究されています。

歯間ブラシは本当に必要?

お口の中でも汚れが残りやすく、磨きにくい部位として「歯と歯の間」があげられています。

歯ブラシと一緒に、歯間ブラシで歯の間のケアやフロスの使用は日常的になってきています。日本人の成人の8割は歯周病の症状があるといわれ、自分が大丈夫だと思っていても知らず知らずのうちに歯茎の病気は進んでいることがあります。

歯間ブラシで歯間のお掃除をすることは、歯磨きをすることを同じくらい大切だと考えられています。

歯間ブラシの効果について、詳しくは「こんなに差がつく!歯垢除去に最適な歯間ブラシの効果」をご覧ください。

2.歯間ブラシとデンタルフロスの違い

歯間ブラシとフロスの大きな違いは、歯の隙間の汚れの除去と歯の面の汚れの除去の違いです。

歯間ブラシとフロスはどっちがおすすめ?

歯科ブラシにもフロスにもどちらがオススメということはなく、歯と歯の間の隙間の状態で歯並びの状態で歯間ブラシが適しているか、フロスが適しているかが変わってきます。

ですので、ご自身に必要なのはどちらなのかを知ることが大切です。歯科医院で歯科衛生士に相談し、ご自身にあったものをアドバイスをもらいましょう。

%ef%bc%92%ef%bc%92
歯間ブラシ

%ef%bc%92
デンタルフロス

3.歯間ブラシの種類

3-1.I字型とL字型

ストレート型(I型)

歯間ブラシには持ち手の部分の形がストレートタイプは前歯で使用する時に便利な形に作られています。

L字型

L時タイプは奥歯で使用する時に、スムーズに入りやすい形状で、初めて歯間ブラシを使用する方に多く選ばれているタイプです。前歯にも奥歯にも使用することが可能です。
%ef%bc%93

3-2.素材の違い

3-2-1.毛束タイプ

毛はナイロン製でできている、歯ブラシと同じ種類の毛束のタイプが最も多く販売されています。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!