こんなに差がつく!歯垢除去に最適な歯間ブラシの効果

歯間ブラシをしていない場合、歯と歯の間に溜まった歯垢は少しずつ積み重なるように溜まり発酵しています。

使用した後の歯間ブラシ、ぜひニオイを嗅いでみてください。自分の口臭チェックができます。

広告

2.歯間ブラシは本当に必要か

歯間ブラシが有効な場合とそうじゃない場合があります。目的に合わせ、歯と歯の間の歯垢を取り除きましょう。

2-1.使用することをお勧めする人

2-1-1.被せ物が入っている人

ブリッジと呼ばれる被せものの場合は抜歯した部分にダミーの歯があり、前後の歯と繋がっています。

ブリッジ周辺には食べかすや歯垢が溜まりやすく、歯ブラシだけではなかなか取れません。その状態が長時間続くと口腔内で腐敗して口臭の原因となり、被せものの境目から虫歯になる可能性もあります。

治療した歯を長持ちさせるためにも、歯間ブラシの使用をおすすめします。

2-1-2.歯と歯の隙間がある人

加齢や歯周病によって歯茎が下がると、歯と歯の間に隙間ができます。

隙間が空くと、それだけ歯垢も多く溜まりますので、歯間ブラシを使用して磨いた方が効果的に歯垢を取り除くことができます。

2-1-3.よく食べかすが詰まる人

食後に爪楊枝で取り除くこともあるかもしれませんが、爪楊枝では歯間ブラシのように歯垢は取れません。

食べ物が詰まる原因は幾つかあり、歯と歯の間に虫歯ができていることも考えられます。虫歯ができると表面がザラザラしていて滑りにくいため、食べ物が停滞します。

また、歯並びが悪いと不規則な隙間ができやすく、そう言った場所に食べ物が詰まることも考えられます。

2-2.健康的な歯茎の人は無理に使わなくてもよい

歯茎に炎症がなく、歯と歯の間に隙間がほとんど無い場合は歯間ブラシを無理に入れる必要はありません。

歯の隙間がなく、歯と歯の接触している部分の歯垢を取って虫歯予防するためには、デンタルフロスが効果的です。

3.歯間ブラシは歯ブラシ前の使用が効果的

歯間ブラシはできるだけ、歯ブラシで磨く前の一番最初に使いましょう。その理由は2つあります。

1:歯ブラシの後だと習慣化されないから

習慣的に使えるようになることで、汚れの除去率は確実にアップします。
最初に歯間ブラシで汚れをとらないとスッキリしない!そんな状態になることが理想的です。

2:一番磨き残しの多い場所の汚れを取るのぞくことで、虫歯予防に効果的だから

虫歯になりやすい部位は、歯と歯の間です。

歯の表面の汚れは簡単に歯ブラシで取り除くができますが、歯と歯の間は歯ブラシだけでな毛先が届きにくく磨き残しが多くなりやすいです。

磨き残しが多いということは、そこが一番虫歯になりやすい部位ということ。
だから、虫歯になりやすい部位の汚れを最初に歯間ブラシできれいにすることで、虫歯の予防効果は断然アップするということになります。

また、歯間ブラシの選び方について詳しくは、「歯科衛生士が紹介!おすすめの歯間ブラシと選び方」をご覧ください。

まとめ

歯と歯の間を磨く道具は様々ありますが、それぞれ役割が異なります。

まずはご自分のお口の状態にあった道具選びと正しい使い方を知ることから、ぜひ始めてみてください。

小河原 杏奈
Author: 小河原 杏奈(歯科衛生士)

広告