知って安心!歯間ブラシを使うと血が出る原因と対処法

予防と知識

予防歯科


shutterstock_174192752_720

歯と歯の間の汚れを取るために歯間ブラシを使っていて、血がでて驚いた経験のある方も多いのではないでしょうか。

歯茎が炎症を起こしていたり、歯間ブラシの間違った使い方によって歯茎を傷つけてしまうと、歯茎から出血することがあります。

歯と歯のお掃除はとても大切です。血がでている原因が分かれば安心して歯と歯の間のケアをするこができると思います。
今回は、歯間ブラシを使って血が出る原因と対処法をまどめましたので、ぜひ参考にしてください。

1.血が出る症状と原因

1-1.痛みを感じて血が出る場合

・大きく腫れている
・歯間ブラシの間違った使い方をしている
・擦り過ぎている

1-1-1.ブラシの毛に少量の血

炎症の程度が低い場合、出血は少量にとどまっています。

1-1-2.ブラシの毛に大量の血

炎症の程度が高く大きく腫れている場合は大量に出血します。

1-2.通しただけで血がでる場合

歯茎からの出血は主に炎症のサインです。

細菌の影響で歯茎が大きく炎症を起こす、大きく腫れている場合は少し触った程度で出血してきます。

1-2-1.サラサラした血

サラサラとした出血の場合、歯間ブラシの間違った使い方が原因の場合もあります。
歯間ブラシのサイズが合っていない、通し方が良くないなどの原因により歯茎に傷をつけてしまっている可能性が高いです。

もしくは、血液をサラサラにするようなお薬を服用されている方はサラサラとした血が出る場合もあります。

1-2-2.ドロドロした血

ドロドロとした黒っぽい血が出る場合は歯肉炎や歯周病によって歯茎に炎症が起きているサインです。

歯肉炎や歯周病で大きく歯茎が腫れ、赤くなっているのは免疫反応で体が歯周病菌と戦っているサインです。

ドロドロの血が出る場合は出血があったからと言って歯間ブラシの使用を止めずに継続使用してみてください。

1-3.口をゆすぐと血が混ざっている

歯間ブラシを通してすぐに出血する場合と、通した後からじんわり出血してくる場合があります。口をゆすいで血が混ざっている場合はどこか炎症があるサインです。

2.なぜ血が出るのか

2-1.炎症が起きている

歯間ブラシに限らず歯茎から出血をするのは主に細菌により炎症を起こしているサインです。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!