専門医が教える!インプラントの寿命と長持ちさせるポイント

歯の治療

インプラント


shutterstock_81580555_720

歯を失った際、できれば長く使い続けられる治療を選択したいと思う方も多いのではないでしょうか。

そもそもインプラントには寿命があるのか、寿命がある場合、どの程度の寿命なのか、ブリッジ・入れ歯などの歯科治療と比較して違いがあるのか気になりますよね。

インプラントの寿命は、術後のメンテナンス、セルフケアによって大きく異なります。

そこで今回は、インプラントの寿命と長期的に使うためのポイントについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.インプラントの寿命

インプラントとは、不幸にも歯が失われた部位に新しく人工の歯根を埋め込み、歯として機能させる治療です。

入れ歯や、ブリッジとの併用になるケースもありますが、機能すれば元の自分の歯と同じように堅いものでもなんでも噛み切ることができます。

しかし、年月が経てば自分の歯と同じようにいろいろなことが起こり、残念ながら使えなくなってしまう場合もあります。

00

1-1.インプラントの平均的な寿命

インプラントの寿命は、一般的に10年以上使い続けることができるといわれています。

ただ、個人差があり、歯周病や噛み合わせが悪く、中には2~3年でだめになってしまうケースも報告があります。

また、適切な治療が行われ、しっかりとメンテナンスやケアされているインプラントは30年以上持っているものが多く報告されていますので、ご自身の管理が大切になります。

1-2.インプラントの保証期間

インプラントにとっても自分の歯にとっても7年というのは一つ区切りの時期で、7~10年くらいに保証期間を設定しているクリニックさんが多いようです。

自分の歯でも10年も使えば割れたり何かが起こりますから、10年を超える保証期間を設定しているクリニックさんに関しては、保証の定義や実際の保証内容等確認してみた方がいいかもしれません。

1-3.ブリッジや入れ歯の寿命との比較

インプラントとよく比較されるブリッジや入れ歯の寿命はどのくらいなのでしょうか。

1-3-1.ブリッジの寿命

ブリッジの場合、患者様の状態にもよりますが、7年前後で再治療の可能性があるといわれています。

ブリッジ使えなくなるとは、虫歯や歯周病など土台の歯に問題が生じる場合や、被せ物の破損などブリッジ本体に問題が生じる場合があります。

crown014

1-3-2.入れ歯の寿命

入れ歯の場合、患者様の状態にもよりますが、3~5年前後で再治療の可能性があるといわれています。

入れ歯は顎の骨、残存歯、歯ぐき、歯の粘膜に変化が生じやすく、作った時の状態から、その変化に合わせて定期的に修理や追加の材料、再治療となるケースが散見されます。

false-tooth007

1-4.インプラントの寿命が来たらどうなるのか

抜けてしまったり壊れたインプラントは再治療が必要になる場合があります。

中には、ブリッジや入れ歯にするしかないケースもあります。

ですので、それを未然に防ぐことと、もし万が一そうなってしまったインプラントに関しては、担当の先生とよく相談し、適切な処置を受けることがベストでしょう。

2.インプラントが使えなくなるとは

よく見られる主なケースとしては、二種類あります。

imp01
出典:http://www.implant.ac/

2-1.埋め込んだ人工歯根部分(インプラント本体)に問題が生じた場合

歯周病(インプラント周囲炎)の拡大、インプラントの脱離、破折など。

インプラントが抜けてしまったり、壊れてしまった際、再治療が必要な場合もあれば、もう一度インプラントするのが困難なケースもあります。

2-2.土台(アバットメント)や被せ物に問題が生じた場合

止めているネジの破損や、インプラントと被せ物との接着に使用した接着剤の劣化、はがれ、被せものの破損。

こちらはほとんどが普通の歯と同じトラブルですので、簡単な修理だけですむ場合も多いです。

しかし、インプラントは噛むことがしっかりできるため、噛む力で壊れてしまう場合には原因を解明することが大切です。

3.インプラントの寿命を縮める原因

インプラントの寿命には、大きな要因として歯周病と噛み合わせというポイントがあります。

まず歯周病については、インプラントは人工物なので虫歯にはならないのですが、周囲の歯茎は自分のものなので歯周病にはなってしまいます。

また、しっかり噛めるためインプラントは相当の噛む力を受けます。良い噛み合わせでなければ、自分の噛む力がインプラントにダメージを与えてしまうかもしれません。

これらふたつのポイントは密接な関係があるのですが、それぞれに自分で気をつけられることと、歯科医院でチェック、メンテナンスをしてもらうことがあります。

もちろん粗末に扱ってはいいものも長持ちしないのはどんなものでも同じです。

4.インプラントの寿命を延ばすためのポイント

インプラントの寿命を延ばすいくつかのポイントをお伝えしましょう。

4-1.適切なブラッシング

毎日溜まってしまう歯垢を自分で綺麗にして歯周病菌の繁殖を防ぐことが大切です。

インプラントのオペの後、歯が入った後でブラッシングの適切な方法や推奨されている歯ブラシ、歯磨き粉があります。

これは、インプラントをしてもらった医院できちんと説明を聞いてマスターしておきましょう。

間違ったオリジナリティ溢れる磨き方は逆にインプラントや歯の寿命を縮めてしまうなんてこともあります。

まずは当然のことながら、大切に使うという気持ちを忘れずに。人工物だということを忘れないでください。そして、歯磨きは、その大切にする気持ちを持って適切なやり方でしっかり磨いてください。

歯磨きの正しい方法について詳しくは「歯科衛生士が教える歯磨き方法!時間/回数/タイミング」をご覧ください。

4-2.歯科医院での定期的な歯科健診とメンテナンス

インプラントのところを含め、定期的にお口の状態を確認してもらいましょう。

インプラントの周りの歯肉の炎症はどうか、噛み合わせはどうか、固定用のネジや接着剤の緩みはないか、歯ブラシはできているか、残っている自分の歯は大丈夫か、なんてことをチェックします。

例えて言えば、大切な車の車検のようなものです。悪くなっているところがあれば早めに見つけて治療を行います。

その次に、この検診に基づいて悪いところがあれば早めに修理し、劣化や汚れが見えれば綺麗にお掃除(歯垢、歯石の除去)しておきます。

これがメンテナンスですね。

4-2-1.定期検診の期間

この定期検診の回数は、人それぞれお口の状態で大きく異なりますので、担当の歯科医師の指示に従う、もしくはご相談されるとよいと思います。

4-2-2.歯科健診を怠ると

虫歯や歯周病によるトラブル、お口全体の変化(噛み合わせや歯並びなど)によるトラブルなどが起こり、インプラント部だけでなくほかの自分の歯やお口全体に影響を与えることも考えられます。

もし症状がなかったとしても定期検診は必ず受けるようにしましょう。

たとえ適切な治療を受けていても、お口の中は日々噛む力と食べ物や歯周病菌にさらされていますからトラブルは起こりやすくなります。

4-3.違和感を感じたらすぐ歯科医院へ相談

日々の食事中や前述のブラッシング中に多少の違和感を感じたときは安静にして、早めに相談してください。

軽傷のうちに歯科医師に聞いてもらえれば簡単な対処で済む場合が多いです。

違和感があるのに無理して噛んで悪化してはもったいないですよね。

4-4.信頼のおける歯科医院でインプラント治療を受ける

インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋め込む外科治療が必要となります。そのため歯科医師の技術力によっても術後が大きく左右されます。

インプラントを長持ちさせるためには日々のメンテナンスや定期的な通院に併せて、インプラント治療の経験が豊富な医師に治療を依頼することもとても重要です。

5.注意点

インプラントのメンテナンスは原則保険がきかない場合がほとんどです。(特殊なケースを除く)

また、インプラントをした医院と違う医院に事情で行く場合は新しく行く医院と同じインプラントを使っているか確認が必要になります。

まとめ

せっかくやってもらったインプラント、大切にして長持ちさせたい気持ちは誰しも一緒ですよね。
適切なメンテナンスの説明をしっかりと聞き、自分で大切に、後は専門家の定期メンテナンスを受けることが何よりの長持ちの秘訣ですね。

最終的に、自分の歯もインプラントも同じように大切に、我々歯科医師はその大切にする気持ちのサポートをしています。
患者様の状態によって適切な治療方法は異なります。担当の歯科医師とよくご相談されたうえで、治療を受けるようにしましょう。

Author: 古屋 英敬(歯科医師/新宿フロントタワー歯科 院長)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!